薬剤科

薬剤科

薬剤科について

主な役割

診療、治療に来られた患者さんに対し、品質の保証されたお薬を購入、保管し、その後、外来や病棟、手術室へ患者さんの回復を祈りつつ供給をおこなっています。入院している患者さんのお薬については、一包化した形でお渡ししています。お薬の名前や量は、一包化した袋に記載してあります。外来や入院中に、注射剤で治療される患者さんへのお薬の提供や市販されていない特殊なお薬の調製もおこなっています。入院中の患者さんには、治療に使用したお薬の記録を作成し、患者さんに服用しているお薬について説明し、治療のお手伝いをしています。また、お薬は日々進歩しています。治療における、新薬の情報や副作用の情報の提供など、お薬に関して幅広い対応をしています。

部長からのメッセージ

お薬は正しい使い方により、その効果を発揮して、適正な薬物治療ができます。その反面、副作用などの思わぬことも生じます。新しいお薬も治療の現場に次々に出ています。新薬についても、診療する医師への助言をしています。最適な薬物療法を提供するためにはどうしたら良いか、薬剤科では患者さんの治療のお役に立てるよう、日々の業務に励んでいます。

スタッフ紹介

原澤 秀樹

医療技術部副部長、薬剤科部長
薬剤師





高畠 啓輔

薬剤科副部長
薬剤師





小暮 宗介

薬剤科副科長、医薬品安全管理責任者
薬剤師





島 千春

薬剤科主任
薬剤師





田中 佑京

薬剤科主任
薬剤師





院外処方箋を応需している薬局の皆さまへ

平素より、当院発行の院外処方箋に応需いただき、ありがとうございます。

疑義照会簡素化プロトコルについて(2021年4月より運用開始)

平成22年4月30日付厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」を踏まえ、プロトコルに基づく薬物治療の一環として、調剤上の典型的な変更にともなう疑義照会による負担軽減、患者サービスおよび医療安全の向上を目的として、河北総合病院、河北総合病院 分院、河北サテライト クリニックにおいて「院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコル」の運用を導入いたしました。
本プロトコルを適正に運用するため、開始にあたっては、プロトコルの趣旨や各項目の詳細について当院担当者からの説明を受け、ご理解いただいた上で当院と「合意書」を交わすことを必須条件としております。本取り組みへの参画を希望される保険薬局さまは、薬剤科までご連絡ください。
◆TEL:03-3339-2813(河北総合病院 薬剤科、平日 9:00 ~ 17:00)

疑義照会簡素化プロトコル ~処方変更ルールについて~

プロトコルに基づき処方変更し調剤をおこなった場合には、下記の様式をダウンロードいただき必要事項をご記入の上、FAXにて薬剤科まで送信してください。
◆FAX:03-3339-9107(河北総合病院 薬剤科)
 

処方変更連絡書

処方変更連絡書(Word版) 処方変更連絡書(PDF版)

 

服薬情報提供書(トレーシングレポート)について

薬局で「即時性は低いものの処方医師へ情報提供した方が望ましい」と判断された内容を薬剤科で集約し、医師へ情報伝達をおこない情報の共有化を図ります。緊急性を要さない服薬状況などに関する報告や処方内容に関する提案は服薬情報提供書(トレーシングレポート)をご活用いただけましたら幸いです。

Web入力フォームより送信いただくか、Word版またはPDF版の様式をダウンロードいただき、必要事項をご記入後、FAXにて当院 薬剤科まで送信ください。
◆FAX:03-3339-9107(河北総合病院 薬剤科)
 

服薬情報提供書(トレーシングレポート)

Web入力フォーム FAX用 Word版 FAX用 PDF版

化学療法用服薬情報提供書(トレーシングレポート)

Web入力フォーム FAX用 Word版 FAX用 PDF版

 
*Word版とPDF版は同一の内容です。Word版が正常に表示されない場合には、PDF版をご利用ください。
*トレーシングレポートによる情報提供は疑義照会ではありません。緊急性のある疑義照会は、通常通りお電話にてお願いいたします。
 

化学療法レジメンリスト

当院で施行可能な化学療法レジメン一覧

 

お問い合わせ先

社会医療法人 河北医療財団 河北総合病院 薬剤科
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北1-7-3
TEL:03-3339-2813(薬剤科直通)