消化器内視鏡診断・治療部

消化器疾患センター消化器内視鏡診断・治療部

内視鏡検査担当医表

担当医は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
◆:女性医師

上部消化管内視鏡(食道・胃・十二指腸)

曜日


花岡◆ 山下◆ 土屋 五十嵐
島田
外科医師
栗﨑

下部消化管内視鏡(大腸)

曜日


山下◆ 五十嵐
外科医師
森(第1.3.5)
花岡◆ 栗﨑
外科医師
山下◆
土屋
外科医師
酒井(第1.3.5)
赤澤(第2)
森(第4)
島田

カプセル内視鏡(紹介内科)

曜日



五十嵐(第1.3.5) 五十嵐

カプセル内視鏡(消化器内科)

曜日



島田 山下◆ 五十嵐 土屋

山下◆ 五十嵐
花岡◆
栗﨑

休診表

現在、休診の予定はございません。

消化器内視鏡診断・治療部について

内視鏡によって診断から治療までをおこないます。当院では、上部消化管内視鏡(食道・胃・十二指腸)、下部消化管内視鏡(大腸)、胆膵内視鏡、気管支内視鏡をおこなっています。内視鏡で腫瘍がみつかった場合、早期であれば内視鏡治療でお腹を切らずに治すことができます。当部署では、内科および外科の医師、看護師、臨床検査技師等がチーム一丸となって、診断から治療までスムーズにいくようにしています。また消化管出血、胆管炎などの緊急症例が当院では多く、すぐに対応できるようしています。

緊急対応について

消化管出血などの緊急時において、各科との連携のもと、緊急内視鏡治療を中心とした診療をおこなっています。

内視鏡検査について

内視鏡検査

内視鏡検査には、上部消化管内視鏡と下部消化管内視鏡があります。

上部消化管内視鏡

上部消化管内視鏡の中で、鼻から挿入するものを経鼻内視鏡、口から挿入するものを経口内視鏡といいます。

・経鼻内視鏡検査
直径5.4㎜のスコープを鼻から挿入します。挿入時には鼻の奥にジェリー状の麻酔薬を塗ります。比較的負担は軽い検査ですが、人によっては、くしゃみや鼻水が出やすい場合があります。

・経口内視鏡検査
直径9.8㎜のスコープを口から挿入します。その際、舌の付け根にスコープが接触すると吐き気が生じる場合があります。経鼻用スコープよりも画像が鮮明です。

下部消化管内視鏡(大腸内視鏡)

肛門からスコープを挿入する検査です。検査前に下剤を飲み、腸内を綺麗にしておこないます。検査中は腸を膨らませるのでお腹が張った感じになります。小さなポリープならその場で切除をおこなえます。

大腸内視鏡検査に抵抗のある女性の方へ

女性の方には大腸内視鏡検査をすることが恥ずかしいと感じる方もいらっしゃると思います。当院では女性の消化器内視鏡専門医が常勤しております。

内視鏡検査への不安を取り除けるように心がけています

内視鏡検査と聞くと、多くの方は、辛い・苦しい検査というイメージをもたれるかと思いますが、当院では内視鏡検査を受けられる方の不安や苦痛を最小限に抑えることを心がけています。

・心地よいオルゴールのBGMを流し、リラックスできる環境作りをしています。
・細径スコープを使用し、負担の少ない内視鏡検査を行ないます。
・内視鏡検査中、患者さんも同じモニターを見ながらおこなえます。
・ご希望があれば軽い鎮静剤を使用します。

カプセル内視鏡について

カプセル内視鏡検査とは

最近まで小腸は「暗黒大陸」といわれ、診断が困難な臓器でした。しかしカプセル型(約2cm)の小型内視鏡が開発されたことで、全長6〜7mの小腸を検査できるようになりました。当院でも2017年4月より、カプセル内視鏡検査を開始しております。
腸の狭窄や通過障害が疑われる方も、あらかじめダミーのカプセルにて検査が可能であるかを判断しますので、安全に検査を受けていただけます。

検査対象

① 胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査でも、出血原因のわからない消化管出血をおこしている方
② 原因不明の腹痛、下痢などで小腸疾患が疑われる方

検査の流れ

検査当日

(1)朝、飲食をせずにご来院いただき、腹部にデータレコーダーを装着します。
(2)装着後、カプセル内視鏡を飲んで検査開始です。日中は自由にお過ごしいただけます。
  ※強い電磁波のある場所には近寄らないでください。
(3)検査開始から2時間後より飲水、4時間後から食事が可能です。
  ※途中で下剤を飲んでいただく場合もあります。
(4)夕方、再度ご来院いただき、データレコーダーを外して検査終了です。

結果説明

約1週間後にご来院いただき、結果をご説明します。

費用

(保険適用:3割負担の場合) 29,000円~

室長からのメッセージ

当院内視鏡室では、通常の内視鏡検査および治療をおこない、さらに救急疾患などにもフレキシブルに対応できるように努力しています。安心・安全・苦痛のない内視鏡検査、正確な診断・確実な治療の提供により、地域の患者さんのニーズに応えられる内視鏡室にしていきたいと考えています。

検査・治療成績(2018年度)

件数
上部内視鏡 3,660
下部内視鏡 2,591
  件数
総ERCP 200
内:胆管ステント 107
  EST 67
  ENBD 24
  ENPD 24
  件数
ESD(胃・大腸・食道) 33
イレウス管挿入 10
EIS+EVL 17
食道拡張 9
  件数
大腸ポリープ切除 949
十二指腸ステント 3
PEG
(内視鏡胃ろう造設術)
48

スタッフ紹介

山下 浩子

消化器内科副部長、消化器内視鏡診断・治療部長
山梨医科大学卒
日本内科学会総合内科専門医
日本肝臓学会肝臓専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医・関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・支部評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医

阿美 克典

消化器疾患センター長、消化器外科主任部長
信州大学卒
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本食道学会食道科認定医
日本癌治療学会・癌治療認定医
日本内視鏡外科学会会員
日本胃癌学会会員
日本臨床外科学会会員
日本ヘルニア学会会員
日本乳癌学会会員
日本胸部外科学会会員

勝野 暁

消化器外科科長
杏林大学卒
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本膵臓学会認定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

島田 高幸

消化器内科副科長
東邦大学卒
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医

五十嵐 裕章

河北総合病院副院長、消化器センター長、消化器内科部長、救急部部長、安全・感染管理室室長
千葉大学卒
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会指導医・支部評議員
日本消化器内視鏡学会指導医・学術評議員
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本超音波医学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
日本医学英語教育学会評議員
日本抗加齢医学会会員
東京女子医大非常勤講師
ESPEN international member

当科は外科系データベース登録(NCD)をしています

NCDの手術・治療情報データベース事業への参加について

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。このプロジェクトを通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当院が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。また、このプロジェクトに関わる個人情報については厳重に管理いたします。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【NCDのご案内】
本データベース事業について
NCDホームページ

【当院の個人情報管理について】
当院の『個人情報保護方針』
当院の『個人情報に関する取り扱いについて』
【本件に関するお問い合わせ】
河北総合病院 診療情報管理課
電話:03-3339-2121(代) 9:00~17:00(日祝除く)