救急部

河北救急医療センター救急部

河北総合病院 ER

河北総合病院 ER の特徴:地域密着・徹底救急

救急医療体制の強化

当院の救急応需率は比較的高い値を推移していますが、入院病床がない・専門医がいない・ERが一杯で対応困難などの理由で救急患者の受入れをなるべくお断りしないよう、今後も病院全体の体制を強化していく努力を継続します。

ERと各専門科との連携の強化

ERを受診された患者さんがスムーズに検査・診断・適切な治療を受けられるように専門各科との連携強化に努めます。

地域医療支援病院としての自覚・役割の徹底

当院は杉並区の地域医療支援病院であり、他院からの紹介患者さんが数多く来院されます。今後もその入り口として地域の中での当院の役割を充分認識し、地域住民が急病になったときに行き場がなくなるようなことがあってはならないため、地域の患者さんが安心して暮らしていただけるように最大限の努力をしていきます。

研修医教育

当院の臨床研修プログラムの中でもER研修には重点が置かれ、3ヶ月以上の研修が必修化されています。救急専門医の指導の元、研修医が数多くの患者さんに接し、幅広い対応能力を身につけられるような教育に力をいれていきます。

医師の採用情報はこちら

主な診療内容

1. 重症度や傷病の種類や年齢によらず可能な限りの救急患者をERで診療しています(二次救急医療機関指定)。
2. ERで救急患者を診療し、必要に応じて各科専門科にコンサルテーションを行っています。
3. 救急医がERの管理運営を行っています。
4. 研修医が救急診療する場合には、ERに常駐する救急専門医もしくは各科指導医が指導を行っています(日本救急医学会専門医修練施設)。
5. トリアージナースが存在し、患者さんの緊急度・重症度に応じ、診察の順番を決定しています。
6. 2013年より救急救命士がスタッフに加わり、病院救急搬送車の運営・管理や看護補助業務を行います。

救急救命士についてはこちら

 

部長からメッセージ

地域密着・徹底救急
ERとはemergency roomの略であり、救急室や救急外来を意味する言葉です。本来のER型救急医療は北米型救急医療モデルのことをいいます。
当院ではH17年11月杉並区の救急拠点病院として、ERを立ち上げ診療を行ってきました。杉並区内には急性期対応の機能を担う大規模病院が乏しく、当院ERの役割はますます重要になっています。
なるべく多くの救急患者さんに対応できるよう病院全体で救急医療に取り組んでおり、1件1件の患者さんに対し真摯に向き合い、今後も地域の救急医療のニーズに応えられるERとしてスタッフ一丸となり努力してまいります。

スタッフ紹介

五十嵐 裕章

河北総合病院副院長、消化器内科部長、安全感染管理室室長、救急部部長
千葉大学卒
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会指導医、支部評議員
日本消化器内視鏡学会指導医、学術評議員
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本肝臓学会専門医
日本超音波医学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
日本医学英語教育学会評議員
日本抗加齢医学会会員
東京女子医大非常勤講師
ESPEN international member

古畑 謙

診療部ER科長
日本医科大学卒
日本救急医学会救急科専門医
日本外科学会専門医
日本循環器学会専門医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本血管外科学会血管内治療医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医

八嶋 朋子

診療部ER副科長
東京医科大学卒
日本救急医学会救急科専門医

鈴木 茂利雄

医師
岩手医科大学卒
日本内科学会認定内科医
日本救急医学会救急科専門医
JMELSベーシックコース・アドバンスコース

松本 直久

非常勤医師
神戸大学卒
日本救急医学会救急科専門医

吉田 拓生

非常勤医師
京都府立医科大学卒
日本内科学会認定内科医
日本救急医学会救急科専門医
日本循環器学会専門医
日本集中治療医学会専門医

三井 太智

非常勤医師
山梨大学卒

救急受診のご案内

救急のご連絡先

河北総合病院では、24時間体制の救急医療を行っていますが、各診療科の専門医が常に待機しているわけではありません。
まずは、お電話によるご連絡の上ご来院ください。

救急受診のご連絡先
03-3339-2121(代表)

ご理解とご協力のお願い

河北救急医療センター(ER)の受診について

河北救急医療センター(ER)は、主に中等症から重症救急の患者さんの診療を行っています。通常の外来診療ではありません。救急診療を対象とするために、緊急性の高い方を優先します。初めに看護師が、“トリアージ”(※)を行い診療の順番を決めます。“トリアージ”で優先順位を判断した後、場合によっては後から受付された方が先に診察を受けることがあります。救急車で来院された場合でも緊急性が低いと判断した場合には待合室でお待ちいただくことがあります。そのためお待たせすることがあります。ご理解とご協力をお願い致します。

※ “トリアージ”とは、患者さんの緊急度や重症度を診た上で、診療の優先順位を判断することを言います。

救急受診までの手順

1. まず、お電話で当院にご連絡ください。

お電話で次の事をお尋ねしますのでお伝えください。
・患者さんのお名前は?
・患者さんの年齢と性別は?
・どんな症状ですか?(わかる範囲でお答えください)
・以前に当院に受診されたことはありますか?
・当院の診察券のID番号を教えてください。(以前に当院に受診されたことがある場合)
・ご来院されるまでにどのくらいの時間がかかりますか?(何時に来られますか?)

2. 17:00以降翌朝8:00までは「時間外出入口」からお入りください。

3. 「時間外受付」で受付手続きをしてください。

【お持ちいただく物】

救急受診の際には、できるだけ以下の物をお持ちください。
・健康保険証(各受給者証等)
・当院の診察券

Q&A

Q. すぐに診てもらえるのでしょうか?

A. 重症の方を優先して診察いたしますのでお待ちいただく場合もあります。救急診療は2次救急医療機関としての診療です。「夜間外来」との違いをご理解くださいますようお願いいたします。

Q. 夜間に耳鼻咽喉科、眼科の診察はできますか?

A. 現在、時間外(17時~翌朝9時)及び休日は専門医が不在ですので診察することができません。平日(月~土)の昼間に受診していただけますでしょうか。

Q. 救急を受診後、入院したいのですが?

A. 入院が必要かどうかは医師の診察結果により決まります。

Q. 自分達の力(家族の力)では病院へ行くことができない場合はどうすれば良いのでしょうか?

A. 救急車又は民間搬送会社をご利用の上ご来院ください

Q. 救急の場合でも紹介状は必要でしょうか?

A. 紹介状をお持ちでなくても救急受診は可能です。但し、かかりつけの先生が書かれた紹介状(診療情報提供書)がある方は、病状を把握し、適切な診察をする為にもお持ちください。

Q. 発熱した、とか、こんな症状のときはどうしたらよいか、などの電話相談は?

A. お電話によるご相談は、東京都で運用している下記の相談センターをご利用ください。

 

【救急相談センター [東京消防庁]】

24時間年中無休で、相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が対応します。

<携帯電話、PHS、プッシュ回線から>
#7119

<ダイヤル回線から>
23区:03-3212-2323
多摩地区:042-521-2323

救急相談センター[東京消防庁]はこちら

 

【母と子の健康相談室(小児救急相談) [東京都福祉保健局]】

下記の時間・電話番号にて、保健師や助産師が対応し、必要に応じて小児科医師が相談にお答えします。

<相談受付>
月曜日~金曜日(休日・年末年始を除く):17:00~22:00
土曜日、日曜日、祝日、年末年始:9:00~17:00

<受付番号>
プッシュ回線の固定電話、携帯電話:#8000
ダイヤル回線・IP電話等すべての電話:03-5285-8898

母と子の健康相談室(小児救急相談)[東京都福祉保健局]はこちら

 

小児救急のかかり方について

~あわてないで、おちついて!~

救急医療は、かかりつけの医療機関が診察時間外で急病になり、かつ翌日まで待てない状態の場合に利用する医療です。

翌日まで待てる状態であれば、お子さんの今までの病気や薬の効き具合などを把握しているかかりつけ医に受診するのがベストです。

「小児救急のかかり方HANDBOOK」という冊子を作成しました。小さなお子さんをもつ保護者の方へ、ご家庭でできる初期対応の方法や、どんな場合に救急車を呼んだらいいかなどが書かれています。河北総合病院の受付にあるパンフレットコーナーに設置しておりますので、ご自由にお持ちください。

 

頭部外傷後の注意事項

PDFはこちら「頭部外傷後の注意事項」

創(傷口)処置について

PDFはこちら「創(傷口)処置について」

 

救急車搬送受入実績

年々救急外来受診者数は増加しており、2017年度は救急外来受診者数21,959名、救急車搬送件数7,370台でした。救急搬送件数に関しては単純計算で1日平均20.2台と比較的高い数を推移し、救急搬送応需率も近隣施設に比べて高い値を保っています。