文字サイズ変更

h1タイトル

看護統括部

看護統括部について

看護統括部の理念

恕(おもいやり)の美しい看護の探求

 

恕(おもいやり)とは

「自分がされて嫌なことは他人も嫌であろう、自分がされて嬉しいことは他人も嬉しいであろう」とわが身をもって考え、「誠のこころから他人をおもいやること」を意味しています。「人の目に見える・心で感じることができる言葉・姿勢・態度で恕を示す」努力が他者に伝わります。その恕は「恕を受け取った者が次の他者に伝える恕」となり、やがて自分に帰ります。
 

美しさとは

恕をもって看護を実践する姿勢・態度の中にある「周囲に届けられる看護の魅力」を意味しています。立ち振る舞いや笑顔、言葉使いなどの目に見える美しさだけでなく、心で感じられる美しい看護の魅力が届けられると、美しさもまた、「届けた魅力が承認へと変わり」自分に帰ります。やがてその循環が看護専門職としての生きがいを感じさせるものとなります。
 

統括看護部長からのメッセージ

「恕の美しい看護」の実践に必要な能力の獲得を支援します

能力開発とは、「ただ単に看護の実践に必要な知識・判断・技術(技能)・態度の豊かさの開発だけではなく、同じ目標を共有した多種・多様な人々と協働して業務を円滑に遂行し、目標を達成すると共に、組織・社会に貢献するために必要な能力(行動様式)を獲得すること」と考えます。
 
 教育理念: 魅力と生きがい
 活動方針: 主体的に学び共に成長し合う環境を育む
 
河北医療財団 看護統括部長 永池 京子

 

河北医療財団 看護統括部情報

看護の提供体制

専門看護師・認定看護師について

特定行為研修

看護専門実践研修

 

採用情報

河北医療財団 杉並エリア 看護師の採用情報

研修プログラム

病棟・外来

専門・認定看護師からのメッセージ

先輩からのメッセージ

TOP