研修プログラム

About Training

河北医療財団看護部の生きがい
「KAWAKITA NURSING STYLE(KNS)」

KAWAKITA NURSING STYLE(KNS)とは

「看護を必要とする人々のニーズと期待に応えるプロセス」がKNSであり、このプロセスにおいて看護職が「人」と「看護専門職」を次のように捉えることができた時に、恕(おもいやり)の美しい看護が成立すると考えます。

人は

「健康で生きがいある生活を営む」というニーズと期待の充足において、自身の健康と健全な社会作りに責任をもつ。

看護専門職は

人々の健康問題と、そこに発生する苦悩を理解し、かかわる人々との共同体を形成し、人がもつ「いのちを全うする力」を引き出しながら看護職としての使命を果たす。

KNS能力開発体系

教育理念に基づき、看護統括部が組織として看護専門職の成長を支援するための仕組みです。

#1 看護統括部の理念・指針
#2 KNS能力の構図
#3 KNS研修体制
#4 KNSクリニカルラダー認証制度
#5 KNSキャリアパス
#6 KNSポートフォリオ
#7 KNS成長と貢献の矢

KNS能力の構図

職員が組織に根を張り、自律した専門職業人に成長するために必要な能力と成長の姿を、大木と果実で描いています。

KNS 能力の構図
「成長の基盤」は看護職の能力を支える基盤

恕(おもいやり)の美しい看護を実践する看護職として成長するための基盤として、看護実践基礎力・生活力・成長欲求の3要素が求められます。この要素は、就職前の人生経験から各自が培った力となります。

看護実践基礎力:看護基礎教育で習得した全ての能力
生活力:家族のみならず、他の人と共に日常生活を営むための能力
成長欲求:より良い状態を求める力、全ての人や物から学ぼうとする心

キャリア開発と生きがいの実現

入職した看護職員は、主体的に学び成長しあう環境において、恕(おもいやり)の美しい看護を実践するために必要な能力を獲得し、継続学習と看護体験のなかでキャリアを形成し、河北医療財団の看護を支える人財(組織の財産)となります。その後も成長を続け、協働の姿勢・態度と高い倫理観を併せもつ自律した職業人として、また組織人としても成長し、各自の役割責任を果たすことで自己の生きがいを実現すると考えます。

KNS 新人看護職員臨床研修

基本方針・教育指針

看護統括部教育の理念・指針および活動方針の下に、新人看護職員臨床研修に関する基本方針と教育指針を掲げ、組織的に本研修を推進しています。

基本方針

恕(おもいやり)の美しい看護の基盤を形成する。

教育指針

みて学び、まねて学んだ後に、見守りで確認してから、独りでやってみる。

主な特徴

1.リフレクションを大切にして自分の成長を確認する
2.OJT強化型プログラムをもとに、成長度合いに合わせて臨床研修を進める

実地指導者

自身の受け持ち患者のケアや業務を行いながら、新人看護職員にそれを見せて知識レベルを確認し、その後に新人看護職員がやってみて、実践能力の獲得度合いを確認してから独り立ちを見守ります。

実地指導者

事前の自己学習や事後課題の確実な実施、実地指導者からの指導等をもとに、臨床看護の実践体験を積み上げながら獲得した実践力を指導者と共に確認し、さらなる能力の拡大に向けて研修を進めます。

指導体制
前期研修 プリセプターシップ

実地指導者(プリセプター)がマンツーマンの体制にて新人看護職員を指導する。

中期研修 チーム支援型

日々の看護チーム体制の中で新人看護職員を教育・支援する。

後期研修 チーム支援型+メンターシップ

チーム支援型に加え、指導者が新人看護職員の良き理解者(メンター)として、指導・支援・助言し、相談にのる。

河北医療財団ならではの充実の研修

学び続けられる環境がそろっています。

1.KNSクリニカルラダーチャレンジ研修

働きながら専門職としてのキャリアアップができるよう集合研修を年間で計画しています。KNSラダー認証をめざす人はレベル毎の必須研修を受講します。一方で、チャレンジしない人でも自分の学びたい研修を自分の時間で受講することができます。本研修は各レベルにKNS能力の構図の4つの能力が組み込まれていることが特徴です。

2.看護専門実践研修

2017年7月より「看護専門実践研修」として感染管理・褥瘡ケアの2つの研修を創設しました。2019年度から認知症看護も追加となり、毎年2つのコースの研修を1年間継続的に開催しています。専門的な知識と技術を習得し、その後の任務遂行において活用することで、当該領域における看護の向上をねらいとしています。また、地域の医療の質向上の一助となることを願い、当財団の看護師のみならず、地域からの研修希望者も受けております。

3.財団内施設間研修

2012年度より、財団の施設間の連携を通して自部署と自身の看護に役立てることを目的に開始しました。2019年度には、健康生活支援における看護・介護のあり方を感じ、魅力を考えてみよう、河北医療財団で働くことの楽しさや可能性を探求しようと研修体制を大幅に見直しました。主体的に学びたい人が所属長の推薦を受け看護部長が承認し研修を受講できることも特徴です。

4.看護実務研修(訪問・リハビリテーション看護コース)

訪問看護コースは、地域社会における医療・介護ニーズに応えるべく、当財団における急性期医療と在宅医療の連携化に資する看護職員を育成することをねらいとし、創設された研修です。1ヶ月間を目途に体験型の研修をおこない、その後実践力を確認し、利用者宅を1人で訪問する実務研修に移行します。訪問看護に関連する諸制度についても学習します。
リハビリテーション看護コースは、急性期の状態を脱し、回復期リハビリテーションを必要としている患者がケアや在宅復帰に向けた支援方法を学習します。

5.財団職員研修

財団の教育理念である“自立した自己として職員が成長することを支援する”に基づいて全職員を対象とした研修です。教育方針「社会資本としての人材を育成する」に基づき、①組織理念の浸透②専門職としての質の向上(知識・技能・態度)③自ら考え行動する個人の育成を目的としています。

KNS キャリアアップ支援

学びたい意欲を応援!様々なバックアップ体制で働きながらスキルアップできます。

1.資格取得支援制度

スキルアップをめざす方を応援するために、資格取得支援制度をご用意しています。資格取得にかかる授業料の補助金の他に働きながら資格取得をめざすことができます。
■専門看護師 ■認定看護師 ■特定行為研修 ■認定看護管理者研修 ■臨床実習指導者研修 ■新人看護職員責任者研修

2.学会・外部研修参加補助

自己啓発およびキャリア開発支援の一環として、学会の発表や参加、外部研修への参加などを積極的に支援し、個々のスタッフの能力向上に努め、質の高い看護師の育成をおこなっております。
【学会発表の場合】
交通費支給、宿泊費支給、参加費補助、研修扱い