• 河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷
  • 河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷 所長挨拶

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷は、訪問看護制度が創設される以前の1981年から、「在宅患者サービス」という名称で活動してきた歴史ある事業所です。当初から、24時間365日地域の在宅ケアを支えたいと考え看護師と理学療法士が協働し活動しております。

 

わたしたちは、常に、療養される方やご家族が安心して住みなれた場所で暮らせるように、また安心して退院ができるように、身近にい在る医療者でありたいと考えております。

 

小児からご高齢の方、高度な医療から予防医療(教育・啓蒙)、自宅で最期を迎えたい人、様々なニーズや疾病の段階に応じた訪問看護・リハビリテーションを実践しております。

 

在宅生活を続ける上で最も大切なのは、常に、生活するための医療やケアのあり方を追及し、人が持つ生きる力(セルフケア力や自然治癒力)を考え、その人らしい生活が送られるよう援助していくことだと考えております。

 

わたしたちは、在宅ケアを通じた地域とのつながりがコミュニティケアを育み“より良い地域のくらし”につながることを願い活動しております。

 

所長 矢尾 知惠子

OUR FEATURES河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷4つの特徴

LATEST NEWS新着情報新着情報

  • 施設案内
  • 施設案内
  • 施設案内
  • 施設案内
  • 施設案内

施設紹介