現場スタッフの声

現場スタッフの声

病棟看護と訪問看護は似て非なるもの。 迷いながらも、やりがいのある訪問看護を極めたいです。

黒田英里

訪問看護は、患者さんや家族の意思・ライフスタイルを尊重してQOLが向上できるよう、予防的支援から看取りまで幅広いステージを支えます。疾患に着目するだけでなく、本人・家族の人間関係、生活背景・環境など情報があふれている中で、最も適した看護ケアは何かを考え続けます。病棟看護と訪問看護は似て非なるもので、私も訪問看護を始めた頃はとまどう事ばかりでした。一人でお家をお伺いするので、不安がとても大きいです。また患者さんだけでなく家族も含めたケアが必要となり、どのようにお話すればいいのか迷う日々を過ごしています。しかし当ステーションでは一人で訪問をしている、ということを忘れさせてくれるほど相談をしやすい人間関係・環境が整っており、また自分のペースを掴めるようゆっくりと時間をかけて指導してくれます。「新しい分野に挑戦してみようかな。」「訪問看護ってどんなんだろう。」「一人で訪問するのは不安だな。」そんな思いを優しく包み込んでくれるステーションです。入職してまだ日が浅いですが、尊敬できる先輩看護師たちと一緒にやりがいのある訪問看護をこれからも続けていこうと思います。

このチームで訪問看護師として成長していきます!!

茂木詞織

看護大学卒業後、神経内科病棟で看護師をしてきました。神経内科病棟では難病の患者さんは体が徐々に動かなくなっていくので、今までの生活を送ることが困難になります。患者さんを支えるご家族も介護に慣れておらず、ご自宅に帰ることが難しくなる事例が多くありました。そのような中で、私が看護師として患者さんやご家族に対して、在宅療養におけるアドバイスや情報提供ができていたら何か違った選択肢もあったのではないか・・・と、考えるようになりました。ご自宅での療養生活で、患者さんはどんな工夫をしているのか、周囲からどんなサポートを受けているのか、実際に見て学びたいと思い訪問看護師を目指すようになりました。
経験年数が浅く、訪問看護師としてひとりで患者さんと接することに不安がありましたが、当ステーションは多職種の連携が強くひとりという感覚はありません。医師・看護師・リハビリスタッフとのカンファレンスが設けられていて様々な経験や考えを持ったスタッフと患者さんについて話し合うことができます。新人の私にも全スタッフが気にかけ声をかけてくれるやさしさにあふれた職場です。
このステーションで知識・経験だけでなく様々な人生観や看護観を吸収して、訪問看護師として貢献していきたいです。

万全の教育体制を用意。

新人看護師には 徹底した教育システムが用意されています。

菅野 都

訪問看護というと、訪問先の患者さんの看護を一人で責任もたなければならないと不安の方も多いと思います。でも私たちは、チーム看護という考え方を大切にしています。これは、患者さんのお宅には必ず担当者以外の看護師が一度は同行し、複数の目で看護が考えられるようにする手法。看護アセスメントの観点からも、非常に重要です。決して担当看護師一人だけで考えるのではなく、視点を変えた意見を取り入れることが患者さんのためになるからです。新人看護師さんの教育としては、徹底した同行訪問をおこなっています。先輩看護師たちに1ヶ月間張り付きながら、仕事への取り組み方を学んでもらうのです。未経験の方でも安心して、私たちのチームに参加してみてください。

本人や家族、ヘルパーさんたちの やる気を引き出す看護技術の必要性

佐藤志保子

ストーマ(人工肛門)、褥瘡(床ずれ)、失禁に伴って生じる問題に対して、専門的な技術を用いて看護にあたる「皮膚・排泄ケア認定看護師」の資格をもっています。この仕事を在宅看護でおこなうときに大切なのは、本人や家族、ヘルパーさんたちのやる気を引き出してあげることですね。私たちが関わっている時間というのは、患者さんたちの生活の中で些細なものでしかありません。普段の生活の中での効果が上がらなければ、いくらアドバイスしても意味がなくなってしまうのです。褥瘡等の皮膚に関するトラブルの専門家というのは、医療関係者でもまだまだ少ないのが現状です。訪問看護の現場に、私たちの知識を少しでも伝えることができるとうれしいですね。

訪問看護は、面白い。

患者さんにとって今、必要なことは何か。 つねにそれを考えるのが、私たちの仕事です。

田口久美子

こちらに来る前は医師の訪問診療に同行し、診療の補助を中心に実践してきました。在宅医療に携わる中で診療の補助だけでなく看護独自の視点で患者さんに寄り添い、療養のお手伝いがしたいと考え訪問看護にチャレンジすることにしました。訪問看護の現場では、先輩看護師たちの意識の高さに本当に驚かされます。患者さんの容体が安定しているときなどは、どうしてもルーティーンの繰り返しになりがちですが、ここではまったく違います。常にその患者さんにとってベストなことは何かを、みんなで検討しているのです。極端に言えば、私たちの専門的看護が現在必要な状態なのかも含めて議論することもあります。ドクターと対等な関係で患者さんのことを話し合っているのもこちらの魅力です。先生にしっかりと自分の考えを伝え、治療の方針を一緒に検討していくのが当たり前になっています。大変ではありますが、実り多い毎日です。

患者さんたちと一緒に、看護の在り方を考えていくのが訪問看護の面白さ。

秋山美都里

施設看護との最大の違いは、患者さんが主役だということですね。看護する舞台は病院という施設ではなくて、あくまで患者さんたちのご自宅。私たちはそこにお邪魔させていただく存在なのです。当然、治療や看護に関わる説明の基本も180度変わってきます。病院の時は「指導・説明・指示」でしたけど、訪問看護の現場では「こういう治療法がありますよ。どうしますか? やってみますか?」というのが基本。上から目線ではなくて、一緒に考えていくことが大切なのです。当然、忍耐力や持久力が不可欠です。相手がどのような家族構成で、どんな仕事をしてきたのかといった背景も抑えておかないと、信頼感を得ることはできません。難しいことも多々ありますが、私はようやくその面白さに気づいてきました。

ずっと訪問看護の仕事をしようと思い、 管理者になりました。

船浪紀子

管理者になりたいと思ったのは、訪問看護師になって3年くらいたった時のこと。訪問看護の仕事が本当に面白く思えてきたのですね。病院勤務って、3年くらいである程度仕事は覚えてしまうのです。訪問看護の仕事は、まったく逆。やればやるほど深みにはまり、覚えなきゃいけないことも目白押し。患者さんの病気だって、幅広いのです。そのことが私にはとても面白く思えてきて、ずっとこの仕事を続けたいと思うようになりました。その後三年間さまざまな勉強を重ねてきて、今春から管理者に任命されました。いざ自分が管理者になってみると、責任の重さを痛感しますね。さまざまな書類が、私の決済によって正式に発行されていく。身が引き締まる思いです。私たちの仕事って、患者さんから受けるさりげない「有り難う」の一言が、やり甲斐につながっていきます。私が経験したそんな仕事の楽しさを、ぜひ多くの後輩たちにも知ってもらいたいと考えています。

他のページへのリンク