施設のご案内

施設のご案内

営業時間・概要

営業時間

9:00~17:00

・24時間、365日連絡対応体制
・受付時間 / 9:00~17:00 (土曜日:9:00~12:00)

概要

名称:社会医療法人 河北医療財団   河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷
住所:東京都杉並区阿佐谷南1-16-8 ISM ASAGAYA 6F
TEL:03-5913-7977  FAX:03-5913-7978
事業概要:指定訪問看護事業所、指定介護予防訪問看護事業所

施設理念

「その人らしく・その家庭(うち)らしく生活するための医療とケアの実践と創造」

河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷は、昭和56年から「在宅患者サービス」という名称で、24時間365日地域の在宅ケアを総合的に支えるTHHS(トータルホームヘルスケアサービス)の理念の基に活動してまいりました。
我々は、人が生まれながらに持つ「人の生きる力」と、生活体験から培われた「生きる知恵」を最大限に引き出せるよう支援していきたいと考えております。
健康は、病気の対極にあるのではなく生活の延長線上にあります。健康に対する価値観には個人差があり、その人その人がもつ健康の価値を理解し実現していくことが求められます。最も深い意味での健康とは、幸福であり生きがいであると考えます。
疾病や障害を持ち生活する人・その家族が、おかれた状態や状況を受けとめ、療養生活に意味を見出し、新たな健康の価値を築き、地域での暮らしをより豊かにできるよう、私たちはより良い地域の在宅ケアの実現をめざし活動してまいります。

目的

尊厳ある療養生活(くらし)を保つ質の高い在宅ケアを目指すと共に、ケアしあう地域・文化の構築と発展に寄与する

活動方針

1. 生活の資源であり能力である健康を、より良い状態で維持できるように、生活者家族と平等な立場で在宅ケアを実践する
2. 安心して地域で暮らせるよう、24時間、365日在宅療養を支援する
3. 生活の中にある医療やケアのあり方を追及し、より拡張した在宅ケアシステムの実現とコミュニティケアの構築に努める
4. 地域の実状に即した地域の在宅ケアモデルとなるよう、実践・研究・啓蒙活動をおこなう

特徴

・医師と看護師・理学療法士などの医療チームが集まっております。さらに、病院や地域の窓口として活躍する社会福祉士・介護支援専門員などの各専門分野と連携し、生活のあらゆる視点からそれぞれに合わせた統合された質の高い在宅医療・ケアが提供できます。
・病状変化などの緊急を要する場合の24時間の相談と必要時の対応
・医療的処置やケアが必要な小児におけるレスパイトケア(留守番看護・滞在看護)
・医療依存の高い方への対応

認定

診療看護師(Nurse Practitioner:特定行為看護師)、訪問看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、保健師、がん性痒痛看護認定看護師、認定理学療養師(地域理学療法)、呼吸療法認定師

施設認定等

東京都訪問介護教育ステーション、日本プライマリケア認定研修協力機関、聖路加国際大学看護学部実習施設、三育学院大学看護学部実習施設、東京工科大学医療保険学部看護学科実習施設、早稲田速記医療福祉専門学校看護科実習施設、生活保護法指定医療機関、自立支援医療機関指定医療機関、被爆者一般疾病医療機関

施設基準届出等

緊急時(介護予防)訪問介護加算・特別管理加算・ターミナルケア加算、サービス提供体制強化加算、精神科訪問看護、24時間対応体制加算、特別管理加算


担当医と日常的に打ち合わせできるのも当ステーションの特色

医師・看護師・セラピスト参加のもと、毎朝開催される全体カンファレンス