電話でお問い合わせ

お電話でのお問合せ042-375-9644

8:30~17:00
(土、日、祝日、年末年始を除く)

文字サイズ

採用情報はこちら

Aging in Place
住み慣れた地域で
最期まで自分らしく
~あいセーフティネットが推進する
地域包括ケアシステム~

  • あいセーフティネット

GREETINGS FROM THE DIRECTOR多摩事業部長よりご挨拶

介護予防から看取りまで、
いつでも何でも相談していただける地域の窓口として

 河北医療財団多摩事業部は、高齢者が最期まで住み慣れた地域で暮らし続けるために、1980年より、医療と介護のトータルケアサービス「あいセーフティネット」を提供しています。

現在は、天本病院をはじめ、在宅療養支援診療所、訪問看護ステーションなどの医療機関や、介護老人保健施設、居宅介護支援事業所、グループホーム、小規模多機能施設の介護施設など約20の事業所を多摩ニュータウンで展開しています。

介護予防から看取りまで、いつでも何でも相談していただける地域の窓口として、24時間365日、これからもみなさんの命を支えるお手伝いができるよう精進してまいります。

医療と介護のトータルケアサービス「あいセーフティネット」

多摩事業部 事業部長 明石 のぞみ

社会医療法人河北医療財団 副理事長
多摩事業部 事業部長

明石 のぞみ(あかし のぞみ)

日本内科学会 認定内科医
日本老年医学会 老年病専門医
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医

略歴

青森県生まれ
聖マリアンナ医科大学卒業後、
同大学第二内科医局入局

1989年天本病院に入職
1999年あいクリニック 院長に就任
2000年医療法人財団天翁会 副理事長に就任
2016年医療法人財団天翁会 理事長に就任
2016年社会医療法人河北医療財団と合併、
社会医療法人河北医療財団 理事に就任
2018年社会医療法人河北医療財団 副理事長に就任

OUR SERVICEあいセーフティネット
4つのコアサービス

多摩ニュータウンを中心に、医療と介護のトータルケアを提供しています

●多摩事業部エリアマップ

摩事業部エリアマップ

多摩事業部 施設一覧

PRINCIPLES and POLICIESあいセーフティネットの
理念と方針

理念

&

方針

職員行動指針

ハートワーク【愛】

私たちは、対人援助サービスを提供する者として、人を思い、心を尽くして人に接します。そして職員同士やその家族に対しても、これを大切に行動します。

ヘッドワーク【智恵】

私たちは、常に新しい知識技術を習得し、更に日々の実践から体得する智恵を活用し、柔軟な発想で様々な可能性を見出していきます。

フットワーク【行動】

私たちは、人を思う気持ちや智恵を迅速に行動につなげます。そして、必要とされる方のところへ自ら出向く姿勢を大切にします。

OUR HISTORYあいセーフティネットの歩み

あいセーフティネットの礎となる天本病院が設立された当時は、
認知症をはじめとする高齢者医療と言えば「人里離れた老人病院」に象徴されていました。
そんな中、天本宏は多摩ニュータウンの市街地の中で
「暮らしの場での医療」を提唱し、当初から訪問診療も開始。
医療サービスを地域にデリバリーするという姿勢はその後約40年に渡り引き継がれ、
現在の『あいセーフティネット』まで発展しました。

社会医療法人河北医療財団
理事長相談役
天本 宏(あまもと ひろし)

略歴

医学博士 認知症サポート医
広島県生まれ

1969年東京慈恵会医科大学卒業
1980年天本病院を開設
1995年医療法人財団天翁会設立、初代理事長に就任
2016年社会医療法人河北医療財団と合併、
社会医療法人河北医療財団理事長相談役に就任。

老人の専門医療を考える会初代会長、日本慢性期医療協会初代会長、厚生省老人保健審議会委員、東京都医師会理事、多摩市介護保険運営協議会委員、全日本病院協会副会長、日本医師会常任理事、地域包括ケアシステム研究会委員などを歴任した。

1980/S55・天本宏が「天本病院」を開設(80床)
・訪問診療活動開始
1986/S61・86床に増床
・訪問リハビリテーション活動開始
・理学療法施設開設
1987/S62・訪問看護活動開始
1990/H2・作業療法施設開設
1995/H7・「医療法人財団天翁会」設立
 天本宏が初代理事長に就任
1997/H9・「多摩市在宅介護支援センター
 ケアサポートたま」開設※
1999/H11・「あいクリニック」開設
・「あい訪問看護ステーション」開設
・「天本病院在宅ケアサービスステーション24」開設
2001/H13・「多摩市桜ヶ丘いきがいデイサービスセンター
 『さくら』」開設※
・「あい介護老人保健施設」開設
2002/H14・言語聴覚療法施設開設
2005/H17・「天本病院」が「新天本病院」とし新築増床移転(179床)
・「天本病院在宅ケアサービスステーション24」が
 「ケアプランセンターあいクリニック」に名称変更
・「あいグループホーム」開設
2006/H18・「多摩市中部地域包括支援センター」開設※
2007/H19・「あいクリニック平尾」開設
2009/H21・「あい訪問看護ステーション平尾」開設
2010/H22・「あいケアプランセンターいなぎ」開設
2012/H24・「あい小規模多機能施設かりん」開設
・「あいグループホームどんぐり」開設
2013/H25・「あいクリニック中沢」開設
・「あい訪問看護ステーション中沢(サテライト)」開設
2014/H26・「あいグループホーム」を廃止し「あいグループホーム天の川」開設
・「あい小規模多機能施設ほたる」開設
2015/H27・「認知症初期集中支援チーム」開始※
・「地域包括支援センター等における介護予防機能
 強化推進事業」開始(2016年/H27度で終了)※
2016/H28・「桜ヶ丘いきいき元気センター」開設※(多摩市桜ヶ丘
 いきがいデイサービスセンター『さくら』より移行)
・「多摩市中部高齢者見守り相談窓口」開設※
・社会医療法人河北医療財団と合併
・「天本病院」開設(新天本病院より移行)
2017/H29・「あいフィットネスサロンさくら」開設
・「あい訪問看護ステーションせいせき(サテライト)」開設
・「あい小規模多機能施設おきな」(サテライト)開設
・「介護予防による地域づくり推進員の配置事業」開始※
2019/H31・「ケアプラセンターあいクリニック平尾」開設

※印は多摩市委託事業

TEAM CAREあいセーフティネットの
チームケア

1980年に天本宏が約70 名の職員とともにスタートした天本病院は、
その後約40年で700名を超える「あいセーフティネット」に成長しました。
利用者さんが大切にする「その方らしい生き方」を職員全員のチームケアで支えています。 

あいセーフティネットのチームケア

TOP