オレンジガーデニングプロジェクト

オレンジガーデニングプロジェクト

9月の世界アルツハイマー月間にむけて、認知症への理解をよびかける

オレンジ色は、認知症啓発のシンボルカラーです。
2020年に新潟県長岡市から始まったオレンジガーデニングプロジェクトは、「認知症になっても暮らしやすいまちをみんなで創っていこう!」という思いを共有し、全国各地でオレンジ色の花を咲かせるプロジェクトです。

河北医療財団多摩事業部は、超高齢化が進む多摩ニュータウンで1980年の天本病院開設時より、高齢者医療・認知症ケアを提供してきました。認知症になっても誰もが地域で自分らしく暮らし続けるためのサービス提供を軸とし、在宅医療やグループホームの運営などをおこなっています。

2022年夏より、地域のボランティアや恵泉女学園大学とも協働し、認知症啓発活動の一環として「オレンジガーデニングプロジェクト」を多摩エリアにて展開します。

河北医療財団 環境標語 「あたたかく やさしく 人にも 地球にも」

活動内容

オレンジガーデニングプロジェクト多摩2022

高齢者病院、認知症グループホーム等の庭やプランターに、職員や利用者、地域のボランティア、学生などが協働しオレンジ色の花を育てます。(種まき、苗の植え付け、水やりなど)。ポスターやチラシ、SNSを通じて、地域の一般の方へも参加を呼び掛けます。

・天本病院
・あいクリニック デイケア
・あいグループホーム天の川
・あい看護小規模多機能施設ほたる
・あい小規模多機能施設こもれび
・恵泉女学園大学 (園芸療法) など

◆ポスターのダウンロード(PDF)はこちら

活動報告

天本病院(多摩市中沢)

玄関やリハビリテーション室の庭に植栽しました。職員が手入れをしています。(2022年7月~)

(花の種類:マリーゴールド、コバナコスモス、ポーチュラカ、パキスタキス・ルテア、ヒマワリ等)

   


恵泉女学園大学様(多摩市南野)

学生が種から育てた有機・無農薬栽培の花苗をこのプロジェクトに約50ポットご提供いただきました。また、澤田みどり特任准教授と園芸療法を学ぶ大学4年生4名が「あいグループホーム天の川」を訪問し、屋上の花壇にて植栽および種まきの作業を職員と共に行い交流しました。(2022年8月)

   


あいグループホーム天の川(多摩市中沢)

恵泉女学園大学の学生が植えてくれた花を、利用者さんと職員が水やりをして育てています。「植物の成長をみるのが大好きなの。嬉しいわ!」と利用者さんも喜んでいます。育て方などを学生が分かりやすいパネルにしてプレゼントしてくれました。新型コロナウイルス感染対策で直接の交流は叶いませんでしたが、想いは受け継がれています。(2022年8月)

   


あい小規模多機能施設こもれび(多摩市永山)

雑草が生い茂っていた前庭を利用者さんと職員が草取りをし、恵泉女学園大学にいただいた苗などを植え付けました。隣接する団地の方の散歩コースのようで足を止めてみてくださるので、宣伝効果も抜群です。これから大きく育ち、9月には賑やかになりそうです。(2022年8月)

   


子どもデイサービスラフ様(多摩市永山)

ラフは医療的ケア児・重症心身障害者のためのデイサービスです。あいクリニックのデイケアオリーブとは数年前より交流があり、障害の有無に関わらず子どもから高齢者まで共生できる社会の実現にむけて活動しています。

以前は季節の行事にあわせてお互いの事業所を訪問していましたが、コロナ禍では直接の訪問が難しくなり、手紙やプレゼントの交換などを通じて交流しています。今回はあいクリニックよりマリーゴールドの苗をプレゼントし、ラフのみなさんで育てていただくことになりました。


活動状況は随時更新していきます。

◆Instagram 「#オレンジガーデニングプロジェクト多摩」もチェック→こちら

◆プレスリリースはこちら

◆活動を広めるためにボランティアさんを募集しています。種の小分け作業、ラベル作成など。詳細は多摩広報課までご連絡ください。

社会医療法人 河北医療財団 多摩広報課
TEL:042-310-0323
E-mail: kouhou-t@kawakita.or.jp