オレンジガーデニングプロジェクト

オレンジガーデニングプロジェクト多摩

9月の世界アルツハイマー月間にむけて、認知症への理解をよびかける

オレンジ色は、認知症啓発のシンボルカラーです。
2020年に新潟県長岡市から始まったオレンジガーデニングプロジェクトは、「認知症になっても暮らしやすいまちをみんなで創っていこう!」という思いを共有し、全国各地でオレンジ色の花を咲かせるプロジェクトです。

河北医療財団多摩事業部は、超高齢化が進む多摩ニュータウンで1980年の天本病院開設時より、高齢者医療・認知症ケアを提供してきました。認知症になっても誰もが地域で自分らしく暮らし続けるためのサービス提供を軸とし、在宅医療やグループホームの運営などをおこなっています。

2022年夏より、地域のボランティアや恵泉女学園大学とも協働し、認知症啓発活動の一環として「オレンジガーデニングプロジェクト」を多摩エリアにて展開します。

河北医療財団 環境標語 「あたたかく やさしく 人にも 地球にも」

活動内容

オレンジガーデニングプロジェクト多摩2022

高齢者病院、認知症グループホーム等の庭やプランターに、職員や利用者、地域のボランティア、学生などが協働しオレンジ色の花を育てます。(種まき、苗の植え付け、水やりなど)。ポスターやチラシ、SNSを通じて、地域の一般の方へも参加を呼び掛けます。

◆ポスターのダウンロード(PDF)はこちら

活動報告

天本病院(多摩市中沢)

玄関やリハビリテーション室の庭に多くの花を植栽しました。職員が日々手入れをし、患者さんたちの憩いの場にもなっています。(2022年7月~)

(花の種類:マリーゴールド、コバナコスモス、ポーチュラカ、パキスタキス・ルテア、ヒマワリ等)

    


恵泉女学園大学様(多摩市南野)

学生が種から育てた有機・無農薬栽培の花苗をこのプロジェクトに約50ポットご提供いただきました。また、澤田みどり特任准教授と園芸療法を学ぶ大学4年生4名が「あいグループホーム天の川」を訪問し、屋上の花壇にて植栽および種まきの作業を職員と共に行い交流しました。その後も発芽した苗の手入れなどに来ていただき交流が続いています。(2022年8月)

https://www.keisen.ac.jp/

     


あいグループホーム天の川(多摩市中沢)

恵泉女学園大学の学生が播いてくれたマリーゴールドの種と、屋上庭園に植えてくれた花を、利用者さんと職員が水やりをして育てています。「植物の成長をみるのが大好きなの。嬉しいわ!」と利用者さんも喜んでいます。育て方などを学生が分かりやすいパネルにしてプレゼントしてくれました。おかげさまで種もしっかり発芽しし元気に成長しています。新型コロナウイルス感染対策で直接の交流は叶いませんでしたが、想いは受け継がれています。(2022年8月)

天の川について

   


あい小規模多機能施設こもれび(多摩市永山)

雑草が生い茂っていた前庭を利用者さんと職員が草取りをし、恵泉女学園大学にいただいた苗などを植え付けました。隣接する団地の方の散歩コースのようで足を止めてみてくださるので、宣伝効果も抜群です。利用者さんが毎日の水やりを日課にしてくれ、元気に育っています。(2022年8月)

こもれびについて

    


こどもデイサービスラフ様(多摩市永山)

ラフは医療的ケア児・重症心身障害者のためのデイサービスです。あいクリニックのデイケアオリーブとは数年前より交流があり、障害の有無に関わらず子どもから高齢者まで共生できる社会の実現にむけて活動しています。

以前は季節の行事にあわせてお互いの事業所を訪問していましたが、コロナ禍では直接の訪問が難しくなり、手紙やプレゼントの交換などを通じて交流しています。今回はあいクリニックよりマリーゴールドの苗をプレゼントし、ラフのみなさんで育てていただくことになりました。(2022年8月)

https://lifeis-llc.com/dayservice/


あおぞら保育園様(多摩市落合)

長年にわたり、当財団の高齢者施設との異世代交流を続けてくださっているあおぞら保育園様。園児たちのかわいらしいお遊戯は利用者さんにも大変好評です。この度日頃の感謝の気持ちを込めてオレンジガーデニングプロジェクトの苗をプレゼントいたしました。みなさんで大切に育ててくださるそうです。(2022年8月)

http://www.aozora-hoikuen.com/

 


あいクリニック(多摩市貝取)

デイケアの利用者さんと一緒に、マリーゴールドの寄せ植えとクラフトのオレンジフラワーを作成しました。外来の正面玄関にコーナーを設けてにぎやかに。来院される患者さんも目をとめてくださっています。(2022年8月)

あいクリニックデイケア「オリーブ」について

   


緑宝園様(多摩市豊ヶ丘)

貝取大通り沿いに建つ一軒家の緑宝園さん。丁寧な対応で当財団の職員にもファンが多い、地域密着型のお花屋さんです。オレンジガーデニングプロジェクトの主旨にご賛同いただき、ポスターを張ってくださっています。お花をきっかけに認知症について興味を持ってくださる方が増えると嬉しいです。(2022年8月)

https://ryokuhouen.shopinfo.jp/

 


あい介護老人保健施設(多摩市中沢

デイケアの利用者さんたちが、マリーゴールドやキバナコスモスの寄せ植えを作り、玄関前のコーナーに飾っています。苗の一部は長年にわたり交流が続いている恵泉女学園大学様に提供いただきました。このデイケアでは他にもトマトなどの季節野菜をコンテナで栽培したり、南大沢で開催される「フラワーフェスティバル柚木」のコンクールに応募するなど園芸を通じたリハビリテーションに力を入れています。(2022年8月)

あい介護老人保健施設デイケアについて

 


あい小規模多機能施設おきな(多摩市関戸)

広い中庭とデッキのある施設で、利用者さんと職員が四季折々の花を栽培しています。今回のプロジェクトではマリーゴールドやケイトウなど同系色の花をセンスよく組み合わせ、素敵なコンテナを作ってくださいました。(2022年8月)

あい小規模多機能施設おきなについて

 


高校生ボランティア参加(多摩市関戸)

医療機関でのボランティアを希望する学生さんが、夏休みを利用してオレンジガーデニングプロジェクトのお手伝いをしてくれました。会場となったあいフレイル予防センターにて、参加団体に配布する立札作りや、デイサービスにプレゼントする寄せ植え作りにチャレンジ。花を植え付けるのは初めてとのことでしたが、バランスを見ながら上手に植え付けてくれました。「とても楽しかったので、また参加したいです!」という嬉しい感想をいただきました。(2022年8月)

   


あいクリニック中沢(多摩市中沢)

あいクリニック中沢の正面玄関前にオレンジの花が植栽されました。作業を担当してくれたのは、同じ「ゆいま~る中沢」建物内にある、あいグループホーム天の川の利用者さんと職員、それからケアプランセンターあいクリニック中沢のケアマネジャーなどです。地面を掘ると大きな根っこが出てきて悪戦苦闘しましたが、そこは男性職員がヒーローのごとく解決し女性陣の喝采を浴びました。(2022年8月)

あいクリニック中沢について

   


多摩市中部地域包括支援センター(多摩市永山)

永山商店街の中にある地域包括支援センターでは、団地のイベントに来ていた学生ボランティアさんにお願いし、プランターの寄せ植えを作っていただきました。玄関前がオレンジ色で明るく彩られました。(2022年8月)

多摩市中部地域包括支援センターについて

 


あい看護小規模多機能施設ほたる(多摩市中沢)

施設が入っているサービス付き高齢者向け住宅「ゆいま~る中沢」の屋上庭園には多くの花壇があり、利用者のみなさんの良い散歩コースになっています。ここに来るとお花好きのお馴染みさんに会え、ベンチに腰をかけておしゃべりすることも。高齢の方が腰をかかめずに作業ができるレイズドベッド(立ち上げ花壇)なので、ほたるでも利用者さんと職員が一緒になって花を植え、さらに華やかになりました。(2022年8月)

あい看護小規模多機能施設ほたるについて

 


あいグループホームどんぐり(多摩市聖ヶ丘)

あいグループホームどんぐりは、聖ヶ丘商店外の一角にある地域密着型のホームです。普段は地域の方がふらりとボランティアに寄ってくださるような開かれた場所ですが、コロナ禍でそれも叶わず・・・。
ベランダに飾ったオレンジの花が、ホームにお住まいの方と、外を行き交う方の心にあたたかい灯となることを願って育てています。(2022年9月)

あいグループホームどんぐりについて

 


NPO紬(つむぎ)(多摩市貝取)

地産地消を推進し、多摩産野菜のマルシェを運営しているNPO紬さん。旧北貝取小学校をリノベーションしたコミュニティプレイス、多摩市立市民活動・交流センターにて毎月活動されていますが、そちらの花壇でオレンジガーデニングに参加くださるということで、マリーゴールドの苗をお届けしました。恵泉女学園大学の学生さんと種をまき、あいグループホーム天の川とあい看護小規模多機能施設ほたるの利用者さんが育てた苗が、こんな素敵なところへお嫁入りしました。(2022年9月)

NPO紬(つむぎ)について

多摩市立市民活動・交流センターについて

 


唐木田コミュニティセンター(からきだ菖蒲館)(多摩市鶴牧)

まちづくり部会のみなさんは、月1回、唐木田駅前の花壇などに季節の花を植栽する「花いっぱい運動」を行っています。当プロジェクトを知った会員の方にお誘いいただき河北医療財団も協力員として参加、駅前にマリーゴールドの花を植栽しました。また苗もたくさんご提供いただき、天本病院の玄関前の植栽や永山フェスティバルのプレゼントとして使用させていただきます。(2022年9月)

▶からきだ菖蒲館まちづくり部会について

 

 


愛宕・夢睦(ゆめむつみ)(多摩市愛宕)

夢睦(ゆめむつみ)は、愛宕コミュニティセンター(かえで館)を拠点とする多摩市介護予防地域活動のグループです。
健康長寿リーダーの幸齡者の皆さんが、素敵なオレンジ色のリースを作成しました。(2022年9月)

  


からきだ匠カフェ(多摩市鶴牧)

9月の匠カフェは、認知症を知る月間の特別企画でした。
「もの忘れのお話 part2~気になる事は聞いてみよう~」と題し、天本病院の認知症看護認定看護師によるミニ講座を開催。オレンジガーデニングプロジェクトのポスターを掲示し、参加者の皆さんへ花の種をお配りしました。(2022年9月)

 

▶からきだ匠カフェについて


活動状況は随時更新していきます。

◆Instagram 「#オレンジガーデニングプロジェクト多摩」もチェック→こちら

◆プレスリリースはこちら

◆活動を広めるためにボランティアさんを募集しています。種の小分け作業、ラベル作成など。詳細は多摩広報課までご連絡ください。

社会医療法人 河北医療財団 多摩広報課
TEL:042-310-0323
E-mail: kouhou-t@kawakita.or.jp