救急集中治療科

Emergency Department

当財団の救急集中治療科について

二次救急医療機関指定・地域医療支援病院・東京都CCUネットワーク加入・脳卒中急性期医療機関です。小児から高齢者まで、独歩来院や救急搬送など、内科系外科系を問わず様々な疾患、傷病の患者さんが来院されます。ERに常駐する救急専門医、各科指導医の元、初療した後に必要に応じて各専門科にコンサルテーションをおこなう体制が整っています。

募集要項
(救急集中治療科医師)

勤務地 河北総合病院
雇用形態 常勤
勤務日数 シフト勤務
①日勤:9:00~17:30(実働7.5時間+休憩1.0時間)
②PM日勤:13:00~21:30(実働7.5時間+休憩1.0時間)
③日勤L:9:00~19:30(実働9.5時間+休憩1.0時間)
④日勤+夜勤:9:00~9:00(実働20.0時間+休憩4.0時間)
⑤夜勤:17:00~9:00(実働13.0時間+休憩3.0時間)
※月平均160時間の勤務
※夜勤専従の方も歓迎
当直 あり(夜勤として月4~6回程度)
業務内容 救急外来・ICU病棟管理
救急集中治療科の詳しいご紹介はこちら
給与モデル 財団規定による
※当直手当:20,000円+インセンティブ
 日直(日曜・祝日)手当:3,000円
賞与 年間2回(6月・12月)
学会出張 学会参加補助あり(学会・出張費規定により支給)
募集人数 2名
その他 休日・休暇、待遇・福利厚生等はこちら

見学・および応募申込みについて

職場見学 随時募集中
見学・応募申込み 見学申込みやご質問および応募方法についてはこちらからご連絡ください

施設見学会についてはこちら

お問い合わせはこちら

応募申込みフォームはこちら

所属長からのメッセージ

河北総合病院 救急集中治療科部長
五十嵐 裕章
千葉大学卒
<専門>消化器内科
当院は杉並区に位置し病床数407(うち分院76)床の二次救急指定病院であり、2005年11月杉並区の救急拠点病院として、救急集中治療科が立ち上がりました。2009年4月より常勤救急専門医が着任、救急受診患者は地域の患者を中心に非常に多く、救急車搬送応需件数も2018年度7,544台(都内でも有数の搬送応需件数)、救急外来受診者21,419人に及んでいます。現在は常勤救急専門医3名、非常勤医師5名で診療に当たっており、ERに併設するICU(6床)も管理しております。

年々増え続けるER受診患者、ICU患者への対応力強化のため、医師スタッフを募集しております。症例数も非常に多く(小児疾患は小児科医師が担当してくださっております)、各科とのコミュニケーション、バックアップ体制、院外活動(研究会・講習会・災害防災・学会参加・Off the job training参加など)は万全であり、各種手技の修練にも最適です。又2~3名の研修医のローテーションがあり、教育の経験値が上昇し、若いメンバーからなる明るい雰囲気も魅力です。
日本救急医学会専門医修練施設認定も受けております。

地域密着・徹底救急
最寄りの阿佐ヶ谷駅までは、東京駅から23分、新宿駅から8分と通勤も便利。地域の二次救急医療機関として症例は非常に多いですが、交代制勤務により比較的ご自身の時間を確保しやすい職場です。私は10年目の勤務になりますが、各科とのコミュニケーションも良好で、非常に働きやすい環境をお約束します。一緒に働いていただける救急医師・集中治療医師・プライマリケア医師・総合診療医師、もしくは転科希望医師を広く熱く募集いたします。

お問い合わせ・見学は随時受け付けており、勤務形態・待遇等に関してはフレキシブルに相談可能、女性医師、役職待遇大歓迎です。あなたも、河北総合病院の救急現場で一緒に働きませんか?紹介会社を介さずとも、直接お気軽にお電話ください。救急集中治療科部長、人事担当が情報厳守の上対応いたします。

杉並区の地域救急を守るのはあなたです。パッションのある熱血若手医師からキャリアを積まれた沈着冷静ベテラン医師まで、まずは先生方からのご連絡をお待ちしております。