呼吸器外科

呼吸器外科

外来担当医表

gt_kokyuuki-geka
:予約診療 ◆:女性医師
※他科を含めた病院全体の外来担当表はこちらをご覧ください

休診表

現在、休診の予定はございません。

呼吸器外科
について

呼吸器外科は、原発性肺がんを中心とした腫瘍性疾患(転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、未確診肺腫瘍など)、嚢胞性肺疾患(気胸、巨大肺嚢胞など)、胸壁・胸膜腫瘍(胸膜中皮腫など)、外傷(肺損傷、血気胸など)、感染性肺疾患(膿胸など)で、外科的治療が必要な場合に対応する診療科です。

肺がんは現在、部位別がん死亡率の第1位であり、早期診断、早期治療が重要です。そのため、当科では外科的治療のほかにも、肺がんが疑われるような胸部異常陰影に対し、気管支鏡検査、CTガイド下生検、胸腔鏡下生検などによる診断には積極的に対応させていただきます。また、手術が困難な場合には呼吸器内科と連携し、化学療法や放射線治療など、柔軟な対応が可能です。

気胸に関しましては、若い男性に多く見られる疾患ですが、高齢化社会とともに高齢者の気胸も確実に増加しているのが現状です。治療法としては、手術、癒着療法、気管支鏡下塞栓術など、患者さんの状況に応じて対応いたします。

胸腔鏡手術

当科では患者さんのQOLを考え、胸腔鏡を用いたできるだけ低侵襲で痛みの少ない治療と、可能な限り呼吸機能の温存をこころがけております。

スタッフ紹介

内田 修

呼吸器外科部長
東京医科大学卒
日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本胸部学会外科認定医

 

当科は外科系データベース登録(NCD)をしています

NCDの手術・治療情報データベース事業への参加について

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。このプロジェクトを通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当院が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。また、このプロジェクトに関わる個人情報については厳重に管理いたします。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

【NCDのご案内】
本データベース事業について
NCDホームページ

【当院の個人情報管理について】
当院の『個人情報保護方針』
当院の『個人情報に関する取り扱いについて』
【本件に関するお問い合わせ】
河北総合病院 診療情報管理
電話:03-3339-2121(代) 9:00~17:00(日祝除く)

 

河北総合病院TOPへもどる