腎臓内科

腎臓内科

外来担当医表

外来担当医表はこちら

休診表

現在、休診の予定はございません。

 

問診票

問診票はこちら

主な症状・病名

・蛋白尿、血尿、浮腫、電解質異常(ナトリウムやカリウムの異常など)
・腎炎、ネフローゼ症候群、高血圧、糖尿病や膠原病などに伴う腎障害、腎不全

主な診療内容

・蛋白尿、血尿、浮腫、高血圧の診断と治療
・慢性腎臓病治療
・末期腎不全の患者さんに対する血液透析、あるいは腹膜透析の導入
・維持透析の患者さんの合併症の診断と治療
・各種のアフェレーシス療法(血漿交換療法など)
・外来診療は、分院内科(1階)とサテライトクリニック専門外来(2階)で行っています。入院診療は、主に分院2階病棟で行っております。入院の患者さんの透析、アフェレーシス療法は、主に分院地下1階院内透析室で行い、外来の患者さんの血液透析やアフェレーシス療法は、すぐ近くの河北透析クリニックで行います。
・学会の診療ガイドラインなどの標準的な診療内容を提示し、常に患者さんとの対話を大切にしながら診療しております。
・他の診療科医師、看護師、管理栄養士、リハビリ科や医療相談室などと連携し、集学的かつ全人的医療を実践しています。
・当院救急外来や河北透析クリニックと連携し、スムーズな透析を含む入院診療を行っています。
・慢性腎臓病の患者さんに対して、近隣の診療所、病院と連携し、手帳を用いた協働診療を行っています。日常の診療や処方はかかりつけの先生にお願いし、数ヶ月に一度、当院腎臓専門医が診させていただく方法です。現在近隣の100以上の医療機関と、270名を超える患者さんが利用されています。
・年に3回、院内・院外で患者さん向けの勉強会「河北じんぞう病教室」を定期的に開催しております。

部長からのメッセージ

腎臓病はほとんど自覚症状がないのが特徴です。そのため蛋白尿が出ていても、腎機能が少し悪くとも、症状がないので通院しなくなる患者さんもおられます。しかし気がついたときには手遅れで、透析しなければいけないというケースは避けなければなりません。そういった意味からも、初期からの薬物治療(血圧管理、蛋白尿を減らす治療など)、食事療法、生活指導と、患者さん自身が積極的に治療に参加していただくことが重要です。杉並区の腎臓病の基幹病院として、地域でお住まいの患者さんのために、貢献していきたいと考えております。

スタッフ紹介

岡井 隆広

河北サテライトクリニック院長、臨床教育・研修部副部長
旭川医科大学卒
日本内科学会総合内科専門医・指導医・評議員
日本腎臓学会指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員
日本リウマチ財団登録医
ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)
身体障害者福祉法指定医(腎臓、肢体不自由)

林 松彦

臨床教育・研修部部長
慶應義塾大学卒
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医
労働衛生コンサルタント
介護支援専門員
難病指定医

根岸 康介

腎臓内科臨床部長
山梨医科大学卒
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
身体障害者福祉法指定医(腎臓)
難病指定医

須藤 裕嗣

河北総合病院分院副院長、腎臓内科科長、院内透析室室長
弘前大学卒
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
身体障害者福祉法指定医(腎臓)

銭谷 慕子

医師
東京医科歯科大学卒
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医

鈴切 恒平

医師
聖マリアンナ医科大学卒
日本内科学会認定内科医

診療実績・統計

2017年度CKD地域連携パス

診療所の先生方とCKD手帳を使い、情報交換をしながら協働で患者さんの診療をおこなっております。

年度別診療実績数

持続的血液濾過、血漿交換、エンドトキシン吸着、各種吸着療法など

年度別血液浄化数