当院の分娩について

当院の分娩について

自然分娩を主流に、早期母子接触なども取り入れ、母子のきずなが自然に深まるよう努めております。

分娩予約について

当院で出産を希望される方は、健診の際に分娩予約手続きをおこなっていただきます。里帰り出産で、34週以前に受診される方は、受診時に分娩予約をおこなえます。また、当院は産科医療補償制度にも登録しております。

分娩について

正常分娩の場合は分娩翌日を1日目として、4~5日の入院日数です。帝王切開の場合は手術翌日を1日目として、6~7日の入院日数です。
※当院では自然分娩を推奨しております。和痛、無痛分娩はおこなっておりません。

分娩方法について

可能な限り自然分娩を取り入れております。分娩台での仰臥位の出産が主流です。41週を超えて、自然に陣痛がない場合は、胎盤の機能低下を考え、42週前での出産に向け、入院し、陣痛誘発剤を使用することがあります。
また破水をしても陣痛がこない場合、陣痛が弱い場合など、陣痛誘発・促進剤を使用することがあります。いずれの場合も安全性を考え、原則として日中のみの使用となります。既往帝王切開の方、今回逆子の方は、帝王切開となります。

立ち会い出産について

2020.3.30 ご主人様の出産立ち会い一時中止について
新型コロナウイルスの感染拡大により、3月30日(月)より感染予防のためご主人様の出産立ち会いを一時中止いたします。詳細は産婦人科外来、病棟スタッフまでお尋ねください。

分娩室で立ち会える方は、ご主人様のみとさせていただいております。ご希望の方はお申し出ください。ただし風邪の症状など、感染の疑いがある場合は立ち会えません。
陣痛室であれば、ご主人様以外のご家族の方もお入りいただけますので、ご両親やご兄弟の方もお母さんをサポートしていただけます。ただし陣痛室はけっして広くありませんので、同時にお入りいただけるのは2人程度とさせていただいております。

早期母子接触

分娩直後に、お母さんの胸の上で赤ちゃんと直接、肌と肌でふれあうことができます。
※安全には十分配慮しながら実施いたしますが、お母さんの状態、赤ちゃんの状態に変化があれば中止する場合もございます。

小児科との連携

当院は24時間の救急対応が可能な総合病院です。お母さん、赤ちゃんともに、状態の急な変化などがあった場合には、小児科あるいは救急外来と連携し、迅速な対応が可能です。

母子の同室について

当院では、入院中のお母さんが赤ちゃんとの生活に慣れ、自信を持って退院していただけるよう、母子同室をおすすめしております。一緒にいることで、不安になる要素もわかります。スタッフとともに、ひとつずつ解消していきましょう。
原則として母子同室となりますが、同室・別室、いずれのお部屋もご用意しております。母子別室をご希望の方は、スタッフにご相談ください。ただし入院時の状況によっては、ご希望に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

分娩後の各種指導

退院後も安心して子育てしていただけるよう、実生活に基づいた指導をしています。

母乳指導

出産の直後と6時間後から、お一人おひとりの母乳の出かたに合わせ、指導させていただきます。退院後も母乳相談(有料)にてフォローさせていただきます。

調乳指導

調乳や母体の栄養についての指導をいたしております。

沐浴指導

入院中にご自身で沐浴をおこなっていただきます。その際は、スタッフが側で手順を一つひとつ丁寧に確認し指導させていただきます。沐浴の方法は、出産後にお渡しする「すくすくノート」にも記載してあります。沐浴の流れについてはDVDをご用意しておりますので、前日に方法の確認をしていただくこもと可能です。

退院指導

現在の状態や、退院後の生活、赤ちゃんのこと、家族計画などについて、助産師が指導させていただきます。