新型コロナウィルス感染症の発生について(第3報)

新型コロナウィルス感染症の発生について(第3報)

1月12日に判明した新型コロナウイルス陽性者と濃厚接触のあった職員および当該病棟患者さん全員についてPCR検査を実施し、第2報では職員13名・患者さん27名の陽性が確認された旨をお知らせしました。その後当該病棟を超えて全入院患者さんに対象を拡大し、検査をおこないあらたに職員10名・患者さん20名についても陽性と判明しました。よって、1月12日からの陽性者数は職員23名・患者さん47名となっております。なお多くの患者さんは新型コロナウイルス専門病棟に移動し、治療しております。
引き続き、当院は今しばらくのあいだ救急の受け入れと新規予定入院を停止し、面会も禁止させていただきます。
皆さまにはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、所轄保健所・東京都健康安全研究センター 実地疫学調査チームの指導のもと、感染拡大防止に全力で努めておりますので、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

河北総合病院 院長
杉村 洋一
 
 


2021.1.18 新型コロナウィルス感染症の発生について(第2報)

1月12日に判明した新型コロナウイルス陽性者と濃厚接触のあった職員および当該病棟患者さん全員についてPCR検査を実施したところ、第1報では職員5名・患者さん13名の陽性が確認された旨をお知らせしました。その後の検査において職員8名・患者さん14名についても陽性と判明しました。よって、1月12日からの陽性者数は職員13名・患者さん27名となっております。
これを受け、当院は非常事態を宣言し、救急の受け入れと新規予定入院を停止し、面会も禁止しております。また、陽性者の感染経路は追えていますが早期終息に向け、当院の全入院患者さんに対してPCR検査を実施することを決定しました。
皆さまにはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、所轄保健所の指導のもと、感染拡大防止に全力で努めておりますので、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

河北総合病院 院長
杉村 洋一
 
 


2021.1.13 新型コロナウィルス感染症の発生について(第1報)

1月12日、当院の職員1名および患者さん2名が新型コロナウィルスに感染していることが判明しました。そこで濃厚接触のあった職員と当該病棟患者さん全員についてPCR検査を実施したところ、1月13日、職員4名、患者さん11名の陽性が確認されました。
これを受け、現在新規予定入院と救急の受け入れを停止しております。合わせて、感染の可能性のある他の職員と、担当の入院病棟フロアの患者さんについて、速やかにPCR検査を実施しております。
なお、当該病棟と新型コロナウイルス感染症患者さん専用病棟との間で患者さんや医師、看護師等の往来はないことから、病棟間での感染の可能性は極めて低いと考えられます。
すでに杉並区および所轄保健所への報告を済ませております。
皆さまにはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、所轄保健所の指導のもと、感染拡大防止に全力で努めておりますので、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

河北総合病院 院長
杉村 洋一
 
 
 


2021年1月26日 カテゴリー(河北総合病院): お知らせ