HOME > 診療科/部門 > 産婦人科 > 産婦人科について

産婦人科更年期・漢方外来

.。o○o。更年期障害の治療と、漢方薬による治療と o○o。.。

更年期障害の治療を希望する患者さんと、更年期を含めた様々な症状に対して漢方薬による治療を希望する方患者さんが対象です。
更年期障害の治療には、主にホルモン補充療法(HRT)と漢方薬による治療の2種類があります。両者を併用することもあります。

ホルモン補充療法(HRT)について

更年期の症状の改善には非常に有効です。骨量の増加・維持、脂質異常の改善などの効果もあります。
内服薬と貼付剤があり、また子宮体癌の予防のために用いられる黄体ホルモンにより、いくつかの投与方法があります。

漢方薬について

対象としては更年期障害の他に、
・ 月経困難症     ・ 月経不順
・ 月経前症候群    ・ 冷え症
・ 浮腫         ・ 肩こり
・ 頭痛         ・ 腹痛
・ 腰痛         ・ 外陰痛
・ 便秘         ・ 疲労感
など様々なものがあります。

不妊症、子宮内膜症など西洋医学的な治療法と併用して使用することもあります。
西洋医学的に病名から処方することもありますが、基本的には問診と腹部・舌・脈などを見る漢方的な診断法により治療薬を選択します。
当科ではエキス製剤(粉薬)を処方しています。保険適応になります。


産科・婦人科の外来担当医表はこちらのページににございます。ご参照ください。