HOME > 診療科/部門 > 看護部 > 看護部について

看護部看護部について

看護統括部の理念

恕(おもいやり)の美しい看護の探求

当財団組織理念の下に掲げた看護統括部の理念、
「恕(おもいやり)の美しい看護の探求」を財団傘下全ての看護組織の共通理念とし、
全職員が日々のなかでこの理念を継承し、
その時代に適した理念の具現化に向け共創することが大切であると考えています。

恕(おもいやり)の美しい看護とは

恕(おもいやり)の美しい看護とは、河北医療財団で働く看護専門職業人の独り立ちした姿です。

恕(おもいやり)とは

自分がされて嫌なことは他人も嫌であろう、自分がされて嬉しいとは他人も嬉いであろうとわが身をもって考え、「誠のこころから他人をおもいやること」を意味しています。

美しさとは

恕をもって看護を実践することで「周囲に届けられる看護の魅力のこと」を意味しています。いずれその魅力は、「周囲からの承認」へとかたちを変えて自己に帰り、生きがいを感じさせるものとなるのです。

看護統括部の教育理念

教育理念 : 魅力と生きがい
教育方針 : 環境と調和する組織へ貢献する看護人財の輩出
活動方針 : 主体的に学びともに成長しあう環境を育む

統括看護部長からのメッセージ

学び、働き続けられる環境がここにはあります

河北医療財団看護統括部長
永池 京子

あなたが描く「なりたい看護師の姿」は、当財団が考える独り立ちした看護師の姿である「誠のこころから患者さんをおもいやり、患者さんの最大利益の獲得に向けチーム医療を実践している魅力ある看護師の姿」と重なりませんか?看護人生としてのキャリア形成を当財団ではじめ、毎日のなかで恕(おもいやり)のある美しい看護の姿を探求する看護チームの一員となり、看護を必要としている人のために、また地域住民のためにあなたの看護実践力を活かすことに私たちと一緒にチャレンジしてみませんか。