HOME > 診療科/部門 > 消化器・一般外科 > 消化器・一般外科について

消化器・一般外科直腸肛門外来

直腸肛門外来のご案内

肛門が痛い・飛び出す・周囲から膿が出るなど、肛門およびその周辺の調子が悪い方、便通に異常を感じる方、肛門から出血がみられる方を対象に、大腸肛門病専門医が診察致します。
どうしても恥ずかしい気持ちから受診が遅れがちですが、直腸癌などの重篤な病気が隠れている場合もあります。当院では、体に優しい低侵襲の治療法を実践しております。お早めのご受診をお勧めします。

対象疾患

【肛門疾患】

痔核、直腸脱、肛門周囲膿瘍、直腸癌など

治療

ほとんどの痔疾患は便通の調整や薬物療法で改善しますので、いきなり手術を勧めることはあまり多くありません。
外来にて肛門指診、肛門鏡や大腸内視鏡による検査を行い、適切な治療法を選択します。
脱出したまま戻らないか、戻してもまたすぐに飛び出す痔核(いぼ痔)、痔瘻、直腸脱を直すには一般的に手術が必要です。

<痔核(いぼ痔)の治療法>

当院では、通常の結紮(けっさつ)切除法の他、最新の治療法である痔核硬化療法 ALTA(ジオン)注射療法およびPPH法を行っており、専門医が肛門の状態に応じて最適な方法を選択します。軽度な場合は外来でゴム輪結紮による簡易療法を行う場合があります。


結紮(けっさつ)切除法最も標準的な手術療法で、手術室で部分麻酔をして行ないます。痔核に血液を送っている痔核動脈を縛ったうえで、痔核自体を切り取る方法です。
痔核硬化療法 ALTA(ジオン)注射療法内痔核に硬化薬剤のALTA(ジオン)注を直接注射することで、痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして癒着・固定させる方法です。
PPH法専用の機械を使い、直腸粘膜を環状に切除縫合することで痔核を吊り上げて直す方法です。

<直腸脱の治療法>

【直腸脱】

直腸脱は特に高齢女性に多い疾患で、肛門から直腸粘膜および直腸壁全層が脱出します。骨盤底が緩み、直腸の固定が悪い事が原因で、便秘や排便時のいきみが誘因になります。手術以外に治療法はありません。


腹腔鏡下直腸固定術当院では再発のほとんどない根治療法として、腹腔鏡下直腸固定術を行っています。全身麻酔で腹部の小さな創から、鉗子操作で直腸を吊り上げ、メッシュを用いて固定します。疼痛や違和感も少なく、極めて優れた治療法であり、生活の質が格段に向上します。
ガント・三輪・ティルシュ法高齢の方で全身麻酔をかけることが困難な場合に行います。脱出した直腸の粘膜を縫縮し短縮させて肛門内に戻し、さらに肛門周囲皮下にテープをリング状に留置し脱出を防ぎます。侵襲が小さく安全性が高いことが特徴です。

直腸肛門外来は本院です

診察日時:金曜日 9:00~11:30
診察場所:本院 外科外来
担当医師:梅谷 直亨外科部長
*詳しい日時は消化器・一般外科「外来担当医表」をご覧ください。

直腸肛門疾患の診療は、専門外来だけでなく、通常の一般外科外来でも行っています。時間の都合がつかない方や、急ぎ受診を希望される方は、一般外科外来を受診して下さい。
診察ご希望の方は、本院受付までお声かけください。

※初診の方で他の医療機関からの紹介状をお持ちでない場合は、保険診療のご負担とは別に「保険外併用療養費(選定療養)」として3,240円(税8%込)をお支払い頂きます。ご了承ください。