HOME > 診療科/部門 > 手術部 > 手術部について

手術部手術部について

手術室

手術室は、本院の2階にあり、7つの手術室を持ちます。外科系診療科を中心として、平日昼間の定時手術のみでなく、緊急手術にも24時間体制で対応しています。
腹腔鏡装置、関節鏡装置、膀胱鏡装置、手術用顕微鏡、人工心肺装置、レーザー焼灼装置、ラジオ波焼灼装置、超音波凝固切開装置など、様々なハイテク医療機器を揃え、最新の術式に対応し、患者さんに優しい低侵襲手術を推進しています。
同フロアには重症患者の術後ケアを行う2階ICU(4床)を併設しており、全身麻酔による開腹・開頭手術などの術後の患者さんを速やかに移動し、集中治療・ケアを行っています。

安全な手術治療のために

手術部スタッフ

手術治療においては、安全であることが最も重要と考えています。「患者取り違え」や「手術部位の左右間違い」「異物遺残」などの医療事故を防止する目的で、次のようなことを行っています。
まず、手術室入室に際しては、徹底的な患者確認を行います。意識があればご自身で名乗っていただき、さらに手首に付けたリストバンドのバーコードを読み取り確認します。
複数患者の同時入室は行いません。
病気が左右2つうちどちらかの場合などには、手術部位を示す記号を手術室入室前に主治医が付けることにより、部位の間違いを排除します。
さらに、執刀直前には必ず「タイムアウト」と呼ばれる患者確認作業を行っています。これは、スタッフ全員が全ての作業をいったん中断した状態とし、術者が患者さんの氏名、病名、手術部位、予定術式を宣言し、その他のスタッフがその内容をカルテと照合して確認する作業です。
手術終了時には、体内異物遺残がないことを複数回確認しています。
中央管理室には全ての手術室の様子を伝えるモニターが設置されており、全体の状況を常に把握できるようになっています。
また、各手術室には有線放送が設置されており、意識のある場合には患者さんが手術中にリラックスできるよう、音楽の好みを聞いて好みのジャンルの曲を流すことができます。

中央材料室およびロジスティクス部門

中央材料室およびロジスティクス部門は、手術室に隣設されており、手術や検査、処置に使用する医療器材を適正に管理し、安全で良質な医療を行うため、器材の用途に応じた適切な洗浄、消毒、滅菌、供給、回収に至る業務を行う部門です。洗浄設備や滅菌装置を保有・管理し、常に清潔な医療器材を供給できる体制を整え、院内感染防止の役割を担っています。
常に最新の感染防止対策を考慮し、知識と技術を兼ね備えたスタッフが高い意識を持ち業務に取り組んでいます。

手術部部長から

手術部 部長 梅谷直亨

手術部では、各診療科医師・麻酔科医師・手術室看護師・臨床工学技士・薬剤師・放射線技師その他のコメディカルスタッフが各々の専門性を発揮し、患者さんに質の高い安心・安全な手術治療を提供しています。
医療事故や感染症発生を防止するため、患者確認、手術部位確認、体内異物遺残防止、手術室内の清潔環境の維持と感染防止、手術用機器・器材の整備の管理を徹底し、安全に手術を受けていただくように日々努力しています。
また、最新の医療機器を積極的に導入して、常に最先端の手術治療が行える体制を整えています。患者さんに優しい低侵襲手術である鏡視下手術も、安全に配慮しながら推進しています。
緊急手術にも24時間体制で対応しており、例えば急性虫垂炎(いわゆる「盲腸」)の年間手術件数が東京都の病院の中で第2位(2013年度の厚労省集計のDPC病院実績)であったことからもわかるように、地域の救急医療の中心的役割を担っております。
建物の外観は古びていますが、手術室内部の設備、手術の内容と技術、医療事故防止への取り組み、そしてスタッフの意識は最新です。ぜひ安心して我々に手術治療をお任せください。