HOME > 診療科/部門 > 産婦人科 > 産婦人科について

産婦人科婦人科手術について ~安全で負担の少ない手術を~

.。o○o。 当院の婦人科手術をご紹介します o○o。.。

腹腔鏡手術は5mmや12mmの筒(トロッカー)をお腹に入れて、その筒の中にカメラを挿入し炭酸ガスでスペースを作って、外からは見えないお腹の中をモニターに映して観察することから始まります。

最近では、手術機器や周辺機器の進歩と術者の技術の進歩により、5mmや12mmのきず3~4箇所(症例によって1ヶ所は3~4cm程度の小切開併用)で手術を行うことが可能となり、選択されることが多くなってきました。

お腹のきずが小さくても開腹手術(10~12cm程度のきず)と同様の手術が安全に行えるようになってきたということです。

 
 

当院では、手術を必要とする婦人科の良性疾患(子宮筋腫、卵巣嚢腫など)の患者さんに対し出来るだけ多くの腹腔鏡手術を提供できるよう努めております。

腹腔鏡手術のメリットは何といってもきずが小さいことです。手術の後の痛みが少なく、入院期間も短く日常生活への復帰が早いことが挙げられます。また美容的にも優れているので女性にとって優しい手術といえます。手術中に臓器に直接触れることが少なく乾燥もしにくいので術後の癒着(臓器がくっつくこと)が起こりにくく腸閉塞などの危険性が少ないことも挙げられます。

腹腔鏡手術が可能な患者さんに対しては、もちろんこの手術をお勧めしますが、適応に限界もあります。腹腔鏡手術にこだわることで患者さんへの負担(手術時間が長くなる、出血が多くなる、腸や膀胱、尿管を損傷する等)が増すようなことがあってはいけません。この方法が適切ではないと判断した場合には、従来法である開腹手術を選択します。また腹腔鏡手術の途中で開腹手術に移行して対処する場合もあります。

また子宮筋腫の中で粘膜下筋腫(子宮の内腔に飛び出した筋腫)に対してはお腹にきずを作らず子宮内にカメラを挿入して行う子宮鏡手術を選択することもあります。

患者さんにとって一番安全で負担の少ない治療法を選択させていただきます。

手術実績

当院での2016年度の手術件数は以下の通りです。

腹腔鏡手術:99件 
 卵巣嚢腫核出術:41件
 付属器(卵巣・卵管)切除術:20件
 子宮筋腫核出術:22件
 子宮摘出術:9件
 子宮外妊娠手術:5件
 その他:2件
子宮鏡手術:13件 
開腹手術:52件 
 卵巣嚢腫核出術:6件
 付属器(卵巣・卵管)切除術:6件
 子宮筋腫核出術:11件
 子宮摘出術:27件
 悪性腫瘍手術:1件
 その他:1件
膣式手術:131件 
 円錐切除術:52件
 子宮内容除去術:61件
 子宮摘出術:3件
 その他 15件

婦人科手術合計:295件