HOME > 診療科/部門 > 救急部 > 救急部について

救急部救急受診のご案内

救急のご連絡先

河北総合病院では、24時間体制の救急医療を行っていますが、各診療科の専門医が常に待機しているわけではありません。
まずは、お電話によるご連絡の上ご来院ください。

救急受診のご連絡先
03-3339-2121(代表)

ご理解とご協力のお願い

河北救急医療センター(ER)の受診について

河北救急医療センター(ER)は、主に中等症から重症救急の患者さんの診療を行っています。通常の外来診療ではありません。救急診療を対象とするために、緊急性の高い方を優先します。初めに医師または看護師が、“トリアージ”(※)を行い診療の順番を決めます。“トリアージ”で優先順位を判断した後、場合によっては後から受付された方が先に診察を受けることがあります。救急車で来院された場合でも緊急性が低いと判断した場合には待合室でお待ちいただくことがあります。そのためお待たせすることがあります。ご理解とご協力をお願い致します。

※“トリアージ”とは、患者さんの緊急度や重症度を診た上で、診療の優先順位を判断することを言います。

院長
救急部部長

救急受診までの手順

1. まず、お電話で当院にご連絡ください。
 お電話で次の事をお尋ねしますのでお伝えください。
・患者さんのお名前は?
・患者さんの年齢と性別は?
・どんな症状ですか?(わかる範囲でお答えください)
・以前に当院に受診されたことはありますか?
・当院の診察券のID番号を教えてください。(以前に当院に受診されたことがある場合)
・ご来院されるまでにどのくらいの時間がかかりますか?(何時に来られますか?)

2. 17:00以降翌朝8:00までは「時間外出入口」からお入りください。

3. 「時間外受付」で受付手続きをしてください。


【お持ちいただく物】
救急受診の際には、できるだけ以下の物をお持ちください。
・健康保険証(各受給者証等)
・当院の診察券

Q&A

Q. すぐに診てもらえるのでしょうか?

A. 重症の方を優先して診察いたしますのでお待ちいただく場合もあります。救急診療は2次救急医療機関としての診療です。「夜間外来」との違いをご理解くださいますようお願いいたします。

Q. 夜間に耳鼻咽喉科、眼科の診察はできますか?

A. 現在、時間外(17時~翌朝9時)及び休日は専門医が不在ですので診察することができません。平日(月~土)の昼間に受診していただけますでしょうか。

Q. 救急を受診後、入院したいのですが?

A. 入院が必要かどうかは医師の診察結果により決まります。

Q. 自分達の力(家族の力)では病院へ行くことができない場合はどうすれば良いのでしょうか?

A. 救急車又は民間搬送会社をご利用の上ご来院ください

Q. 救急の場合でも紹介状は必要でしょうか?

A. 紹介状をお持ちでなくても救急受診は可能です。但し、かかりつけの先生が書かれた紹介状(診療情報提供書)がある方は、病状を把握し、適切な診察をする為にもお持ちください。

Q. 発熱した、とか、こんな症状のときはどうしたらよいか、などの電話相談は?

A. お電話によるご相談は、東京都で運用している下記の相談センターをご利用ください。


【救急相談センター [東京消防庁]】

24時間年中無休で、相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が対応します。

<携帯電話、PHS、プッシュ回線から>
#7119

<ダイヤル回線から>
23区:03-3212-2323
多摩地区:042-521-2323

救急相談センター[東京消防庁]はこちら


【母と子の健康相談室(小児救急相談) [東京都福祉保健局]】

下記の時間・電話番号にて、保健師や助産師が対応し、必要に応じて小児科医師が相談にお答えします。

<相談受付>
月曜日~金曜日(休日・年末年始を除く):17:00~22:00
土曜日、日曜日、祝日、年末年始:9:00~17:00

<受付番号>
プッシュ回線の固定電話、携帯電話:#8000
ダイヤル回線・IP電話等すべての電話:03-5285-8898

母と子の健康相談室(小児救急相談)[東京都福祉保健局]はこちら

小児救急のかかり方 HANDBOOK

~あわてないで、おちついて!~ 救急医療は、かかりつけ医の診察時間外の急病のときに、翌日まで待てない状態の場合に利用する医療です。

翌日まで待てる状態なら、お子さんの今までの病気や薬の効き具合などを良く知っているかかりつけ医に診てもらうのがベストなのです。

このパンフレットは、小さなお子さんの保護者の方へ、小児救急医療のかかり方の参考になるように、救急外来と小児科との職員が作成しました。

小児救急のかかり方 HANDBOOK[PDF495KB] はこちら

頭部外傷後の注意事項

 

PDFはこちら「頭部外傷後の注意事項」

創(傷口)処置について

 

PDFはこちら「創(傷口)処置について」