HOME > 診療科/部門 > 呼吸器内科 > 呼吸器内科について

呼吸器内科呼吸器内科について

主な症状・病名

咳がなかなか良くならない、咳をするとゼーゼーいう、歩いたり坂道を登ったりすると息が切れる、胸が痛い、痰に血が混じる、寝ているときにいびきがひどい・息が止まると言われた、レントゲンで影があると言われた、などの症状を対象にします。

呼吸器内科で診療する主な疾患(病名)は、肺がん、肺炎、肺結核、肺非結核性効酸菌症、肺真菌症、急性気管支炎、気管支拡張症、間質性肺炎、サルコイドーシス、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、胸膜炎、悪性中皮腫、気胸、睡眠時無呼吸症候群などです。

主な診療内容

1. 気管支鏡による経気管支肺生検、気管支肺胞洗浄を用いた診断

2. 気管支鏡による喀血、気胸の治療

3. 胸水の診断と治療

4. 呼吸器感染症の診断と治療

5. 肺癌の診断と化学療法

6. 気管支喘息の診断と治療

7. COPDの診断・日常生活管理と急性増悪の予防

8. 間質性肺炎の診断と治療

9. 急性呼吸不全の診断と治療

10. 睡眠時無呼吸症候群の診断と治療

部長からのメッセージ

いろいろな病気があって難しいものもありますが、私たちとしては、ご相談に来ていただければ持てる力を尽くしてできるだけのことをしていきたいと思っています。できることをご提案し、患者さんと話をしながら治療を進めていきたいと思います。慢性疾患を抱えた患者さんには、長い目でお付き合いいただき、お互いに信頼関係を築くことができればと考えています。