施設のご案内

施設のご案内

2006年に河北医療財団に「河北家庭医療学センター」を開設以来、河北サテライトクリニックを拠点として家庭医療(外来診療と訪問診療)を実践してまいりました。2019年3月4日、ISM ASAGAYAビルの3・4・5階に「河北ファミリークリニック南阿佐谷」を開院し、診療の拠点を阿佐谷から南阿佐谷に移し、同時に「河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷」をビルの6・7階へ移転し、包括的な地域医療を提供する体制を整備致しました。さらに、ビル8階には地域の皆さまが集える空間「暮らしの処方箋」を設け、住み慣れた地域で継続的に安心して生活できる健康な街づくりにも挑戦して参ります。

河北家庭医療学センター
河北訪問看護・リハビリステーション阿佐谷
暮らしの処方箋

河北ファミリークリニック南阿佐谷

住所:166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1-16-8 ISM ASAGAYAビル3・4・5F
TEL : 03-5356-7160
FAX : 03-5356-7161

施設理念

もっと近くへ。あなたの医療とケアを創造。
あなたの健康や、あなたの人生の中にある「生・老・病・死」を共に考え、「与えられる医療」から「医療者と共に創る医療とケア」を実践する

ミッション

健康を志向する社会文化を創造する
プライマリ・ケアの根幹であるヘルスプロモーションの考えを基盤として、一人でも多くの地域住民が、「健康であること」とは何かを考え、さらに「より健康になる」ための活動に参画する支援を行うことにより、健康で幸せな地域社会を構築する仕組みを創る

目的

1. 質の高いプライマリ・ケアの提供
2. 患者との信頼関係を基礎とした全人的な医療の実践
3. 地域医療への貢献と、地域医療に携わる医師(家庭医・総合診療医)の教育

活動目標

1. 年齢・性別・疾患を問わず,医療的ケアを必要とする方に、包括的かつ継続的なケアの指針を立案する
2. 身体的・心理的・社会的・文化的そして今ある現象を統合しながら治療指針を患者と交渉する
3. 健康増進,疾病予防,疾患の治療・ケア・緩和 (cure/care/palliation)を遂行する
4. 多職種との協働を大切にし、家族ケアを実践する

施設基準届出等

・がん性疼痛緩和指導管理料
・ニコチン依存症管理料
・時間外対応加算
・在宅時医学総合管理料及び特定施設入居時等医学総合管理料
・在宅がん医療総合診療料

施設認定等

・臨床研修協力医療機関(厚生労働省指定)
・日本専門医機構認定研修医療機関(総合診療)
・日本プライマリ・ケア連合学会認定研修施設
・日本在宅医療学会認定研修施設
・日本緩和医療学会認定研修施設
・特定看護師研修協力機関

フロアー図

floormap