運動療法のおすすめ

運動療法のおすすめ

患者さんへの運動療法のおすすめ

運動療法について

運動療法は透析患者さんに対して、心機能や低栄養状態、貧血、睡眠の質を改善し、不安をやわらげ、透析効率を改善するなどの効果をもたらすことが明らかにされています。
このため、運動習慣がある透析患者さんと運動習慣のない患者さんでは生命予後に有意差があり、週あたりの運動回数が多い人ほど生命予後がよいことがわかっています。

当院では理学療法士とともに透析中に足の運動を実施しています。ベッド上で自転車こぎや足上げ運動などを行って頂いております。積極的に足の運動を行うことで、転倒や骨折を予防できます。
また、透析時間外の運動も3階のリハビリテーション室にてご案内しております。
ぜひ日常生活に運動習慣を取り入れ、いつまでも元気に歩ける生活を目指しましょう。

透析のない日の運動のおすすめ

①30分程度のお散歩、もしくは室内での足踏み運動
②椅子からの立ち上がり運動
③背伸び運動
④足の運動

運動の方法について

①息こらえはせず、深呼吸をしながら運動しましょう。
②「ややきつい」ぐらいの運動量に調整しましょう。

運動に際しご注意いただくこと

①無理は禁物です。体調がすぐれないときは運動はお休みしましょう。
②転倒に注意しましょう。履きなれた靴、安定のよい机や椅子をご準備ください。

日本腎臓リハビリテーション学会

詳しくはこちら

運動ノート一部抜粋①

運動ノート一部抜粋②

運動ノート一部抜粋③

運動ノート一部抜粋④