施設のご案内

施設のご案内

概要施設

所在地 東京都杉並区阿佐谷北1丁目18番9号
標榜科目 内科


基本診療料に関する届出事項

・時間外対応加算2

特掲診療料に関する届出事項

・人工腎臓(慢性維持透析を行った場合1)
・透析液水質確保加算
・慢性維持透析濾過加算
・導入期加算1
・下肢末梢静脈疾患指導管理加算

沿革

河北総合病院は阿佐ヶ谷の地にて1971年より46年に渡り透析医療に取り組んでまいりました。
「河北葦クリニック」は1992年に河北総合病院から透析専門施設として独立し、地域の透析患者さんとともに歩んでまいりましたが、2018年3月5日、名称を「河北透析クリニック」として隣接地に新規開設しました。

新棟では、患者さんのプライバシーに配慮した準個室透析を開始いたしました。
また一方、高齢患者さんが住み慣れた地域で継続して生活できるよう支援体制を整え、よりいっそう安心できる透析施設となるべく努力してまいります。

医院情報

診療日/診療時間

日祝
8:15~20:00
9:00~20:00

透析時間(日曜・元日を除く)

月・水・金 8:15~、13:30~
火・木・土 9:00~、14:00~

設備

ベッド数

1階 準個室 12床
2階 パーテーションあり 24床・なし 20床
合計 56床(他、隔離対応可 2床)

透析装置

透析用監視装置 55台
個人用透析装置 3台
逆浸透精製水製造システム 2台
透析用剤溶解装置 2台
多人数用透析液供給装置 2台

1~3階 各フロアー紹介

1階 透析室(準個室)
2階 透析室
3階 待合室

スタッフ

医師 専任 1名
非常勤 7名
看護師 15名
臨床工学技士 18名
院内介助員 3名
事務 5名

河北透析クリニック 施設基準届出等

(2018年4月1日現在)

基本診療料に関する届出事項

・時間外対応加算2

特掲診療料に関する届出事項

・人工腎臓(慢性維持透析を行った場合1)
・透析液水質確保加算
・慢性維持透析濾過加算
・導入期加算1
・下肢末梢静脈疾患指導管理加算

施設の8つのポイント

1. 緊急対応が可能

総合病院との連携により緊急対応が可能です。

2. セキュリティー対策万全

エントランスはオートロックでセキュリティー・安全対策をおこなっています。

3. 院内付き添い介助サービス

介護スタッフによる「院内付き添い介助サービス」をおこなっています。

4. 災害・防災対策

災害対策にも力を入れています。防災訓練、透析機械の固定など患者さんの安全を守ります。またいつ、どこで何が起きても対応できるよう「緊急時透析患者カード」をご用意しています。

5. 備え付けテレビ

ベッドに備え付けの液晶TVがあります。(TVカード利用)

6. ロッカー完備

ロッカーを装備し、介助スタッフ・ヘルパーの方やご家族と一緒にお入りいただけるスペースを用意しています。

7. 安全第一の取り組み

その他、患者さんの安全を守るため、機器の整備、スタッフのカンファランスなどを積極的に行なっています。

8. 様々な血液浄化療法にも対応可能

当クリニックでは血液透析のほか血液浄化療法にも対応が可能です。

・血液濾過透析
・透析アミロイド症に対するβ2 ミクログロブリン吸着
・閉塞性動脈硬化症に対するLDL吸着
・敗血症ショックに対するエンドトキシン吸着
・劇症肝炎・肝不全に対する血漿交換
・潰瘍性大腸炎に対する顆粒球除去
・重症心不全・多臓器不全・DICに対する持続血液濾過
・ギランバレー症候群・類天疱瘡に対する二重濾過血漿交換 など

他ページへのリンク