院長/医師の紹介

院長/医師の紹介

院長

及能 克宏(きゅうの・かつひろ)

<専門>神経内科

・日本内科学会認定医
・日本神経学会専門医
・医学博士

<経歴>

1986年 北里大学医学部卒業、北里大学神経内科入局
1994年 国立大蔵病院内科
2001年 救世軍ブース記念病院内科
2014年 救世軍ブース記念病院院長 就任
2020年4月 天本病院
2020年9月 天本病院副院長 就任
2021年4月 天本病院院長 就任

<ごあいさつ>

〜地域に密着した高齢者医療の実践〜

当院は多摩地域の皆さんに安心・安全な医療を提供し、理念である「信頼と安心の創造」のもと、地域に密着した高齢者医療の実践に全職員が「【愛】と【智恵】と【行動】」を指針として取り組んでいます。当院の最大の特徴は認知症のみならず、高齢者を全人的に診る病院です。また退院後も安心して生活ができるよう法人内の各事業所と連携し、在宅診療や訪問看護、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、介護や福祉の相談にも力を入れています。
外来診療は複数の専門外来や簡易脳ドック、一般健診、特定健診、認知症、嚥下外来、リハビリテーション診療・治療も行っています。入院診療は179床を入院目的別に分けています。治療目的の一般病棟、在宅復帰を目的とした地域包括ケア病棟、集中的なリハビリ目的の回復期リハビリテーション病棟、急性期を終えても重度障害等で長期にわたり療養が必要な方の特殊疾患療養病棟があります。
また、あいセーフティネットのバックアップ病院としての機能を有しているのみならず、多摩南部地域病院、日本医科大学多摩永山病院など地域の高次医療機関と連携し高度な医療を保障しています。

♢一言メッセージ

4月から院長に就任しました及能克宏です。天本病院に赴任してまだ1年ですが、あいセーフティネットのさらなる発展のために、微力ながら励んでいきたいと思います。私は神経内科が専門で、高齢者医療はライフワークと思っています。皆様の笑顔のため頑張りますので、今後とも天本病院をよろしくお願いいたします。

♢医療コラム

「パーキンソン病ってどんな病気?」

名誉院長

舟木 成樹(ふなき・しげき)

<専門>心臓血管外科

・心臓血管外科名誉専門医
・聖マリアンナ医科大学名誉教授

<経歴>

1977年 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
2006年1月〜   聖マリアンナ医科大学東横病院 病院長
2014年4月〜   新天本病院 院長
2016年12月~ 天本病院 院長(※病院名変更のため)

♢一言メッセージ

医者になりたての頃、恩師から「医者は患者のそばに居るから居る者、即ち、いしゃと言うのだ」と教わりました。最初は単なる頓智かなと思いましたが、後で考えると何とも味わいのある言葉で、それからはその言葉を肝に銘じ、十分とは言えないかもしれませんが患者さんの側に寄り添う医療を心がけています。

♢医療コラム

「閉塞性動脈硬化症」

常勤医師

岡田 正昭(おかだ・まさあき)

<専門>脳神経外科

・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・聖マリアンナ医科大学非常勤講師

♢一言メッセージ

有脚陽春

♢医療コラム

「その頭痛、気になったら」

 

藤縄 宜也(ふじなわ・よしなり)

<専門>一般内科

・日本救急医学会専門医
・日本病院総合診療医学会認定医
・ICD制度協議会認定ICD(インフェクションコントロールドクター)
・聖マリアンナ医科大学登録医
・川崎市立多摩病院非常勤医

♢一言メッセージ

地域医療の「ニーズ」を満たせるように行動しつつ、医療保険制度などに定められる「コンプライアンス」を遵守しながら、さまざまな面における健康(や健康状態)に寄与できるように職責を果たして行きたいと思っております。

♢医療コラム

「世界の医療制度は」

 

田中 聡(たなか・さとし)

<専門>整形外科

・日本整形外科学会専門医
・日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

♢一言メッセージ

整形外科専門医として今まで培ってきた多くの手術や日々の診療の経験を基に、当院へ入院された患者さんの日常生活への復帰のお手伝いをさせて頂きます。日常の診療では、患者さんの言葉にはできるだけ真摯に耳を傾けていきたいと思っています。

♢医療コラム

「腰部脊柱管狭窄症」

「ロコモティブシンドローム」

 

池田 讓治(いけだ・じょうじ)

<専門>一般内科

♢一言メッセージ

「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も
成らぬは人の 為さぬなりけり」(上杉鷹山)

♢医療コラム

「ACPに関するあれこれ」

 

柳原 聡(やなぎはら・さとし)

<専門>リハビリテーション医学全般(脳血管障害、整形外科疾患等)

・日本リハビリテーション医学会認定医
・日本リハビリテーション医学会専門医

♢一言メッセージ

押しつけではない、患者さん一人ひとりに適したオーダーメードのリハビリテーションを提供し、身体機能の改善のお手伝いをさせていただきたいと考えています。

 

坂戸 美和子(さかど・みわこ)

<専門>老年精神科

・日本精神神経学会認知症診療医
・精神保健指定医
・日本精神神経学会精神科専門医・指導医
・日本医師会認定産業医
・公認心理士

♢一言メッセージ

高齢者の医療を専門とした当院の中で、認知症を始めとした、主に精神面での不調を抱えておられるご高齢の方々への対応をいたします。こころと体は一体であり、こころの不調が身体の不調をよび、身体の不調がこころの不調を招きます。そしてそれは同居ご家族、関わる支援者など多くの人に波及していきます。当院で関わる方々が抱える疾患は治癒可能なものばかりとは限りません。治癒可能な疾患はしっかりと見極めつつ、治癒を目的としない医療においては、患者さん・ご家族・地域の方々、それぞれの尊厳を大切にしつつ、皆さまの役に立つ医療を目指して行きたいと考えております。