文字サイズ変更

h1タイトル

新人広報と学ぶ「神経内科
~ぐるぐる・ふわふわ めまいの原因~」

広報課の新人が、創立93周年の歴史ある河北医療財団や、杉並区のプチ情報をご案内いたします。
 
こんにちは、新人広報 阿佐美です。
梅雨時は気圧の関係か、いつもと体調が変わることはありませんか?雨の日には頭痛がする、めまいが起こるなどの症状が表れる方も多いですよね。ただ頭痛やめまいの原因には、怖い病気が隠されていることも…。今回は「めまい」にどのような種類があるのか、学んできました。

 

ぐるぐる・ふわふわ 症状で原因が違う?

めまいとは、自分自身や周囲が動いていないにも関わらず、動いているような違和感を感じ、平衡感覚を失った不快な状態のことをいいます。めまいの種類を大きく分けると、ぐるぐる回るように感じる「回転性めまい」と、ふわふわするタイプの「浮動性めまい」「動揺性めまい」があります。

  回転性めまい 浮動性めまい 動揺性めまい
体感 ぐるぐる回るように感じる ふわふわと浮いているように感じる
特徴 一定期間だけ続き、その後は完全に消えるのが一般的 一定期間だけ続いた後、完全に消える場合もあるが、いつの間にか生じためまいが何カ月、何年と長く続く場合もある
吐き気をともなうこともある 症状が軽め 吐き気、動悸、呼吸が苦しく感じるなどさまざまな症状をともなう
主な原因 耳に原因がある場合が多い
(脳の病気の場合もある)
眼や神経に原因があることが考えられる他、自律神経失調症や更年期にも多い 脳にある脳幹や小脳が原因となって起こることが多く、大きな病気のサインの可能性がある

 
ひとくちに「めまい」といっても、症状や原因は様々なのですね。阿佐美は軽い「ふわふわ」が多いかも…思い返してみると、だいたい寝不足の時に起こっていました。規則正しい生活は大事。
 

めまいの原因

めまいの原因になり得るのは耳や目、首、脳の異常や、精神障害など様々です。
 

耳の異常によるめまい

めまいを引き起こす耳の病気を発症すると、突然ぐるぐると回るように感じる回転性めまいが生じます。突発性難聴やメニエール病、内耳炎では、めまいだけではなく、通常は耳鳴りや難聴などの耳の症状もともないます。耳の症状があれば耳の病気が疑われるので、耳鼻いんこう科の受診を検討しましょう。
 

目の異常によるめまい

頻度としては少ないですが、目の異常からめまいが起こることもあります。原因としては、左右の視力が大きく異なる場合や、眼鏡が合わなくなったたことが考えられます。心当たりがあれば、眼科で眼鏡や視力をチェックしてもらいましょう。
 

首の異常によるめまい

首の筋肉が緊張している場合、めまいが起こることがあります。首のこりを原因とするめまいでは、主にふわふわ、ふらふらとした感覚、頭痛や頭重感をともなう場合もあります。首の骨の異常によって起こることもあるので、何らかの首の症状が続いているようならば、整形外科の受診を検討しましょう。
 

脳の異常によるめまい

めまいだけではなく片側の手足が動きにくい、半身の感覚がおかしい、ろれつが回らない、ものが二重に見える、意識がもうろうとするなどの脳の症状をともなう場合は、脳卒中(脳出血か脳梗塞)が考えられます。脳の症状をともなう場合には一刻も早く救急外来を受診するか、救急車を呼ぶなどの対応が必要です。
 

精神障害によるめまい

不安障害やうつ病といった精神疾患でも、めまいが現れることがあるといわれています。精神疾患によるめまいは精神科が専門で、抗不安薬や抗うつ薬によってめまいなどの身体症状も改善される可能性があります。
 

生活習慣によるめまい

めまいには、実は生活習慣が原因という場合も多くみられます。「偏食による鉄分不足のためしばしばめまいの症状を起こしていた」や「睡眠不足や疲労が溜まって自律神経が乱れたため立ち眩みが起こった」など、こうなると「めまいは生活習慣病の一つ」という考え方もできます。
 
軽いめまいが短期間でおさまり、その後繰り返さない場合には安静にして様子を見ることも選択できますが、他の症状が見られる場合や繰り返す場合は、病院への受診を検討しましょう。
 
「めまい」として現れる症状の裏に、こんなに様々な病気の可能性があるなんて! 命にかかわる重病から、生活を見直せば改善できるはずの生活習慣病まで、考えられる原因の幅が広すぎて、どう対処したらよいかわからなくなってしまいます。
 

激しいめまい・長く続くめまい・繰り返すめまい、どうしたらいいの?

めまいの原因は様々なので、原因によって受診に適した診療科が異なります。このとき重要になるのは、めまい以外の症状の有無です。

めまい以外の症状 適した診療科
耳鳴りや難聴、耳がつまった感じなどといった耳の症状 耳鼻いんこう科
視力の変化、眼鏡の違和感など 眼科
肩や首のコリや頭痛、頭重感 整形外科
気持ちの落ち込みや、意欲の低下など 心療科(精神科)
物が二重に見える、呂律が回らない、手足がしびれたり思うように動かせないなど 神経内科、脳神経外科など
※脳卒中が疑われる場合は、救急外来か救急車

該当するめまい以外の症状がなく、どの科を受診すれば良いのか分からない場合は、神経内科に相談しましょう。診断後は神経内科で治療をおこなうか、または、脳神経外科、脳血管内科、耳鼻いんこう科、整形外科など適切な診療科を紹介してくれます。お近くに神経内科がない場合には、内科やかかりつけの病院で相談しましょう。
 
自己判断でどこに行くべきか悩んで時間を費やすよりは、医師に相談して適切な診療科を紹介してもらうのがベストですね。そして急に激しいめまいや頭痛が生じた場合は、すぐに救急外来か救急車を!
(救急車を呼ぶのを悩んだり、ためらわれる時は「救急安心センター事業(♯7119)」にお電話を)

 

河北総合病院 神経内科

神経内科とは、中枢神経(脳・脊髄)、末梢神経、筋肉などの神経システムの異常を診断・治療する診療科です。河北総合病院の神経内科では、めまいを含め、様々な症状を診ています。
 

主な症状

頭痛、めまい、物忘れ、歩きにくい(歩行障害)、力が入りにくい、しびれ、ふるえ、けいれん、失神など
 

主な病名

パーキンソン病、片頭痛、てんかん、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、重症筋無力症、多発性硬化症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、進行性核上麻痺、筋萎縮性側索硬化症、多発性筋炎、脊髄疾患、神経サルコイドーシス、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーなど
 
「河北医療財団の魅力!」第一回は「頭痛と神経内科」でした。頭痛も、実に様々な病気から現れる症状で、めまいと同じように、命に関わる重病の可能性があるものもあれば、しばらく安静にしていれば収まるような軽いものまでありました。「神経」は全身くまなくつながっているものと考えると、実に多くの疾患に関わっていそうです。
 

【神経内科】ページはこちら
■診察内容:パーキンソン病の診断および薬物療法/認知症の診断および治療(もの忘れ診療)/神経変性疾患の診断および治療/てんかんの診断および治療/主な入院症例(髄膜炎、脳炎、めまい、てんかん、ギランバレー症候群、フィッシャー症候群、パーキンソン病、パーキンソン症候群、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、多発性硬化症、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー、皮膚筋炎、多発性筋炎など)
■医師数:常勤3名・非常勤1名

 
関連記事
vol.1 新人広報と学ぶ「頭痛と神経内科」(2020.7.22)
 

2021.6.9

 

阿佐美

プロフィール
広報課に2020年中途入社。前職はITベンチャーの企画など。医療業界は初めての28才。趣味は舞台鑑賞・食べること・ヨガ。
 


 
※本記事は、社会医療法人 河北医療財団 広報課の企画編集により制作し、医師など医療従事者の監修を経た上で掲載しています。
※本記事は診療科に関する情報の提供を目的としているものであり、診療・治療行為を目的としたものではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当財団は責任を負いかねます。
※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。また、記事の内容はすべての医療機関に共通するとは限りません。予めご了承ください。
※「阿佐美」は、読者の皆さまにわかりやすくお伝えするためのフィクションです。実在しておりません。

 
 
 

TOP