医師紹介

医師の紹介

院長
濱谷 弘康(はまや・ひろやす)

<専門>消化器外科

・認知症サポート医
・日本医師会 認定産業医

経歴

1991年3月 獨協医科大学医学部卒業
1991年6月~2001年3月 東京女子医科大学消化器病センター外科医局
2001年4月~ 天本病院
2015年6月~ あいクリニック院長

ご挨拶

2001年に入職してから在宅医療を中心に診療を行っています。地域包括ケアシステムの礎を築いた当法人の医師として、ご本人やご家族に寄り添いながら、最期まで自宅で過ごすことができるよう心がけています。
看護師、訪問同行員、ケアマネジャーなどとチームを組んでその方の望む医療やケアを提供しています。

医療コラム

「在宅医療、なぜ注目?」
「胃の不調」

社会医療法人河北医療財団 副理事長
明石 のぞみ(あかし・のぞみ)

<専門>内科

・日本内科学会 認定内科医
・日本老年医学会 老年病専門医
・日本リハビリテーション医学会 認定臨床医

ご挨拶

身近なかかりつけ医として病気や障がいの管理だけでなく、一人ひとりの病気に対するお考えやご家族、生活環境など含めて、より良いと思われる治療を一緒に考えたいと努めています。気軽に何でもご相談ください。
また、必要ならば専門の高次医療機関へ紹介をいたします。

医療コラム

「味覚障害」

社会医療法人河北医療財団
理事長相談役 天本 宏(あまもと・ひろし)

認知症サポート医

ご挨拶

私が天本医院を開設した1980年に比べ、認知症への知見・認識は大きく、幅広く変わってきました。認知症になってから(誰から診ても”認知症”とわかる段階)の後始末、隔離収容の時代を経て、最近は自ら「主観的認知機能低下」に気づき、受診される時代になりました。
また認知機能が低下しても、地域でともに暮らしていく地域包括ケアシステム構想の時代、メディカルケアからヘルスケア・セルフケアの時代にもなりました。早めに認知神経機能障害ドックを!の時代にきたのではないでしょうか。

医療コラム

「認知症とフレイル」

医師
小島 俊樹(こじま・としき)

<専門>消化器内科

経歴

1996年 杏林大学医学部卒業
2021年1月~ あいクリニック、あいクリニック平尾

ご挨拶

専門は消化器内科ですが、大学を離れてから20年、一般内科として働いておりますので、さまざまな疾患の知識を持つようにしております。

医療コラム

「食べるということ、消化管を使うということ」