4つの特徴

河北家庭医療学センター
4つの特徴

1.患者・家族志向

患者・家族の生活を医療・看護・介護・福祉の面から包括的に支えるために、各専門分野の連携と統合し、効果・効率的に機能するため一つの機関に集約させたのが「河北家庭医療学センター」です。患者・家族の生活と地域を大切に考え、「利用者が主体的に参加し、医療者と共に創っていく医療とケア」の創造を目指しています。

2.病いを診る、人を看る、地域をみる(プライマリ・ケア)

身近な存在である家庭医(プライマリ・ケア医)として、診療科にとらわれず家庭医療をおこなっています。初期診療と継続医療、また外来診療と在宅診療、あらゆるツールを包括的に提供しております。単に病気を治すということだけでなく、その人の立場や地域の中での役割も考慮し、その人らしく生活を続けていけることが我々の目標です。

3.多職種協働

医師をはじめ、看護師、理学療法士、作業療法士、またそれらをバックアップする事務職など、あらゆる職種のスタッフが所属し、活発な意見交換をしながら日々協働し、研鑽しています。常に最新の情報を共有し、各職種のスタッフがプロフェッショナルとして最良の判断ができる環境を整え、あらゆる状況への柔軟な対応を可能にする取り組みをおこなっています。

4.臨床研修・教育

単なるサービス提供の場としてではなく、家庭医療(医師)、外来看護・訪問看護(看護師)、在宅リハビリテーション(理学療法士・作業療法士)を学問として普及させることを目的としており、教育と研修を大切にしています。各部門では、専門職として働くために必要な態度・知識・技術を修得する教育と、これらを日々の実践へと転換し、現場からのフィードバックを大切に、カンファレンスや勉強会を充実させるとともに、研修をサポートしています。