専門研修

specialist training

河北総合病院の専門研修について

東京と杉並の地で、約90年の長い歴史を持つ、社会医療法人 河北医療財団。救急、病棟、外来、訪問と数多くの部門で、豊富な症例を経験することができ、2018年度、内科専門研修と総合診療専門研修の受け入れをはじめます。

募集要項
(専門研修)

応募資格 研修開始時点で、初期臨床研修終了予定者および卒後臨床経験3年以上の医師
※従来の後期臨床研修プログラムを希望される方は、別途ご相談ください。
募集人数 内科8名、総合診療2名
出願締切 2次募集受付=12/16~1/15
※内科、総合診療とも
※日本専門研修機構のスケジュールに従っておこないます。
お申込みにあたっては、下記①~④が必要になります。

①研修願書 ※応募診療科を明記のこと
 ・河北総合病院指定 研修願書 Word版
 ・河北総合病院指定 研修願書 PDF版
②履歴書
 ・河北総合病院指定 履歴書 Excel版
 ・河北総合病院指定 履歴書 PDF版
③医師免許証の写し
④臨床研修修了書・臨床研修修了見込書・推薦文のいずれか

①、②につきましては、必ず当院指定書類をダウンロードしてご使用ください。なお、研修願書のWord版とPDF版、履歴書のExcel版とPDF版は同一の内容です。どちらか一方をお使いください。

選考方法 1次審査:書類選考
2次審査:個人面接
※試験日の詳細は個別に電話またはメールにてご案内します。
応募方法 出願締切までに下記の送付先へ、必要書類①~④を郵送でお送りください。
送付先 〒166-8588
東京都杉並区阿佐谷北1-7-3
社会医療法人 河北医療財団 河北総合病院 臨床研修委員会事務局
勤務地 河北総合病院および河北医療財団の関連施設
勤務時間 9:00~17:30
※診療科により出退勤時間がシフトする場合あり
休日日数 4週8休制(日曜祝日+研究日)
※ただし休日が日曜+祝日で2日以上の週は研究日なし
給与 財団規定による
例)医師3年目の方
  基本給=530,000円
  日当直手当=37,000円/回(目安:月4回前後)
  通勤手当は別途実費支給
※外部連携施設での研修期間中は、研修先病院の処遇条件に準じる場合があります。
賞与 年間2回(6月・12月)
福利厚生 交通費一部負担
休日・休暇、待遇・福利厚生等はこちら
お問合せ 社会医療法人 河北医療財団 河北総合病院 
臨床研修委員会事務局 担当:小林、阿部
TEL:03-3339-2197(直通)
FAX:03-3339-3604
E-mail:kenshu-jm@kawakita.or.jp

見学のお申込み

職場見学 随時募集中
見学のお申込み 見学申込みやご質問および応募方法についてはこちらからご連絡ください

施設見学会についてはこちら

お問い合わせはこちら

応募申込みフォームはこちら

研修責任者からのメッセージ

内科専門研修プログラム責任者
角田 裕美
東京女子医科大学卒
診療所からの紹介患者さんや救急患者さんを積極的に受け入れていますので、様々な疾患を経験する機会が豊富にあります。専攻医研修を通じて専門的な診療能力を習得し、専門医の資格取得を目指し、将来の指導医としての技能を養成します。また医師として、サブスペシャリティを問わず幅広い診療能力を身に付けることも重要です。私たちは疾病の治療のみならず、患者さんの生活背景を踏まえた全人的医療ができる医師の育成をおこなっていきます。より実践的な研修を積んで『真の専門医』を目指したい専攻医を河北総合病院指導医一同でお待ちしています!
総合診療専門研修プログラム責任者
一戸 由美子
秋田大学卒
<専門>家庭医療、内科一般、在宅医療
新しい専門医制度における19番目の基本領域として総合診療が誕生し、いよいよ来年度より総合診療専門研修が開始されます。河北家庭医療学センターは、日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医療専門医研修プログラムの中で養った教育経験を基に、総合診療専門研修カリキュラムを始動いたします。カリキュラムは日本専門医機構の研修要綱に基づき、ここ東京都杉並区で地域医療を担う総合診療医に必要な知識、技術、態度を学びます。4年間のプログラムには、都市部以外の地方での研修機会も含まれており、東京を本拠地に幅広く地域医療に触れ、学びを深めるカリキュラムとなっております。地域医療を本気で学びたい方をお待ちしております。
総合診療専門研修プログラム副責任者
塩田 正喜
秋田大学卒
<専門>家庭医療、内科一般、在宅医療
地方都市での高齢化は、一定程度は既に終わっており、これから高齢化が急速に進行するのは大都市部(関東圏・関西圏など)です。高齢者人口の爆発的増加に伴い、多疾患並存、医療と介護の連携など専門医だけでは解決できない問題が今後ますます顕在化してきます。minorityのケア、健康格差の問題、社会的孤立なども都市部でこそ、より顕著に現れる問題だと私たちは考えております。都市部における家庭医のあり方や必要な技術についてはまだ明示されたものはありません。しかし、家庭医療科では「大都市型の家庭医療」を志向し、都市型家庭医のコンピテンシーを明示していきたいと思っております。大都市部での家庭医療を学びたいと考える方、そしてそれを一緒に創り上げていきたい熱意のある方、ぜひ一度見学にお越しください。お待ちしております!