整形外科

当財団の整形外科について

運動器の機能回復、機能再建、機能維持をおこない、加齢に伴う変形性関節症などの関節障害、脊椎疾患(脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア等)、上肢・下肢の末梢神経障害、関節リウマチ、骨粗鬆症、スポーツ外傷、労災・交通外傷や骨軟部腫瘍にも対応し、年齢も高齢者から小児まで幅広い年齢層を対象としております。

募集要項
(整形外科医師)

勤務地 河北総合病院
雇用形態 常勤
業務内容 外来・病棟・手術
給与 財団規定による
賞与 年間2回(6月・12月)
勤務日数 週5.0日(週4.5日以下応相談)(4週8休制)
年間休日115日(休日109日+夏季休暇6日)
研究日(週1日)
学会出張 学会参加補助あり(学会・出張費規定により支給)
勤務時間 09:00~17:30(実働7.5時間、休憩60分)
当直 あり(月1~3回程度)
募集人数 2名
その他 交通費一部負担
休日・休暇、待遇・福利厚生等はこちら

見学・および応募申込みについて

職場見学 随時募集中
見学・応募申込み 見学申込みやご質問および応募方法についてはこちらからご連絡ください

施設見学会についてはこちら

お問い合わせはこちら

応募申込みフォームはこちら

所属長からのメッセージ

河北総合病院 整形外科主任部長
鎌田 孝一
東海大学卒業
<専門>肩関節外科、肘関節外科、スポーツ障害
当院は杉並区の阿佐ヶ谷駅徒歩5分に位置し、病床数407床の地域支援病院かつ救急拠点病院であり、整形外科の一般予約外来や救急外来は杉並区のみならず、中野区、練馬区、世田谷区、新宿区、武蔵野市などからも多くの患者さんにご来院いただいています。そのため、手術件数も手術室内でおこなったものに限っていても、2018年度は936件、2019年度は1018件と年々増加しています。手術の内容も高齢者の大腿骨近位部骨折や橈骨遠位端骨折などの外傷のみならず、関節鏡視下バンカート病変修復術や前十字靭帯再建術などのスポーツ障害、人工関節置換術などの変性疾患の手術も多くおこなわれています。
現在、常勤医6名(整形外科専門医4名)の体制でおこなっていますが、チームの一員として一緒に頑張ってくれる仲間を募集します。随時お問い合わせ・見学を受け付けており、勤務形態・待遇等に関してはフレキシブルに相談可能です。最寄りの阿佐ヶ谷駅までは東京駅から23分、新宿駅から8分と、通勤も便利です。また、症例数は非常に多いですが、比較的ご自身の時間を確保しやすい職場です。外傷手術や四肢関節鏡手術をたくさん経験し学びたい熱意のある若者から、Subspecialityをお持ちの指導医レベルであるベテラン医師まで、私たちのチームと一緒に成長できる方からのご連絡をお待ちしています。
よろしくお願いいたします。