【医師監修】オンライン処方ピルのおすすめクリニック11選!ピルの種類やクリニックの選び方を徹底解説します 

アイキャッチ

※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

オンライン処方ピルを利用したいけど、どこのクリニックが良いか分からない・・・

オンラインでのピル処方はコロナ禍で合法化され、その後さまざまに普及しています。

サービスによっては24時間受付中のところも多数あるので、深夜でも日中であっても自分の好きな時間帯に受けることが可能です!

当記事では、オンラインピル処方ができるおすすめのクリニック11選を紹介します。

さらに、クリニックの選び方や使用時の注意点なども解説するので、オンラインピル処方の利用を考えている方は是非ご覧下さい。

忙しい人向け!この記事のまとめ
  • オンライン処方は対面診療と大きく違いなく、非常におすすめ
  • ピルをの服用には副作用に注意する
  • 当サイトおすすめのオンライン処方ピルサービスは初月無料の「メデリピル
メデリピルのバナー

\初月無料プランあり&顔出しナシで相談OK!/

→メデリピルの公式サイトへ

(↑タップするとページ下部へ飛びます↑)

オンライン処方における注意

①個人輸入・通販など、医師の処方を介さずピルを入手するのは絶対にやめましょう。

②オンライン診療が困難なことがあります。その場合、医療機関での受診を行いましょう。

③オンライン診療はピル処方のみです。定期的な乳がん・子宮がん検診は、必ず来院診察を利用しましょう

※参考:一般財団法人 日本健診財団「低用量ピルのオンライン診療」

\編集部おすすめのクリニック5選!/

スクロールできます
クリニック\とくにおすすめ!/

メデリピル


スマルナ


クリニックフォア
Oops WOMBのロゴ
Oops WOMB


マイピルオンライン
特徴診療満足度98%(*3)
初月ピル代&診療代無料
土日も診療OK
最短翌日お届け
アプリダウンロード数
累計100万突破(*5)
365日いつでも無料で相談
治療実績
100万件以上の医師が在籍(*4)
毎月の利用者5.8万人以上(※6)
LINEで診療予約が可能
最短当日発送
最短翌日お届け
23区なら最短当日配達も可
初月費用(*1)550円4,480円4,983円2,750円5,049円
ピルの料金(*2)初月ピル代:0円
定期プラン:2,141円
(送料を含む)
通常価格:2,980円定期配送:2,783円
通常価格(2ヶ月):3,278円
低用量ピル:2,750円
超低用量ピル:4,950円

定期プラン:総額25,997円
(1シートあたり1,961円)
通常価格:2,849円
配送料550円0円550円500円550円
初診料0円1,500円1,650円0円1,650円
取扱
ピルの種類
低用量ピル
超低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
超低用量ピル
アフターピル
低用量ピル
超低用量ピル
中用量ピル
低用量ピル
アフターピル
生理移動ピル
営業時間24時間予約OK9:30~18:30
(土曜日は午前中のみ)
9:30~20:30
(オンライン診療時間
7:00~24:00)
10:00~22:0024時間予約OK
土日対応あり
診察方法電話
ビデオツール
ビデオツール
チャット
ビデオツールビデオツール電話
詳細詳細はコチラ
公式サイトへ
詳細はコチラ
公式サイトへ
詳細はコチラ
公式サイトへ
詳細はコチラ
公式サイトへ
詳細はコチラ
公式サイトへ
*1サービス内での最安価格を表示しています。コースにより、価格が異なる場合がございます。*2お申込内容などにより、料金は変動する可能性はございます*3診療満足度アンケート/自社mederiPill先行会員様438名2021/6/12~8/13*42020年4月~8月当院のオンライン診療実績。お薬の発送実績を含む*5App Store調べ 2023年4月※価格はすべて税込です。※62022年7月の診療実績
監修医師の本人画像

監修医師情報

日本産婦人科学会所属

内田 里香子 医師

北海道大学大阪大学大学院卒業。

市民病院、市中病院で産婦人科医師として経験を積む。

現在は医療法人霜星会りかこレディースクリニックの院長として産婦人科診療に携る。

※本記事内はPRを含みますが、法務省消費者庁国民生活センター厚生労働省の発信する情報を基に、美と健康ポータル編集部がコンテンツ制作ポリシーに則り独自で作成しています。

目次

オンライン処方ピルのおすすめクリニック11選

おすすめのピルオンラインクリニックをまとめた画像

オンラインでピル処方ができるおすすめクリニック&サービスを11つ紹介します。

\24時間受付可能なサービス多数!/

スクロールできます
サービス名初月費用(*1)ピルの料金(*2)配送料初診料取り扱い
ピルの種類
営業区域営業時間診察法支払い方法
メデリピル

公式サイトへ
詳細はこちら
550円
おまとめ
プランは0円
初月ピル代:0円
おまとめプラン
1シート:1,963円
定期便プラン:2,141円

(送料を含む)
550円0円低用量ピル
超低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
全国24時間予約OK電話
ビデオツール
クレジットカード
コンビニ払い
銀行振込
口座振替による後払い
スマルナ
スマルナのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
4,480円通常価格:2,980円0円1,500円低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
全国9:30~18:30
(土曜日は午前中のみ)
ビデオツール
チャット
クレジットカード
後払い
クリニックフォア
クリニックフォアのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
4,983円【低用量ピル】
定期配送:2,783円
通常価格(2ヶ月分):
2,738円
【超低用量ピル】
定期配送:6,077円
通常価格:3,038円
550円1,650円低用量ピル
超低用量ピル
アフターピル
全国9:30〜20:30
(オンライン診療時間
7:00~24:00)
ビデオツールクレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
郵便局支払い
LINE Pay
Amazon Pay
GMO後払い
代引
Oops WOMB
Oops WOMBのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
2,750円低用量ピル:2,750円
超低用量ピル:4,950円

1年ごとおまとめ定期プラン:
総額25,997円

(1,967円/1シートあたり)
500円0円低用量ピル
超低用量ピル

中用量ピル
全国10:00~22:00ビデオツールクレジットカード
Amazon Pay
GMO後払い
マイピルオンライン
マイピルオンラインのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
5,049円通常価格:2,849円550円1,650円低用量ピル
アフターピル
生理移動ピル
全国24時間予約OK
土日対応あり
電話クレジットカード
銀行振込
後払い
エニピル
エニピルのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
5,133円12ヶ月一括配送プラン:
月々2,563円換算
1ヶ月単位プラン:

3,278円
370円2,200円低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
全国10:00〜24:00電話
ビデオツール
クレジットカード
NP後払い
*1サービス内での最安価格を表示しています。コースにより、価格が異なる場合がございます。
*2お申込内容などにより、料金は変動する可能性はございます
※価格はすべて税込です。

メデリピル|【初月は送料のみで始められる】

メデリピルの評価チャートl画像
メデリピルの特徴
  • 初月は送料550円だけで利用可能
  • ピル代を1か月2,000円未満で抑えることができる
  • 診療満足度98%※1
  • 予約から診療までLINEで完結

メデリピルは初月が送料550円のみで始められ、すでに他でピルを利用している方にもおすすめです。

初月0円のピル代に加え、診療代はいつでも無料になります。2か月目以降のピル代もお得なまとめプランに変更可能で、1年間続けるとピル代がさらに10%OFFとなり、費用をできるだけ安く抑えたい方にもおすすめのサービスです。

また、今だけメデリピル2周年記念キャンペーンとして12シートおまとめ購入でピル代1シートあたり1,963円(税込)の価格で購入することができます。※(総額23,556円(税込)/初月ピル代無料分を含む)

ピルの服用を検討中の方は今から始めると通常よりも費用を抑えるkとができるのでおすすめです。

現在、ピルのオンライン処方サービスが多数存在していますがその中でも特に利用者数も多く、ピルの処方数は12万件になります。(1診療満足度アンケート/自社mederiPill先行会員様438名2021/6/12~8/13)

さらに『10代~30代が選ぶ安心して利用できるオンライン処方サービスNo.1』※3『サポートが充実しているオンラインピル処方サービスNo.1』※4『オンラインピル処方サービス支持率No.1』※5の3冠を2年連続で受賞しています。

メデリピルは多くの方から支持されているサービスでもあり、費用面でも始めやすいことからピルの服用を考えている方はまずメデリピルがおすすめです。

\初月無料プランあり&顔出しナシで相談OK!/

→メデリピルの公式サイトへ

メデリピルの基本情報
初月0円
低用量ピル12シートおまとめプラン:1,963円/月
6シートおまとめプラン:2,970円/月
3シートおまとめプラン:3,153円/月
診察代:無料
送料:無料

初診料:無料
超低用量ピルフリウェルULD:4,180円/月
ルナベルULD:6,980円/月
ドロエチ:4,580円/月
ヤーズ:8,880円/月
ヤーズフレックス:9,980円/月
診察代:無料
送料:550円

初月無料対象外
中用量ピルプラノバール
7錠:1,980円
14錠:1,650円
21錠:5,940円
診察代:処方の有無に関わらず1,650円
送料:無料

初月無料対象外
アフターピルノルレボ錠:11,000円
レボノルゲストレル錠:9,900円
診察代:1,650円
送料:無料

初月無料対象外
配送料550円
初診料0円
公式サイトメデリピルの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です
注釈概要

※1診療満足度アンケート/自社mederiPill先行会員様438名2021/6/12~8/13
※2低用量ピルのみ対象/送料は別途550円
※3「10〜30代が選ぶ安心して利用できるオンラインピル処方サービス No.1」 10〜30代の女性 111,068名

※4.5「そのほかのキャッチフレーズ」 20〜50代の女性 122,670〜122,865名
※3.4.5 調査方法:インターネット調査 調査機関:2023年8月4日~7日 調査概要:オンライン処方サービスを提供している10社を対象にしたサイトイメージ調査 
実施委託先:株式会社JCマーケティング

スマルナ|【医療機関と患者さんをつなぐプラットフォーム】

スマルナの評価チャート画像
スマルナの特徴
  • 提携医療機関と患者さんをつなぐプラットフォーム
  • アプリダウンロード数累計100万突破(※App Store調べ 2023年4月)

スマルナ自体は医療機関ではなく、医療機関と患者さんをつなぐプラットフォームです。

WEBやアプリから24時間365日診察と相談のリクエストを無料で受け付けています。

また、スマルナは、『産婦人科医がすすめるオンラインピル処方サービス※1』と『20代~40代女性が選ぶ便利だと思うピル処方サービス※2』で好成績を収めています。

定期便では、プランによって通常の料金よりも安くなる場合があり、お得にピルを購入できます。

早ければ翌日にピルが届くので、服用を急いでいる方にもおすすめです。

※1 日本コンシューマーリサーチ調べ 2021年11月期ブランド名イメージ調査
※2 日本コンシューマーリサーチ調べ 2021年10月期ブランド名イメージ調査

\ チャット形式でもやり取りできる! /

→スマルナの公式サイトへ

スマルナの基本情報
ピルの料金通常価格:2,980円
配送料0円
初診料1,500円
取り扱いピルの種類・低用量ピル
・中用量ピル
・アフターピル
営業区域全国
営業時間医師によって異なる
診察方法ビデオツール・チャット
支払い方法クレジットカード・後払い
公式サイトスマルナの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です

クリニックフォア| 【最短当日発送可能!

クリニックフォアのバナー
クリニックフォア公式サイト
※画像はイメージです。
クリニックフォアの評価チャート画像
※註釈

※発送時期は診療や決済時間により異なります。
※1 : 標準的な月額費用。
※2 : 原則当日診療で15時までに決済完了した方が対象ですが、診療時間やお届けエリアによっては対象外となります。
※3 : 2020年4月〜2022年8月当院のオンライン診療実績(お薬の発送実績を含む)
※4 : 2022年7月の診療実績。
※5 : 2021年1月〜2021年11月に当院のオンライン診療を受診された患者様へのアンケート結果。

クリニックフォアの特徴
  • 治療実績100万件以上の医師が在籍(※2020年4月~8月当院のオンライン診療実績。お薬の発送実績を含む)
  • 早ければ当日発送も可能(※診療や決済時間により異なります)
  • LINEで生理と服薬の管理をサポート
  • オンライン診療の満足度95%以上(※2021年1月~2021年11月にクリニックフォアのオンライン診療を受診した人へのアンケート結果)
  • これからも続けたい人95%以上(※2021年1月~2022年1月にクリニックフォアのオンライン診療を受診した人へのアンケート結果)

クリニックフォアは、100万件以上の診療実績をもとに診察を行なっています。(※2020年4月~8月当院のオンライン診療実績。お薬の発送実績を含む)

保険診療も行う医師が一人ひとりの悩みに寄り添った丁寧な診察をし、早ければ当日発送で翌日にはご自宅のポストに投函することが可能です。(※原則当日診療で15時までに決済完了した方が対象。なお、診療時間やお届けエリアによっては対象外)

また、発送時はプライバシーを保護するため荷物の表示にも配慮してくれます。アフターフォローも充実しているので、LINEで生理と服薬の管理も可能です。

\ お得に受診したい方に!/

→クリニックフォアの公式サイトへ

クリニックフォアの基本情報
ピルの料金【低用量ピル】
定期配送:2,783円
通常価格(2ヶ月分):3,278円
【超低用量ピル】
フリウェル
定期配送:6,077円
通常価格:3,038円
配送料550円
初診料1,650円
取り扱いピルの種類・低用量ピル(マーベロン、ラベルフィーユ、ファボワール、トリキュラー、アンジュ)
・超低用量ピル
・アフターピル(フリウェル・ドルエチ)
営業区域都内を中心に全国
営業時間来院診療時間:9:30〜20:30
オンライン診療時間 7:00~24:00
※診療時間は、土日祝日をはじめ日によって異なる場合がございます
診察方法・スマホで診察(診療、診断)
・タブレットで診察(診療、診断)
・カメラ付きPCで診察(診療、診断)
支払い方法クレジットカード・コンビニ支払い・銀行振込
郵便局支払い・LINE Pay・Amazon Pay
GMO後払い・代引き
公式サイトクリニックフォアの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です
※低用量ピルのオンライン処方は自由診療で、保険は適用されません。

Oops WOMB|【LINEで診療予約が可能】

Oops WOMBの公式サイト画像
Oops WOMB公式サイト
Oops WOMBの特徴
  • 子宮頸がん検診が実質無料で受けられる
  • LINEで診療予約が可能
  • 3種類のピルを取扱っている

Oops WOMBでは超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピルの3種類を取り扱っており、LINEから診療予約が可能なので忙しい方でもスキマ時間に行えます。

またOops WOMBでの患者は、子宮頸がん検診を実質無料で受けることができます。

OopsユーザーにLINEで検診の案内が届き、提携クリニックで検診を受けることが可能です。

検診代が4,000円になり、検診後4,000円分のポイントが還元されます。

子宮頸がんは20代~30代の方にも多く見つかっている病気で、定期的に検診を受けることが大切になってきます。

\子宮頸がん検診の受診が可能!/

→Oops WOMB公式サイト

Oops WOMBの基本情報
ピルの料金1年ごとおまとめ定期プラン:総額25,997円
(1シートあたり1,961円)
1ヶ月ごと発送プラン:2,750円
3ヶ月ごと発送プラン:8,085円
6ヶ月ごと発送プラン:15,510円
配送料500円
初診料0円
取り扱いピルの種類・超低用量ピル
・低用量ピル
・中用量ピル
営業区域全国
営業時間10:00〜22:00
診察方法ビデオツール
支払い方法・クレジットカード
・Amazon Pay
・GMO後払い(別途手数料330円)
公式サイトOops WOMBの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です

エニピル|【24時まで診療してもらえる】

エニピルの評価チャート画像
エニピルの特徴
  • 提携医療機関と患者さんをつなぐプラットフォーム
  • 事前予約不要&土日祝日も24時まで診察可能
  • アフターピルを即日配送

エニピルも、それ自体が医療機関ではなく、提携医療機関と患者さんをつなぐプラットフォームです。

事前予約が不要なので、スキマ時間に問診を済ませその30分以内に医師の診察を受けることができます。

また、エニピルが処方する低用量ピルは、少しでも費用を抑えたい方におすすめできます。

土日祝日関係なく年中無休で24時まで診察可能なので、仕事が忙しく帰りが遅い方でも問題なく診療を受けることができます。

緊急でアフターピルを服用しなければいけなくなってしまった場合でも、15時までの処方で優先的に即日配達してもらうことが可能なのでおすすめです。

らに今だけ服用経験3か月以上の方限定で、1年間ごとのおまとめ定期プランを設けています。通常、低用量ピルが1シート2,200円のところを今なら、1,961円でお求めが可能です。(別途送料が500円発生します)

診療予約は、24時間いつでもOKなので財布にやさしくピル処方を続けたい方はOopsWOMBがおすすめです。

\ 年中無休で24時まで診察可能! /

→エニピルの公式サイトへ

エニピルの基本情報
ピルの料金12ヶ月一括配送プラン:月々2,563円換算
1ヶ月単位プラン:3,278円
配送料370円
初診料2,200円
取り扱いピルの種類・低用量ピル
・中用量ピル
・アフターピル
営業区域全国
営業時間10:00〜24:00
診察方法電話・ビデオツール
支払い方法クレジットカード
NP後払い
公式サイトエニピルの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です

マイピルオンライン|【学生価格あり】

マイピルオンラインのバナー
マイピルオンライン公式サイト
マイピルオンラインの評価チャート画像
マイピルオンラインの特徴
  • 早ければ翌日にポストイン
  • 東京都23区なら当日配達も
  • 女性専門医が在籍
  • 24時間予約受付

マイピルオンラインはLINEチャット・WEBで24時間予約を受け付けています。

ピルに特化したオンライン診療で、提携クリニックの産婦人科医師が診察を行います。

直接電話で診療するため、どんなに小さな疑問や不安でも、不安でも、知識や経験をもとに対応してもらえるのも利点です。

また、マイピルオンラインでは、処方された薬の副作用を確認するため自宅で実施できる血液検査キットの取り扱いを行なっています。

副作用の確認のほかにも、生活習慣病検査項目を調べることもできるので、不安のある方はマイピルオンラインでの診察がおすすめです。

\東京都23区なら当日配達!/

→マイピルオンラインの公式サイトへ

マイピルオンラインの基本情報
ピルの料金通常価格:2,849円
配送料550円
初診料1,650円
取り扱いピルの種類・低用量ピル
・アフターピル
・生理移動ピル
営業区域全国
営業時間24時間予約OK
土日対応あり
診察方法電話
支払い方法クレジットカード
銀行振込・後払い
公式サイトマイピルオンラインの公式サイト
※表示価格は全て税込価格です

デイジークリニック|【アフターフォローが充実している】

デイジークリニックの評価チャート画像
デイジークリニックの特徴
  • アプリのダウンロードや会員登録不要
  • 国内正規品の「マーベロン」「トリキュラー」を取り扱っている

デイジークリニックは美容皮膚科のクリニックですが、ピルの処方も行なっています。

取り扱いピルは国内正規品の「マーベロン」と「トリキュラー」の2種類です。

他のクリニックと比べると取り扱いピルが多いわけではないですが、低用量ピルの服用のみをお考えの方は不便なことはありません。

元々別の診療でデイジークリニックに通っていた方は特に、デイジークリニックで処方してもらえる方が安心して利用できる方もいるでしょう。

また、デイジークリニックは初診料・配送料ともに無料で利用できるので費用を抑えたい方にもおすすめです。

\ アプリのダウンロードや会員登録不要 /

→デイジークリニックの公式サイトへ

デイジークリニックの基本情報
ピルの料金3,850円
配送料0円
初診料0円
取り扱いピルの種類低用量ピル
営業区域全国
営業時間10:00〜18:00
診察方法LINEビデオ通話
支払い方法クレジットカード・銀行振込・QRコード決済
公式サイトデイジークリニックの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です

ケイ・レディースクリニック|【ホームページから医師にメール相談も可能】

ケイ・レディースクリニックの公式サイト画像
ケイ・レディースクリニック公式サイト
ケイ・レディースクリニックの評価チャート画像 
ケイ・レディースクリニックの特徴
  • ホームページから医師にメール相談が可能
  • ピルの取扱数充実(※トリキュラー・マーベロン)

ケイ・レディースクリニックではクリニックのホームページから医師にメール相談をすることができます。

ピルの処方をしてもらう前に相談したいことがある人は、是非相談してみると良いでしょう。

また、ケイ・レディースクリニックは対面でもオンラインでもどちらでも受診できます。

実際に通院できるクリニックで、オンライン診療を受ける方が安心できるという方にもおすすめです。

ただ、日にちによって担当医が変わってくるので、毎日営業時間が変わることを把握しておく必要があります。

\ホームページから医師にメール相談も/

→ケイ・レディースクリニックの公式サイ

ケイ・レディースクリニックの基本情報
ピルの料金低用量ピル(1シート28日分)3,300円
モーニングアフターピル 9,900円
配送料即日配達料金 5,500円(税込)
(税抜き価格で15,000円以上の場合は送料無料)
初診料1000円
取り扱いピルの種類・低用量ピル
・アフターピル
営業区域全国
営業時間10:00~12:00
14:30~18:30
診察方法ビデオチャットツール
支払い方法クレジットカード
コンビニ払い
デビットカード
プリペイドカード(対応ブランドであれば可)
公式サイトケイ・レディースクリニック公式サイト
※表示価格は全て税込価格です

Pills U|【ライフスタイルに合わせたピルを処方】

Plls Uのバナー
PillsU公式サイト
PillsUの評価チャート画像
Pills Uの特徴
  • 定期便は送料無料で早ければ翌日に到着
  • 会員登録・アプリのダウンロード不要

Pills Uは、美容整形クリニックであるルサンクリニックが運営するオンラインピル処方サービスです。

取り扱いピルの種類も複数あり、超低用量・低用量・中用量・アフターピルの4種類の処方が可能です。

また、Pills Uでは無料で診察を受けられるなどのアフターフォローが充実しています。

ピルの継続的な服用を行う際は定期的に診察を受ける必要があるため、Pills Uでは定期便を購入されている方には更新時に医師の診察を無料で受けられます。

そのため、継続的に飲み続けたい方はPills Uの定期便がおすすめです。

\会員登録・アプリのダウンロード不要/

Pills Uの公式サイトへ

Pills Uの基本情報
ピルの料金定期便価格:月々2,673円
通常価格:2,970円
配送料定期便:無料
単品購入:550円
初診料1,650円
取り扱いピルの種類・超低用量ピル
・低用量ピル
・中用量ピル
営業区域全国
営業時間9:00~22:00
診察方法ビデオ通話
支払い方法定期便:クレジットカード
単品購入:クレジットカード・コンビニ後払い
公式サイトPills Uの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です

イースト駅前クリニック|【オンラインでも対面でも診察可能】

イースト駅前クリニックの公式サイト画像
イースト駅前クリニック公式サイト
イースト駅前クリニックの評価チャート画像
イースト駅前クリニックの特徴
  • 事前予約不要
  • 未成年(16歳以上)の診察も可能

イースト駅前クリニックは予約が不要です。

そのため、空き時間の目途が立たない人や忙しい人には特におすすめのクリニックです。

時間が空き次第、その場で問診を記入しクリニックから電話がかかってくるのを待ちましょう。

また、イースト駅前クリニックでオンライン診察を受ける場合は専用の公式アプリを用いて行います。

アプリ内で薬の配送状況や診察履歴などもチェックすることができるので活用的です。

特にアプリ1つに情報をまとめておきたい方はイースト駅前クリニックのオンライン処方がおすすめです。

\公式アプリから診察可能!/

→イースト駅前クリニックの公式サイトへ

イースト駅前クリニックの基本情報
ピルの料金3,000円
配送料1万円以上で送料手数料無料
初診料無料
取り扱いピルの種類・低用量ピル
・アフターピル
・生理日移動ピル
営業区域全国
営業時間10:00~19:00
(店舗・曜日によって異なる)
診察方法アプリを用いたビデオ通話
支払い方法クレジットカード
代引き引換
公式サイトイースト駅前クリニックの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です

IZUMIレディースクリニック|【ルナルナのオンライン診療サービスを採用】

IZUMIレディースクリニックの公式サイト画像
IZUMIレディースクリニック公式サイト
IZUMIレディースクリニックの評価画像チャート
IZUMIレディースクリニックの特徴
  • 完全予約制
  • ルナルナオンラインと提携済みクリニック

IZUMIレディースクリニックではルナルナオンライン診療を通して、診察を受けることができます。

ルナルナでは記録されているデータを活用することで、スムーズな診察を受けることが可能です。

生理日・基礎体温・ピルの服用状況なども記録でき、連携先の産婦人科でも閲覧できるため安心です。

また、IZUMIレディースクリニックは完全予約制のため、待ち時間がなくスムーズに診察を受けられます。

家事や仕事の合間に効率的に診察を受けられるため、忙しく来院できない方にもおすすめです。

15分刻みで細かく予約できるため、他の予定も柔軟に決めることができます。

\ルナルナオンライン診療と提携/

→IZUMIレディースクリニックの公式サイトへ

IZUMIレディースクリニックの基本情報
ピルの料金1シート:3,216円
2シート:5,516円
(初回診察時価格)
配送料256円
初診料660円(ピルの処方代に含まれる)
取り扱いピルの種類・低用量ピル
営業区域全国
営業時間9:45~13:00
14:45~18:30
診察方法ビデオ通話
支払い方法クレジットカード
公式サイトIZUMIレディースクリニックの公式サイトへ
※表示価格は全て税込価格です

ピルはオンライン処方がおすすめ!来院との違いは?

オンラインピルがおすすめの理由をまとめた画像

ピルはスキマ時間や場所を選ばず診療できる、オンライン処方が非常におすすめです。

ピルのオンライン診療は、対面診察と大きな違いはありません。

土日や平日夜20時以降でも診察でき、最短で即日ピル受け取りができます。

内田医師

ただ、オンライン診療を行なっていてもエリアが限られている場合もあるので事前にチェックしておきましょう。

内容としては、対面診療でも行われる事前問診・専門医師による診療がスマホ上で行われています。

↓診療のイメージ↓

オンライン処方は危険?現在は合法化されている

もちろん対面診療との組み合わせの上ですが、現在オンライン診療は合法化されています。

逆に、個人輸入や通販サイトで購入できるピルは「薬監証明」が得られていない・破損している・偽物である、などの可能性があり極めて危険性が高いものになります。

さらに海外輸入品や個人輸入品の場合は同じ名前の薬品名だったとしても、日本国内で製造されているピルに比べて、ホルモン量などの成分量に違いがある場合があります。

日本製であったとしても、少なからずピルには副作用のリスクが伴いますが、輸入品のピルは更に吐き気や不正出血などといったリスクを高めます。

また自己判断でピルの服用をすることも、危険性の高い行為です。海外輸入品のピルはネット通販で販売しており、低価格で販売されているため、安さに惹かれて購入してしまわないように注意しましょう。

対してオンライン処方は医師による診察・副作用のフォローが受けられることから、個人輸入よりもより活用してほしいものです。

オンライン診療の初診に対する基本的な考え方

オンライン診療においては、患者の状態について医師が得られる情報が対面診療に比べ限定的であるため、主に診断等の判断が必要となる初診は対面診療が原則である。
ただし、オンライン診療を用いて得られた患者の心身の状態に関する情報のみであっても、診断や治療方針の決定が可能であり、かつリスクが極めて低い場合においては、例外として対面診療を組み合わせないこと(初診からのオンライン診療)を可能としている

引用元:厚生労働省「オンライン診療で緊急避妊を行う場合の要件等について」

当サイトの
オンライン診療に対する独自見解

基本的に医療診療は、すべて対面診療が望ましいと考えられています。

ピルは喫煙歴や飲み合わせる薬によってリスクがある場合もあり、慎重になるべき点があるのも事実です。

しかしピルを服用することにより、「PMSが改善された」「生理痛が改善された」など、女性のQOLを大きく高める効果が多くあります。

「安さ」だけに気を取られ個人輸入や通販に頼るよりも、非常におすすめです。

オンライン処方と対面診療での料金の違いはほぼない

オンライン処方では、薬代や診療代のほか、送料がかかります。

ただ、すべて込々で約4,000円程度が相場です。料金も対面診療とも大きく変わりありません。対面だと安くなるということでもないので、その点は安心してよいでしょう。

内田医師

薬以外の費用も含めて、総額でいくらかかるかを比較検討してください。

診療オンライン診療来院診療
料金診察料+薬代+送料診察料+薬代+交通費
診察
方法
医師によるビデオ通話医師による対面診察
時間スキマ時間に診察できる待ち時間・通院時間を要する
薬の
受取
即日配達で早ければ
翌日に受け取り
当日受け取り可能

オンライン処方されるピルの種類別効果と料金について

オンライン処方ピルには種類があるの?

ピルには、超低用量ピル・低用量ピル・中用量ピル・アフターピルの4種類があります。

診察では、個々の症状に合った種類のものが処方されます。

ピル自体の価格は種類によって異なります。

ピルの種類別 用途と相場
超低用量ピル【用途】
月経困難症
子宮内膜症の治療
【相場】
10,000円
低用量ピル【用途】
避妊
生理痛の緩和
月経前症候群の改善
ニキビ・肌荒れ改善
【相場】
2,000円~3,000円
中用量ピル【用途】
避妊
生理日の移動
【相場】
3,000円~5,000円
アフターピル【用途】
緊急時の避妊
【相場】
5,000円~15,000円
※相場は全て月額価格です
内田医師

超低用量ピルが月経困難症や子宮内膜症の治療に用いられるのに対して、低用量ピルには避妊や肌荒れの改善といった効果が期待できます。

生理痛緩和として一番利用される低用量ピルが一番安く、3,000円程度です。

また、治療目的ではなく避妊薬として用いる場合は、保険が適用できないため注意しましょう。

そして月経日をずらしたい時など、より高い効果を希望する場合は中用量ピルを取り扱っているサービスをチェックする必要があります。

オンライン処方されるピルには、超低用量・低用量・中用量・アフターピルのいくつかの種類があります。

また、それぞれに違った効果があるためピルの服用を考えている方は一度確認しておきましょう。

超低用量ピル|月経困難症に効果が期待できる

ルナベル配合錠ULDの画像
日本新薬公式サイト

超低用量ピルは低用量ピルよりもエストロゲン(卵胞ホルモン)の配合量が少ない(30μg以下)薬です。

主に月経困難症PMS子宮内膜症の治療にも使用されており、保険が適用されます。

ただし、避妊を目的とした使用は認められていないため注意しましょう。

このホルモンの配合量が多ければ多いほど副作用のリスクが高まりますが、超低用量ピルは配合量が少ないため副作用のリスクが他より低いです。

内田医師

配合されているホルモンの量が他に比べ少ないため、吐き気や下痢などの副作用が表われにくいことが特徴です。

超低用量ピルの種類

低用量ピル|生理痛の軽減・避妊に効果が期待できる

低用量ピルは黄体ホルモンとエストロゲンの2種類を配合した薬です。

ここでのエストロゲン含有量は50μg以下で、主に生理痛の軽減・PMSの改善・避妊薬として用いられています。

内田医師

飲み忘れがなければ99%以上の避妊効果があり、コンドームや緊急避妊薬よりも高い効果が期待できます。

ただ、超低用量ピルと比較すると副作用を引き起こすリスクが高まるので服用を検討している方は注意しましょう。

関連サイト:低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン

中用量ピル|月経のコントロールに効果が期待できる

中用量ピルは低用量ピルよりも多くのホルモン量(50μg)が配合されていることが特徴の薬です。

イベントごとなどで月経が重なるのを避けたい際に、生理日をコントロールする効果が期待できます。

内田医師

中用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。低用量ピルよりもホルモン量が多くなっています。

中用量ピルは長期的に服用するというよりは、一時的な服用になることが多いでしょう。

また、現在日本国内で承認されている中用量ピルはプラノバールのみです。

効果が低用量ピルよりも表われやすいことから、その分副作用を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

期間・服用方法は医師の指導のもと、徹底して行いましょう。

中用量ピルの種類

アフターピル|緊急避妊薬としての効果が期待できる

アフターピルは避妊に失敗した際などに緊急避妊薬として服用する薬です。

性行為の24時間以内に服用すると95%以上の確率で避妊を防ぐ効果が期待できます。

内田医師

基本的に72時間以内に服用すると良いとされていますが、服用が早ければ早いほど効果を期待できます。

また、日本で唯一承認されている緊急避妊薬がレボノルゲストレルノルレボです。

望まない妊娠を防ぐためにも、避妊に失敗した際はアフターピルを服用しましょう。

参考サイト:日本産婦人科学会「緊急避妊法の適正使用に関する指針(平成28年度改訂版)」

アフターピルの種類

オンラインでの処方と対面での処方はどっちが安い?

ピルの処方において、オンライン診療と対面診療でどちらかの方が安いという断言は難しいです。

まず、ピルの価格自体はオンラインでも対面でも変わりはありません。

ただオンラインの場合だと、クリニックによってピルに割引が適用されることがあるため、対面よりもオンライン処方の方が安い場合があります。

オンライン
対面
初診料
クリニックによっては0円1,500円~2,500円
薬代
超低用量ピル
約2,500円~3,500円
月経移動ピル
約2,980円~5,500円
アフターピル
約1万円~1万5千円
超低用量ピル
約2,500円~3,500円
月経移動ピル
約2,980円~5,500円
アフターピル
約1万円~2万円
その他で発生する追加料金
送料(550円前後)交通費

また通常は対面診察の場合、処方に伴って検査が行なわれることもあるため、検査代も別途でかかります。

ただ対面診察の場合、症状などによっては保険が適用されることもあるため一概に高いといえるわけでもありません。

オンラインでの処方は基本的に自由診療となるため、保険適用外となってしまいますが、ピルの処方だけを希望されている方はオンライン処方の方が安く受けられる可能性があります。

出来るだけ費用を安く抑えたいという方は、初診料が無料でピルの処方を受けられるメデリピルがおすすめです。

オンライン処方ピルのクリニック選びで失敗しないための4つのポイント

オンライン処方ピルのクリニック選びで失敗しない為のポイントまとめ画像

オンラインクリニックを選ぶ際は以下の4つのポイントに注意して選びましょう。

ピルのオンライン処方を希望の方は是非チェックしておきましょう。

治療目的で選ぶ

治療目的をまとめた画像

目的に合わせたピルを取り扱っているのかをチェックして、クリニックを選ぶようにしましょう。

ピルには様々な種類があり、治療目的によって飲むべきピルの種類が異なります。

内田医師

主に、避妊・生理痛の軽減・生理周期の調整・生理不順の改善・肌荒れ改善を目的とした服用があり、すべてのクリニックがこの目的の治療法に該当しているとは限りません。

そのため、自分が目的とする治療法に合ったピルを処方できるクリニックであるかを確認しておきましょう。

以下は治療目的別に合ったおすすめのピルです。

避妊目的での服用であれば、低用量ピルがおすすめです。

主に使用されているピルはトリキュラー・ラベルフィーユなどになります。

低用量ピルが避妊にもたらす効果

低用量ピルを服用をすると、正常量の女性ホルモンが生成されなくなります。

そのため排卵が起らなくなったり着床しにくくなったりするため、避妊の効果が期待できます。

取り扱っているクリニックが多く、手頃な価格であるため服用し続けやすいピルです。

参考サイト:時事メディカル

継続しやすい料金設定

継続しやすい料金設定をまとめた画像

ピルは飲み続けることで効果を発揮するものも多く、継続できる料金設定であるかは大事なポイントです。

ピル購入の際は以下のような費用がかかります。

ピル購入にあたって必要な費用
  • ピル代
  • 診察料
  • 送料
  • 手数料

オンライン処方では、初診料・再診料・送料などがかかる場合があるため注意が必要です。

クリニックによっては定期便を利用すると安くなる場合もあるため、ピルをお得に継続したい人におすすめです。

さまざまな種類のピルを取り扱っている

ピルの種類をまとめた画像

ピルの種類を多く取り扱っているかがクリニック選びに大事なポイントの1つです。

ピルの種類
  • 低用量ピル
  • 中量用ピル
  • アフターピル
  • 超低用量ピル

取り扱っているピルの種類が充実していると、目的別の治療に対応しやすいです。

内田医師

ピルが合わず副作用が出ることがあるため、服用を中止し他のピルに変えなければいけない場合があります。

ピルが合わないときやピルを飲む目的が変わったときに病院を変えるのは手間なので、最初からピルの種類が豊富なクリニックを選ぶのがおすすめです。

夜間や土日に対応

夜遅くまで対応してくれるか、土日も診療してくれるクリニックであるかチェックしておきましょう。

クリニックによっては連休や年末年始にも対応してくれるところがあります。

特に忙しい人や時間を気にせず自由に利用したい人は事前に確認しておくと良いでしょう。

ピルのオンラインクリニックを利用する際の4つ注意点

ピルのオンラインクリニックを利用する際の注意点をまとめた画像

オンライン処方ピルを利用する上でいくつかの注意点があります。

利用を考えている方はチェックしておきましょう。

通院しなくていいわけではない

ピル処方において通院に関することをまとめた画像

オンラインクリニックでは、ピルの処方はできますが血液検査や体の検査を行うことはできません。

内田医師

特にピルを服用すると血栓症のリスクが高まります。血圧・体重などの情報がないと症状に気付くことが遅くなってしまうことがあります。そのため、定期的な健康診断の結果などを医師に伝えることがおすすめです。

体に異常が生じた場合は病院に行き、今までになかった体調の変化を医師に相談してください。

通院が全く必要ないということではないので、場合によっては通院することになると思っておきましょう。

保険適応外になる場合がある

ピルの保険適用外に関する事項をまとめた画像

ピルが保険適用になる条件は以下の3つです。

保険適用条件
  • 服用の目的が月経困難症・生理痛の治療目的である
  • 処方するピルが保険適用の種類である
  • オンライン診療を行っている病院が保険診療に対応している
内田医師

服用の目的はおおまかに避妊か治療かに分けられ、避妊の場合は対面診療でもオンライン診療でも自費診療になります。

また、避妊薬として販売されているトリキュラーやラベルフィーユなどは保険適用になりません。

さらに、現在オンラインクリニックのほとんどが保険診療に対応していないので、オンラインクリニック=自費診療という認識で良いでしょう。

自費診療のピルしか販売していないか、保険適用のピルも自費診療で販売しているケースが多いです。

保険適用でピルを飲みたい場合は、対面診療で処方してもらうようにしましょう。

診療にはビデオ通話が必要な場合がある

オンライン処方においてビデオ通話が必要な場合があることを述べた画像

オンライン診療の場合、ビデオ通話や音声通話で診察を行うことが多いです。

どのような環境で診察を行うかはクリニックによるため、定期的に診療を受けても負担にならない環境のクリニックを選びましょう。

また、ツールもそれぞれで、zoomやLINE、専用アプリの通話などがあります。

中にはチャットでの診療に対応しているクリニックもあるので、顔を出したくない方は事前に調べておきましょう。

ピルには副作用がある

ピルの副作用をまとめた画像

ピルを服用すると、以下のような副作用が起こる場合があります。

主な副作用症状
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 下痢
  • 血栓症

ホルモンバランスが変化することで、吐き気や頭痛、下痢などの症状を引き起こすことがあります。

内田医師

ただ、これらの症状は3ヶ月以上飲み続けるうちに治る場合が多いです。症状が続く場合はピルが合っていない可能性もあるので医師に相談してください。

また血栓症とは、血管内に塊ができて血管が塞がることで疾患が起こる病気です。

心疾患など重篤な病気につながる場合もあるので、発症したら早めに治療しましょう。

以下の要因がある人は血栓症を発症しやすくなるため、当てはまっていないかチェックしてください。

血栓症が発症しやすい人の特徴
  • 40歳以上である
  • タバコを1日15本以上吸っている
  • BMIが25以上の肥満体型である
  • 高血圧である
  • 腎臓疾患など肝機能障害を持っている

なお、35歳以上でタバコを1日15本以上吸う人はピル処方ができません。

オンライン処方ピルのクリニック診療までの流れ

ピルのオンライン処方の流れをあらわした画像

オンラインでピルを処方してもらうまでの流れは以下のとおりです。

STEP

クリニックのHPやアプリから予約を取る

まずは希望するクリニックのサイトやアプリから予約を取りましょう。

このとき希望しているクリニックが初診からオンライン診療に対応しているかは重要なポイントなので、チェックしてください。

STEP

問診票や個人情報を入力する

予約が取れたら、名前・住所・気になる症状・体の問題などを問診票に入力します。

STEP

希望する日時に診察を受ける

予約した日時になるとクリニックから着信があるので、音声通話やビデオ通話などで診療を受けてください。

STEP

薬の説明などを受けて契約する・診察にかかった料金を支払う

薬の説明や定期便など契約について説明してもらい、納得したら契約をし支払いを行います。

STEP

郵送によって薬を受け取る

医師から処方された薬を郵送か近くの薬局で受け取ります。

薬局で薬を受け取る場合は、郵送かFAXで処方箋を送ってもらってから薬局に行く流れです。

トラブルや不安な点が出てきた場合は、サイトやアプリからコンタクトが取れるので問い合わせをしましょう。

オンライン処方ピルのよくある質問

オンライン処方ピルに関するよくある質問をまとめた画像

オンラインクリニックを安心して使うためにも、疑問や不安は事前に解消しておきましょう。

オンラインピルを安く買う方法はありますか?

ピルを安く買う方法の質問に対する答えをあらわした画像

オンラインピルを安く買うのであれば、ジェネリック医薬品がおすすめです。

ジェネリック医薬品は、新薬の後に販売されるもので、新薬と同じ有効成分や品質を保つ薬です。

医療用医薬品に分類されているため、ドラックストア等では購入できません。

開発費が抑えられている分、新薬に比べて安価に購入できます。

また、費用を抑えたいのであれば、送料や診察料が安いクリニックを選ぶのもおすすめです。

参考サイト:日本ジェネリック製薬協会

オンライン診断で処方されたピルは安全ですか?

ピルの安全性の質問に対する答えを表した画像

オンライン診療で処方されたピルは必ずしも安全とは言い切れません。

特にチャット型の場合、医師ではない人が返信している可能性があるからです。

また厚生労働省では、「オンライン診療はリアルタイムの視覚及び聴覚の情報を含む情報通信手段を採用し、チャットのみによる診療は認められない」としています。

(参考:厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針」

忙しい時や手軽さを追求する場合にチャット診療は便利ですが、安全性を重視するのであればビデオ通話や音声通話による診療を採用しているクリニックを選ぶと良いでしょう。

ピルを飲み忘れた場合はどうしたらいいですか?

体の不調を感じたり不安が残る場合は、医師や医療機関に相談するようにしましょう。

ピルを飲み忘れた場合は、状況によって対応が異なります。

以下の表では、飲み忘れに気付いた日数と対処法をまとめました。

飲み忘れた日数対処法
1日経過していない場合すぐに飲み忘れた分を飲む
1日経過後に気付いた場合前日のと合わせて2錠飲む
2日飲み忘れた場合飲み忘れた分と合わせて2錠飲む
3日以上飲み忘れた場合生理がきてしまうので服用しない

診断後に医師と連絡を取るにはどうしたらいいですか?

診断が終わった後に相談等で医師と連絡を取りたい場合は、利用しているクリニックのサイトやアプリからコンタクトを取りましょう。

その際、診察料がかかる可能性があるので、クリニックの料金体系をチェックしておくことをおすすめします。

オンライン処方ピルのまとめ

忙しい人向け!この記事のまとめ
  • オンライン処方は対面診療と大きく違いなく、非常におすすめ
  • ピルをの服用には副作用に注意する
  • 当サイトおすすめのオンライン処方ピルサービスは「メデリピル
メデリピルのバナー

初月送料のみで利用できる!

→メデリピルの公式サイトへ

オンラインで処方できるピルは、場所を選ばずに手に入れられるので忙しい人や病院に行けない人におすすめです。

オンラインクリニックを選ぶときは、料金だけでなくピルの種類や診療時間にも着目するようにしましょう。

また、ピルを飲むとホルモンバランスが変化するため、副作用が起こる可能性があります。副作用は、多くの場合3ヶ月以上飲み続けることで収まりますが、長引く場合は医師に相談してください。

内田医師

自分の体調や身体の変化に合わせて、医師と相談しながら正しくピルを服用しましょう。

自分に合ったオンラインクリニックを見つけて、目的に合ったピルを手に入れましょう!

\24時間受付可能なクリニック多数!/

スクロールできます
サービス名初月費用(*1)ピルの料金(*2)配送料初診料取り扱い
ピルの種類
営業区域営業時間診察法支払い方法
メデリピル

公式サイトへ
詳細はこちら
550円
おまとめ
プランは0円
初月ピル代:0円
おまとめプラン
1シート:1,963円
定期便プラン:2,141円

(送料を含む)
550円0円低用量ピル
超低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
全国24時間予約OK電話
ビデオツール
クレジットカード
コンビニ払い
銀行振込
口座振替による後払い
スマルナ
スマルナのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
4,480円通常価格:2,980円0円1,500円低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
全国9:30~18:30
(土曜日は午前中のみ)
ビデオツール
チャット
クレジットカード
後払い
クリニックフォア
クリニックフォアのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
4,983円【低用量ピル】
定期配送:2,783円
通常価格(2ヶ月分):
2,738円
【超低用量ピル】
定期配送:6,077円
通常価格:3,038円
550円1,650円低用量ピル
超低用量ピル
アフターピル
全国9:30〜20:30
(オンライン診療時間
7:00~24:00)
ビデオツールクレジットカード
コンビニ支払い
銀行振込
郵便局支払い
LINE Pay
Amazon Pay
GMO後払い
代引
Oops WOMB
Oops WOMBのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
2,750円低用量ピル:2,750円
超低用量ピル:4,950円

1年ごとおまとめ定期プラン:
総額25,997円

(1,967円/1シートあたり)
500円0円低用量ピル
超低用量ピル

中用量ピル
全国10:00~22:00ビデオツールクレジットカード
Amazon Pay
GMO後払い
マイピルオンライン
マイピルオンラインのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
5,049円通常価格:2,849円550円1,650円低用量ピル
アフターピル
生理移動ピル
全国24時間予約OK
土日対応あり
電話クレジットカード
銀行振込
後払い
エニピル
エニピルのロゴ
公式サイトへ
詳細はこちら
5,133円12ヶ月一括配送プラン:
月々2,563円換算
1ヶ月単位プラン:

3,278円
370円2,200円低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
全国10:00〜24:00電話
ビデオツール
クレジットカード
NP後払い
*1サービス内での最安価格を表示しています。コースにより、価格が異なる場合がございます。
*2お申込内容などにより、料金は変動する可能性はございます
※価格はすべて税込です。
目次