スタッフ紹介

スタッフの紹介

専門職がチームを組んで皆さんをサポートします

専門職がチームを
組んで皆さんを
サポートします

老健には医療・介護・福祉のさまざまな専門職がいます。病気やけが・加齢などでお困りの皆さんを、チームできめ細やかにサポートする体制が整っています。

施設長よりごあいさつ

施設長よりごあいさつ

人生の大先輩のみなさまと共に

あい介護老人保健施設は、河北医療財団多摩事業部「あいセーフティネット」を形成する施設の一つです。多摩丘陵の緑豊かな地域にあり、桜で有名な「からきだの道」に隣接しています。あいセーフティネットは、急速に高齢化が進む多摩ニュータウンの方々に、保健・医療・福祉を提供し「生活の安全網」になろうとしています。
当施設は、あいセーフティネットにおいて、病院と在宅医療の中間の立場から在宅療養支援機能を担う施設です。自立支援と在宅復帰はもとより、在宅復帰困難例への対応、維持期リハビリテーションの中核機能としての役割、高度な通所サービス、緊急レスパイト入所、看取り入所などへの臨機応変なサービスを提供するよう努めています。
当施設には、150名の入所者と50名の通所者がおられます。約150名の職員が、創意工夫をこらしながら、人生の大先輩であられる利用者の皆様と前向きに活動しています。近隣の医療機関とも連携して、あいセーフティネットの理念である「信頼と安心の創造」に向かって努力していきます。

あい介護老人保健施設 施設長

医師 佐藤 淸貴(さとう きよたか)

<経歴>

1984年 北里大学医学部卒業
1990年 北里大学大学院修了
1992年 米国国立衛生研究所(NIH)修了
医学博士
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本医師会認定産業医
日本総合健診医学会 日本人間ドック学会認定人間ドック専門医
日本人間ドック学会認定人間ドック健診情報管理指導士
日本老年病学会老人保健施設管理認定医

医療コラム

「高血圧治療ガイドラインの改訂」

 

スタッフよりメッセージ

スタッフより
メッセージ

介護科

介護担当部長代行 末吉栄美

介護福祉士・介護支援専門員

「トイレに行くこと、立ったり座ったりすること、自分で食事を食べること、小さな生活行為一つひとつがその方にとってのリハビリです。介護職は身の回りのケアを行いながら他職種と連携し、利用者さんの身体機能の維持・向上を目指しています。楽しい、うれしいを近くで共有し、お一人おひとりの生活が望むものに近づくよう日々取り組んでいます」

リハビリテーション科

科長 門脇遼

言語聴覚士

「あい老健のリハビリはリハビリ専門職だけが提供するものではありません。私たちは自身の専門性を発揮しながら、他職種と連携して生活の中にリハビリの視点を取り入れています。利用者さんの『その人らしさ』『やりたいこと』を大切に生活のコーディネーターとしてご支援できるよう努めております」

看護科

科長 藤田栄輔

看護師

「利用者さんのこれまでの生活習慣を大切にしながら、心身の健康をサポートしています。利用者さんの多くは複数の疾患を持ち合わせ、身体的障害や加齢に伴う機能低下、認知症などで生活に支障をきたす要素が複合的に入りまじっています。その人らしい生活の再構築を目指し、他職種との連携を図りながら、利用者さんとそのご家族の意思を尊重したケアが提供できるよう努めています」

デイケア科

係長 石川達也

理学療法士

「『あい老健デイケアは、活動と参加が叶う一つの社会、そして地域の架け橋となる』を理念としています。私たちはご本人やご家族の思いを最優先とし、安心・休息できる環境、より良い在宅生活に必要な活動と運動、他者交流と参加が叶う機会を、専門職として提供していくことに努めております。また、ご利用中だけでなく在宅生活の支援も行っています。リハビリテーションとは自立を支援していくことです。ご本人の意思決定を尊重・促進しつつ、デイケアに通うこと自体がリハビリテーションとなれるよう、職種に関わらず職員一同で皆様のサポートをしていきます」

相談課

課長 前山英之

社会福祉士・精神保健福祉士・介護支援専門員
「老健は住み慣れた地域での生活をさまざまな方法でサポートする施設です。生活しているとさまざまな課題が出てきます。病気になったり、体の機能が低下したり、経済的な問題であったりと、それは多岐に渡ります。そういった、困りごとや悩みなどをお伺いしつつ、課題解決にあい老健に何が出来るかをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください」