施設概要

施設概要・所定疾患施設療養費

施設概要
所定疾患施設療養費

>>所定疾患施設療養費についてはこちら

施設長 佐藤清貴
開設日 2001 年 11 月
主要設備 レクリエーションルーム、談話コーナー、畳スペース、売店、ユニット内キッチン、居室キャビネット、個浴、コインランドリールームなど
提供サービス 入所サービス
短期入所(ショートステイ)サービス
通所リハビリテーション(デイケア)
訪問リハビリテーション
利用定員 入所150名
(内認知症専門棟として50名・内ショートステイ用8床)
通所リハビリテーション50名
・あい老健デイケアプログラム
・短時間通所リハビリテーションコース
教育研修関連 ・専門職養成校からの学生実習受入れ
(看護師、介護福祉士、ヘルパー1級・2級、理学療法士、作業療法士、社会福祉士等)
・教職員の介護職体験等
4F フリースペース
3F 認知症専門ユニット 在宅復帰強化
ユニット
2F 短期・療養ユニット
1F 通所リハビリテーション(デイケア)

エントランス

自販機コーナー

レクリエーションルーム
(カラオケ完備)

サーキットマシーン

フリースペース(談話室)

居室

浴室

浴室(機械浴)

所定疾患施設療養費

介護老人保健施設において、利用者さんの医療ニーズに適切に対応するという観点から、『肺炎、尿路感染、帯状疱疹』を発症した際、施設内の対応について以下の算定要件を満たした場合は評価されることになっております。当施設では所定疾患施設療養費を適切に算定し、利用者の安心した生活に繋げていくことができるよう努めております。

所定疾患施設療養費の算定要件

1.対象の利用者が、次のいずれかに該当した場合、算定します。

※算定対象疾患:肺炎・尿路感染・帯状疱疹
(ただし帯状疱疹は、抗ウイルス剤の点滴注射を必要とする方に限ります。)

①利用者に対し、投薬、検査、注射、処置等を行った際に算定します。

②同一の利用者に対して、1月に1回連続する7日間を限度として算定します。
(治療が翌月までかかる場合、請求が当該月まで発生します。)

③緊急時施設療養費を算定した日は、算定しません。

2.診断名、診断日、投薬、検査、注射、処置の内容等を診療録(カルテ)に記載します。

3.請求に際して、診断、検査、治療内容等を記載します。

4.当該加算の算定開始後は、治療の実施状況について公表します。

公表は、当施設のホームページを活用し、前年度の当該加算の算定状況をご報告いたします。

実施状況について

準備中