当法人デイケア施設における新型コロナウィルス感染者の経過および対応について

当法人デイケア施設における新型コロナウィルス感染者の経過および対応について

このたび、デイケア「オリーブ」のご利用者および職員において新型コロナウィルス感染者が発生したことを改めてご報告いたします。本件につきましては、発生から現在に至るまで起こっていることを正確に市民の皆様に伝えることが極めて重要であると考え、以下に説明いたします。

<経過報告>

4/2 後に最初の陽性者と判明するご利用者がオリーブを利用(最終利用)

(当日の検温では平熱、症状もなし)

4/9 上記ご利用者のご家族の情報から、オリーブ休業を判断。

オリーブご利用者および関係居宅介護支援事業所に休業連絡。

当該施設における必要な消毒対応を完了。

4/10 オリーブ休業開始(職員は自宅待機)
4/11 上記ご利用者のPCR検査陽性判定
4/12~ ホームページにて公表
4/23 濃厚接触者の観察期間が終了。

累計感染者はご利用者10名、職員2名

<対応内容>

・4/9当該施設における全ての箇所に消毒対応を施しています。

・ご利用者に新型コロナウィルス感染者がいることがわかり次第、ご利用者への連絡と共に多摩市役所並びに南多摩保健所へ報告および相談を行い、対応を協議しました。

・濃厚接触者が設定され次第、速やかにご家族へ連絡し、観察期間における注意点を説明すると同時に、全ての関係居宅介護支援事業所へ連絡しました。

・4/9以降、ご利用者の様子を確認するために毎朝、ご利用者のご自宅へ電話連絡し、状況把握を行っています。

・ご利用者の状態変化に応じて、受診支援や保健所への連絡をしています。

・自宅待機をしている職員へも毎朝、電話連絡し体調変化等の状況を確認しています。

 

以上が現在起きている事象の全てです。

サービス提供者として今後は、3密の防止として送迎や利用者数を制限した運営、食席の配置工夫、そして、手指消毒およびマスク着用の徹底等さらなる感染予防に努めてまいります。

尚、ご心配おかけしましたが、本日(4/24)をもって、オリーブが休業してから2週間が経過しました。オリーブ利用者における濃厚接触者の観察期間が終了しましたので、5/1の再開に向け準備をしております。併設のあいクリニック(外来・訪問診療)、あい訪問看護ステーション、ケアプランセンターあいクリニックは発生当初より感染予防対策を講じており、通常どおり運営しております。

現在起こっていることを正確に市民の皆様にお伝えいたします。同時に、皆様と情報を共有してcovid-19(新型コロナウィルス感染症)にともに対応していきたいと考えております。ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

2020年4月24日

社会医療法人 河北医療財団

理事長 河北 博文

多摩事業部長 明石のぞみ

 


2020年4月24日 カテゴリー(あいクリニック): お知らせ

ブログカテゴリー

ブログ記事一覧

お知らせ

2020.07.09
外来受診に関するお願い

ご来院の方へ

2020.05.29
安心してご来院いただくために