河北で働く

Work

理事長のごあいさつ

社会医療法人 河北医療財団 理事長
河北 博文
現職
公益財団法人 日本医療機能評価機構 理事長
学歴
1977年3月 慶應義塾大学医学部卒業
1983年8月 シカゴ大学大学院ビジネススクール修了
1984年3月 慶應義塾大学医学部大学院博士課程修了(病理学)

医療はいつの時代にも、どこの社会にも必要不可欠な社会的要素です。人間に関わりながら着実に健康や生活を支える地味な仕事です。社会にはこの様にとても大切な仕事の他に、付加的な仕事で華やかであったり、楽しそうに見えるものが多いことも事実です。最近では、テレビやインターネットによって仮想的な社会も広がってきました。しかし、社会の危機が訪れるとこの様なものには急速に関心が薄れてしまうことも確かです。その中にあって医療は人間に身体的、精神的、社会的に、そして、心の魂にも関わりをもつ活動として大いに評価されるべき高い価値をもった事業です。人は何のために働くのか・・・。もちろん、生活のためでありますが、さらに、自己実現、次の世代へ社会を引き継ぎ、そして、安心して納得できる社会の信頼を創ることも、真面目に働くことから生み出されます。業務を行うということは、業務を円滑に実行し、業務を変革し、その中で人が育ち、自分自身もその業務での第一人者に育っていくことが求められます。

どうすればよいかと言う日頃の考え方を時々“WHAT思考”に変えてみて下さい。目の前にある対象となる事象が何であるかを捉えれば、その結果、どうすればよいかは自ら導くことができます。これは物事の本質を捉えることであります。

杉並区は人口56万人、潜在的に非常に多くの医療への需要がある地域です。社会医療法人 河北医療財団はこの杉並区を中心に、地域医療を継続的で、個別的なケアが受けられるよう考えてきました。これは全国の250分の1であり、都市型のモデルを全国に発信したいと努力しています。

人間は人間である以上、言葉を大切に使いながら豊かな人間関係をもつ温かい社会を築くことが、物を扱うことに比べてより人間的であると思います。医療に参加をして、地味ではあるけれども自己満足の高い生活を送ってみて下さい。人間社会になくてはならない仕事を選んだことを自らの幸せと感じて欲しいと思います。

副理事長のごあいさつ

社会医療法人 河北医療財団 副理事長
多摩事業部 事業部長
明石 のぞみ
聖マリアンナ医科大学卒業
日本内科学会 認定内科医
日本老年医学会 老年病専門医
日本リハビリテーション医学会
認定臨床医
河北医療財団多摩事業部は、1980年から患者さんが最期まで住みなれた地域で自分らしい生活ができるように、「あいセーフティネット」という医療・介護などによる連携統合されたサービスを提供しています。それぞれの事業所や各職種は患者最適、地域最適をめざし、チームワークが重要であることを理解しています。
健康管理から、通院、訪問診療、看取りまで切れ目なく一人の患者さんに関わることができるのは医療介護従事者としての醍醐味もありますし、たくさんの事業所があるため、一職種としてもいろいろな場面において経験ができることも特徴です。
また、一人の負担、一人のがんばりに頼らない環境作りや、子育て支援、ライフサイクルに合わせた柔軟な勤務時間などの体制も重要です。互いに職員があるべき医療介護について考え実行することにより、個々の成長と自己実現に向けて共に歩んでいきたいと願っています。





財団理念

理念 社会文化を背景とし 地球環境と調和した よりよい医療への挑戦
恕(おもいやり)・信頼
目的 質の高い恕(おもいやり)のある医療を行うとともに地域の健康向上に寄与する
最終確定診断ができる病院 第一級の臨床研修教育
標語 あたたかく やさしく 人にも 地球にも
安心と納得が創る信頼
受容 傾聴 共感
学び(心で感じ) 考え 行う
もったいない、我慢する、面倒くさがらない
小学5年生
医療は氷山・病院ってかっこいい
診療・教育・経営は体系的である
情緒的で色っぽい医療
実態と表現
方針
  1. ・‘地域の人の期待’ に応える医療の確立(権利と責任)
    ・疾病治療と健康生活支援

  2. 教育(医学水準の向上)
  3. 職員の働き甲斐の向上をはかる(ライフサイエンス)
  4. 健全経営
  5. 地球環境保全

数字で見る「あいセーフティネット」

多摩事業部の「人」に関するデータを数字でご紹介いたします。(2018年12月時点から算出)

  • 男女比率

    32%


    68%
  • 平均年齢
    41.3歳
  • 年間休日
    108日
  • 定年退職
    63歳
  • 平均勤続年数
    5.6年
  • 平均有給取得
    13.5日/年

休日・休暇

年間公休:108日(月9日、12月は10日、2月は8日)

有給休暇:入職時に10日付与(付与日数は入職月による、半日取得、時間取得可)

夏季休暇:6日付与(就業規則による)

その他:育児休暇、介護休暇、子の看護休暇、ストック休暇、特別休暇 等

※働きやすい職場環境を目指し、2019年4月より公休数を増加、有給休暇を半日または時間単位で取得可能にするなど、休日・休暇をより充実させました。

待遇・福利厚生

昇給年1回、賞与年2回(2018年度実績4.0ヶ月)
交通費支給(上限35,000円/月)、マイカー通勤可、昼食代補助、時間外手当
社会保険 (健康保険・厚生年金保険・雇用保険・介護保険・労災保険)

住宅手当、家族手当、提携保育所あり、保育補助手当、慶弔金、退職金、再雇用制度
育児短時間勤務制度、育児の為の時間外労働制限・深夜業制限、メンタルヘルス相談、職員家族健診
自己研鑽支援制度、資格取得制度、資格取得祝い金
研修・保養施設、忘年会補助、クリスマスプレゼント、職員交流イベント、各種サークル

  • 長野県茅野市(蓼科)に保養所があります

  • 無料で参加できるBBQイベントや忘年会の費用補助があります

  • クリスマスには全職員にケーキをプレゼント!