リハビリテーションスタッフ紹介②

リハビリテーションスタッフ紹介②

稲城市、麻生区、多摩区周辺の訪問看護・リハビリを行うあい訪問看護ステーション平尾です。

訪問リハビリテーションとは、

「その人が自分らしく暮らすために、それぞれの地域に出向いて、リハビリテーションの立場から行われる支援である。その中で、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は、健康状態を把握した上で、生活機能および背景因子を評価し、リハビリテーションの概念に基づいた、本人、家族等への直接的支援と関連職種への助言等の間接的支援を提供する。」

と、日本訪問リハビリテーション協会で定義されています。

当ステーションでは理学療法士(PT)3名・作業療法士(OT)2名・言語聴覚士(ST)2名の3職種が揃っています。

3職種で知識や技術を共有しながら、ご利用者様が自分らしく生活を送るサポートをさせて頂けるよう切磋琢磨しています。

 

理学療法士 紹介 ~第2段~

当ステーション唯一の男性スタッフの紹介です。昨年、他事業所より異動してきてくれましたが、経験8年の即戦力です。

老人保健施設での経験も活かし活躍しています。

手に持っているのは杖です。杖にもいろいろな種類があります。

右手は1本杖・左手は4点杖、ご利用者様が安全に生活できるよう、様々な福祉用具の適応を評価・相談を実施します。

その他、手すり・椅子・ベッド・車椅子等々、もしどのような福祉用具が良いかでお悩みでしたら、短期間で相談・評価・練習のみの訪問も可能です。

皆様のご利用したい理由や期間に合わせご相談可能です。お気軽にお声掛けください。

~2020年8月3日時点 空き情報~

看護 入退院等で変動がございます。ご自宅で安心して、より良い状態で生活できるよう支援いたします。ぜひご相談ください。
リハビリ × × ×

 


2020年8月4日 カテゴリー(あい訪問看護ステーション平尾): お知らせ

ブログカテゴリー

ブログ記事一覧