絵本との出会い

絵本との出会い

こんにちは、看護師の明石です。

 

日中はポカポカ陽気で、梅の花が咲き、春を感じることが多くなってきました。

新型コロナウィルスやインフルエンザ、花粉症とつらい時期が続きますが、体調管理には気を付けてくださいね。

 

先日、娘の小学校にPTAの活動で読み聞かせをしてきました。

保護者だけでなく、地域の方も参加してくださっている活動です。

授業開始前の約10分で、絵本や紙芝居などを読んでいます。

授業前に読み聞かせをすることで、こどもたちが落ち着いて、授業を受けることができる効果があるそうです。

 

今回は利用者さんからご紹介頂いた、アナグマが主役の絵本を読みました。

アマグマは、困っている友達がいると助けたり、時には寄り添っていました。

歳をとっており、物知りなので、いつもみんなに頼りにされていました。

ある日、アナグマは不思議な素晴らしい夢を見ながら、天国へ旅立ちました。

周りの友達は悲しみ、季節が変わっても悲しみはなかなか消えませんでした。

春が来てみんなでアナグマの思い出を語り合いました。

みんなそれぞれアナグマに料理や、ネクタイの結び方を教わったり、難しかったことでも、アナグマが助けてくれたことで、できるようになった話をしました。

そしてアナグマが残してくれたものの豊かさで、皆の悲しみも徐々に消えていきました。

 

人はそれぞれ、大切なおくりものを残してくれているのだな、と思いました。

読んだ後は、心がほっこりと温かくなり、職場へと向かいました。

今回は4年生に読みましたが、みんな真剣に聴いてくれました。

来月は1年生担当です。また読もうと思います。

 

素敵な絵本、ご紹介ありがとうございました。

 

おすすめの絵本がありましたら、是非教えてくださいね。

 


2020年2月27日  カテゴリー(あい訪問看護ステーション): ステーション日記

ブログカテゴリー

ブログ記事一覧

イベント・講座

2020.06.30
暑熱順化Part2

ステーション日記

2020.05.25
ステイホーム