わたしたちが大切にしていること-理念と活動-

わたしたちが大切にしていること
-理念と活動-

あい訪問看護ステーション中沢の理念

「利用者のみなさまに寄り添い自分らしく笑顔で生活できるように支えていくこと」

Art 確かな技術の提供

Information 十分な情報提供

Safety その方の尊厳やその人らしさを守ります

Trust 利用者の方との信頼関係を築けるように務めます

多職種協働のチームケア

みんなで支える

病気や障がいでご療養中の利用者さんを支えるためには、訪問看護師とリハビリ職だけでは十分ではありません。
わたしたちは、事業所の垣根を超え、医師や薬剤師、ケアマネジャーや介護職など、利用者さんに関わるさまざまな職種の方々と積極的に連携し、チームとなってサポートすることを大切にしています。

 

 

所長よりご挨拶

人生最期の時まで、ご自宅で

みなさん、こんにちは。下川原です。
当ステーションには看護師を始め、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在籍しています。
障がいや疾病を抱える方、小児から高齢者まで、ご自宅で不安を抱えながら生活している方に介護保険や医療保険を活用した訪問サービスを提供しています。
ご自宅での生活を支援していくために、ご家族の生活を考慮し、何かに困っているのか、何が必要なのか、どんなことにストレスを感じているのかなど、どうしたらその方らしく生活できるのかを一緒に考えます。どんなことにも耳を傾け、利用者さんやご家族に、安心と信頼を届けられるよう心掛けています。生活環境の整備、筋力低下や機能障がいのリハビリ、精神疾患をお持ちの方へのケア、認知症やがん末期のターミナルなど、多くの方々を対応させて頂いています。
家での生活に不安を感じた時、まずはご相談ください。笑顔を絶やさず、寄り添う看護。
利用者さんの意思を尊重し、その方らしい生活を支援したいと日々奮闘しています。

 

所長略歴

病院勤務後、2010年より他事業所で訪問看護業務を開始。当法人には訪問看護師として2018年に入職。あい訪問看護ステーションを経て、2021年4月よりあい訪問看護ステーション中沢所長代行に就任。

あい訪問看護ステーション中沢

所長代行 看護師

下川原 明香

(しもかわら さやか)

専門職による支援体制

看護職

日本看護協会認定 訪問看護認定看護師
渡部 真理(わたべ まり)

「医療機器の使用や医療処置が必要でも、人生最期の時も、どのような状況にあっても『住みなれた家で過ごしたい』という想いを叶えることが可能です。専門的な知識・技術を持ったスタッフが、安心してご自宅で生活をすることができるよう、医療・介護に関するサポートをいたします。訪問看護について分からないことや、在宅生活にお困りのことがありましたらご相談ください」

リハビリ職

リハビリ3職種が在籍し、お一人おひとりに合わせたリハビリを提供しています。
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士

理学療法士 八巻 大祐(やまき だいすけ)

「あい訪問看護ステーション中沢の理念は『利用者のみなさまに寄り添い自分らしく笑顔で生活できるように支えていくこと』です。利用者さんの生活に必要なこと・ものを一緒に考え、その人らしい生活を実現できるように支援をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします」