高齢者疑似体験

高齢者疑似体験

6月、コロナウイルスの影響で、スタッフが外部研修に参加できません。
施設内で学ぶ事を考えました。
介護される利用者の気持ちを知ることとして、
天の川スタッフ全員で高齢者疑似体験をしました。


【イヤーマフ】【ゴーグル】【肘関節・膝関節サポーター】【手首・足首おもり】【おもり付きベスト】【前かがみ姿勢体験ベスト】を装備しました。

音が聞こえにくくなり、視界も狭くなります。

関節が曲げにくくなり、手足が重くなります。

背中を真っすぐにできなくなり前傾姿勢になります。


ハサミで紙に書いてあるマークを切ります。
マークが見にくく、まったく指先が見えません。怖い(>_<)

コップの水を飲みます。
声掛けなしで口に入れられると、びっくりするし味がわからない。

スタッフに手を引いてもらい歩く。

前や足元が見えないのは不安になる。

スタッフのペースで手を引っ張られると怖い(>_<)

まるで、ジェットコースターに乗っているようで、恐怖を感じた。

振動で体が痛かった。急な動きで車いす酔いした。

 

 

自分が体験することで高齢者の「体」「動き」「気持ち」を感じることができました。

色々な学び、気づきがあり良かったです。

利用者さんが安全で安心して過ごせるようにケアしていきます。

 


2020年6月30日 カテゴリー(あいグループホーム天の川): 天の川日記

ブログカテゴリー

ブログ記事一覧