社会医療法人河北医療財団河北総合病院

HOME > 財団について > 施設のご案内 > 河北透析クリニック > 施設のご案内

河北透析クリニック施設のご案内

沿革

河北総合病院は阿佐ヶ谷の地にて1971年より46年に渡り透析医療に取り組んでまいりました。「河北葦クリニック」は1992年に河北総合病院から透析専門施設として独立し、地域の透析患者さんとともに歩んでまいりましたが、2018年3月5日、名称を「河北透析クリニック」として隣接地に新規開設しました。新棟では、患者さんのプライバシーに配慮した準個室透析を開始いたしました。また一方、高齢患者さんが住み慣れた地域で継続して生活できるよう支援体制を整え、よりいっそう安心できる透析施設となるべく努力してまいります。

診療日/診療時間

月・水・金 8:15~20:00
火・木・土 9:00~20:00

透析時間(日曜・元日を除く)

月・水・金 8:15~、13:30~
火・木・土 9:00~、14:00~

設備

ベッド数1階 準個室 12床
2階 パーテーションあり 24床・なし 20床
計56床(他、隔離対応可 2床)

透析装置

逆浸透精製水製造システム2台
透析用剤溶解装置2台
多人数用透析液供給装置2台
透析用監視装置55台
個人用透析装置3台

1~3階各フロアー紹介

 1階 透析室(準個室)
 2階 透析室
 3階 待合室

スタッフ

医師(専任)1名
医師(非常勤)7名
看護師17名
臨床工学技士18名
ナースエイド3名
院内介助員3名
事務5名