形成・美容外科

形成・美容外科

外来担当医表

外来担当医表はこちら

休診表

現在、休診の予定はございません。

形成・美容外科について

形成・美容外科とは

形成・美容外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは外見の整容的な不満足に対して、機能のみならず「形態的(見た目)にもより正常に、より美しくする」ことによって、患者さんの「生活の質 “Quality of Life” 」の向上を目的とする外科系の専門領域です。

対象疾患

顔面などの目立つ部位や、身体の表層の疾患が主になります。疾患ではありませんが、美容医療も行いますので、対象範囲は非常に広くなりますし、一部は他の診療科と重複する部分もありますが、形成・美容外科の特徴は、あくまで「外見の整容」を重視した治療です。詳しくは日本形成・美容外科学会ホームページを参照下さい。

当院では、以下の疾患の治療に力を入れていきます。

皮膚・軟部組織の新鮮外傷、熱傷(やけど)
瘢痕やケロイド
顔面骨折
顔面の変形
顔面神経麻痺およびその後遺症
眼瞼下垂症(特に、加齢性眼瞼下垂症)
母斑・血管腫および皮膚軟部腫瘍・耳下腺腫瘍
悪性腫瘍切除後の欠損・変形の治療(乳房再建など)
難治性潰瘍・糖尿病性足潰瘍(皮膚科と連携します)
美容外科・レーザー治療、抗加齢・若返り治療

部長からのメッセージ

形成・美容外科の基本的かつ重要な目的の一つに、「傷(創傷)を早くきれいに治す」ことが挙げられます。今回、河北病院に新設される形成・美容外科では、地域の救急外傷治療や慢性潰瘍などにおいて、「傷を早くきれいに治す」ことに貢献したいと思います。また、幾つかの重点的な専門分野において、最先端の医療を提供し、他の病院にはない形成・美容外科を育てていきたいと思います。

スタッフ紹介

波利井 清紀

上級顧問
東京大学卒
東京大学名誉教授(形成外科学)
杏林大学形成外科・美容外科特任教授
日本形成外科学会専門医・指導医
日本創傷外科学会専門医

海 暁子

形成・美容外科副科長
金沢医科大学卒
日本形成外科学会専門医
日本乳房オンコプラスティックサージャリ―学会医師