脳血管内科

脳血管内科

外来担当医表

外来担当医表はこちら

休診表

現在、休診の予定はございません。

脳血管内科について

脳血管内治療とは

脳血管内治療とは、カテーテルと呼ばれる細い管を足の付根または腕から血管内に挿入し、血管の内側から病気を治療する技術です。バルーン等を用いて心臓の血管を治療する方法は有名ですが、脳血管においてもこのカテーテルの技術を用いて治療ができます。 従来の開頭手術と違い頭を切らないため、全身麻酔をかけずに治療することも可能な場合が多く、開頭手術と比べて身体の負担が小さい治療法です。

メリット・デメリット

メリット

・開頭手術と比べ体への負担が少なく、高齢者や合併症をもった方にも施行可能です。
・負担が少ないため、治療後の安静や入院の期間が短くなります。
・開頭しないため、頭に外見的な傷がつきません。
・状況により、局所麻酔でも施行可能な場合もあります。

デメリット

・脳血管の損傷など、もし合併症などが発生した場合には、重大な後遺症を残すことがあります。
・脳血管の動脈硬化の程度が強く、また屈曲蛇行が著明な場合には、治療できないことがあります。
・新しい治療法のため、まだ長期成績が確立されていません。

脳梗塞緊急再開通治療

脳梗塞のために救急搬送された方のうち、ischemic penumbraと呼ばれる助かる部分の残っている方(CT、MRIで判断します)は、発症4.5時間以内の症例では、まず t -PAと呼ばれる薬剤を点滴静注します。しかし時間切れなどのt-PA適応外、またはt-PA無効例には、脳血管内治療による緊急再開通治療をおこないます。ステントレトリーバーや特殊なカテーテルを用いた血栓回収療法によって再開通率が飛躍的に高くなっています。

頚動脈ステント留置術

頚動脈の狭窄部分にステントを留置して、血管を拡張させます。局所麻酔下に右大腿動脈アプローチでおこなうことが多いですが、右肘アプローチでおこなうこともあります。全麻下手術である頸動脈内膜剥離術と比較して非侵襲的で高齢者や様々な合併症のある方もおこなうとができます。合併症のリスクもありますので、狭窄の軽い方は内科治療で経過をみることが多いです。手術療法の目安は、症候性50%以上、無症候性80%以上の狭窄です。

脳動脈瘤コイル塞栓術

破裂脳動脈瘤の止血や、未破裂脳動脈瘤の破裂予防処置が、脳血管内治療の技術を用いて可能です。全麻下手術である開頭クリッピング術と比較して非侵襲的です。マイクロカテーテルを動脈瘤内へ誘導しプラチナコイルを留置することで動脈瘤を塞栓します。以前に比べると道具の性能が向上し、手術可能な症例が増えました。

脳血管内科 スタッフ紹介

泉本 一

脳血管内科部長
長崎大学卒
日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医