HOME > 診療科/部門 > 産婦人科 > 産婦人科について

産婦人科産科 入院について

入院のお手続きなどについてのご案内です。

分娩入院時に持参するもの

必要書類・貴重品など
・入院契約書
・印鑑
・母子手帳
・先天性代謝異常検査用紙
・健康保険証
・診察券
・保証金17万円(出産一時金の直接支払い制度をご利用の場合)
※出産一時金の直接支払い制度を利用しない場合は59万円です。

以下は、入院中にお持ちになると便利です。
・出産手当金や分娩費・育児手当金等の請求書(社会保険本人)
・出産手当金や出産育児一時金等の請求書(社会保険家族の方)

必要なもの・あると便利なもの
・妊産婦用ブラジャー
・カーディガン(売店に行くなど病棟外に出る時に使用)
・生理用ナプキン
・ティッシュペーパー、筆記用具など
・軽食(パン、クラッカー、あめなど)
・飲み物、曲がるストロー
・リップクリーム
・時計
・つぼ押しグッズなど
・化粧品類

「手ぶらでお産セット」について

分娩入院される方に、入院時にお持ちいただく荷物が少なくて済むよう「手ぶらでお産セット」をお渡ししております。


お母さん用
・アメニティ
(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディータオル、くし、ヘアゴム、歯ブラシ、歯磨き粉、コップ)
・スリッパ
・エアークッション(授乳用)H型カバー付き
・骨盤支持ベルト
・清浄綿(ウェットコットン)
・前開きブラ
・母乳パッド
・Mナプキン
・産褥ショーツ 2枚(分娩後使用)
・破水時から出産直後のお産用パット Lサイズ

赤ちゃん用
・赤ちゃんのへそ消毒セット(消毒液、紙テープ、ガーゼ)
・紙おむつ
・おしりふき

プレゼント
・へそのお箱
・産声アルバム

お産セットとは別に、下記もレンタルにてご利用いただけます。
・フェイスタオル
・バスタオル
・パジャマ
・ドーナツクッション
※ドーナツクッション以外は毎日交換いたします。

退院時にご持参いただくもの

・お子様の肌着1枚
・ベビー服1枚
・おくるみ(バスタオルでもOK)
※ご自宅で準備した退院用の衣類をお持ちください。新しい肌着は一度は洗っておくとよいでしょう。

入院保証金について

入院時に保証金として59万円お預かりしています。ただし「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度」をご利用になる場合の保証金は17万円となります。入院費用は、この入院保証金から費用を差し引く方法で、ご退院時に精算します。預り証は大切に保管してください。なお、入院保証金は、退院前の精算やクレジットカード払いへの変更は承っておりません。あらかじめご了承ください。

お部屋について

4人部屋、2人部屋、個室をご用意しております。入院時の状況でご希望に添えないこともありますので、ご了承ください。なお、4人部屋以外は1日あたりの室料差額がかかります。詳しくは「料金のご案内」をご覧ください。

スマートフォン、携帯電話のご使用について

新館2階病棟では、スマートフォン、携帯電話での通話はラウンジ内のみとさせていただいております。個室にご入院の方は、医療機器使用時以外に携帯電話を使用できます。

よくあるご質問

Q. 陣痛誘発剤を使うのはどんなとき?

A. 破水しても陣痛発来しないときや、妊娠41週を過ぎても陣痛発来しない場合に使用します。陣痛が来ているものの、進行が遅かったり、陣痛が弱くてなかなか進行しない人には、陣痛促進剤(誘発剤と薬剤の種類は同じです。ただそのときに妊婦さん自身の陣痛があるかないかの違いだけです)を使うこともあります。

Q. 会陰切開は必ず実施?

A. 必ずではありません。経産婦さんの場合、会陰の伸展がよく、裂傷が起こらなさそうであれば切開しないこともよくあります。ただし初産婦さんの場合、会陰の伸展もそれほど良くなく、切開を入れる場合が多いです。

Q. 母子同室は可能?

A. 可能です。母子同室をご希望の方は、産婦人科スタッフにお申し出ください。また、母子同室のご家族の面会時間については、スタッフにお問い合わせ下さい。

Q. 出産には立ち会えますか?

A. 可能です。当院ではパパの立ち会いは、是非おすすめしています。

Q. へその緒はもらえますか?

A. 原則的にお渡ししておりません。ただし、ご希望されており、更に確実にその赤ちゃんのものとはっきりしているケースでは、お渡しできる場合もあります。