HOME > 診療科/部門 > 産婦人科 > 産婦人科について

産婦人科産科 産科外来について

産科外来に初診・再診で来られる方へ

初診の方は、本院受付窓口へお越しください。産科にかかられる場合でも、初診は婦人科としての受診となります。紹介状をお持ちの方は、事前に地域支援課にて予定枠が取れます。お越しになる前に地域支援課へお電話ください。予定枠を取得済みの方は、自動受付機で受付できます。ただし、月に1度、保険証を受付窓口へご提示ください。当院産科では、初診に係る保険外併用療養費(選定療養)はかかりません。

産科外来診療について

受付日: 月~金
受付時間: 午前の診察 8:30~11:30 / 午後の診察 11:30~15:30(予約の方は16:00まで)
※初診は午前のみの診療となります。
各日の外来診療案内は、外来担当医表2ページ目の産科欄をご参照ください。

妊娠・ご出産のために当院の産婦人科を初めてご受診される方は、受付窓口(本館)でその旨をお伝えください。妊婦専門外来は、予定外来(予定枠)制ですので、予定枠を取得されている方は比較的お待ちいただく時間が少なく診察を受けられます。受付窓口は本院1階にございます。また、自動受付機は新館の1階にもございますので、ご利用ください。

受診時、持参していただくもの

  • 健康保険証
  • 母子手帳
  • 前医からの紹介状
  • 前医での検査コピー(手書きのものは不採用なのでご注意ください)

当院への里帰り出産をご希望の方へ

里帰り出産ご希望の方は、妊娠20週~24週ごろに、事前に当院で妊婦健診をお受けいただいております。受診の際には、前医での検査結果と紹介状をご持参下さい。また、妊娠32週~34週以降は、当院で妊婦健診を受けられるように里帰りのご準備をお願い致します。その際も、最初に当院を受診した後の検査結果と情報診療提供書をご持参下さい。
遠方にお住まいで、事前の受診が難しい方は電話でご相談を承っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

助産師外来

助産師外来とは、助産師が行う妊婦健診のことです。助産師は正常に経過している妊婦さんの診察をする事ができます。当院では助産師の専門性を活かし、妊婦さんに快適なマタニティライフを過ごして頂くために、助産師外来を実施しています。日ごろ悩んでいることなど何でも助産師にご相談ください。
助産師外来は、妊娠26週および32週頃におこないます。前回の妊婦健診まで医師から経過良好と診断された方で、合併症や産科的既往がない方を対象としています。助産師外来では、超音波による検査はありませんのでご了承ください。

【健診内容】
体重測定、血圧測定、尿検査、妊婦計測(子宮底・腹囲測定)、児心音聴取、浮腫の有無チェック

【保健指導】
乳房チェック、生活指導、骨盤ケア、分娩について、バースプランについて、その他困っていること・不安や悩みなど一緒に考えていきます。

※医師による診察はありませんが、異常が疑われる場合は医師の診察を受けていただきます。
※薬の処方をご希望の方や下腹痛・出血など症状のある方は助産師にお伝えください。

詳しくはこちら(産婦人科 助産師外来)をご覧ください。

母乳相談

母乳相談とは、授乳や搾乳の方法、不安などに関しまして、助産師が相談をお受けいたします。
※1回あたり30分程度、何回でも受診いただけます。

詳しくはこちら(産婦人科 母乳相談)をご覧ください。