HOME > 診療科/部門 > 家庭医療科 > 家庭医療科について

家庭医療科家庭医療科について

主な症状・病名

身体の病気・こころの病気・社会的な問題など、それぞれの方が抱える健康問題はさまざまですが、当科では特定の病気だけを見るのではなく、患者さん一人ひとりについて複数の病気や健康状態を総合的に判断しながら、一般的な症状や病気の診断と治療を継続的に行い、より身近なかかりつけ医や適切な専門医を紹介し、一般の方にはなかなか分かりにくい保健・医療・福祉・介護のさまざまなサービスへの橋渡しを行っています。

主な診療内容

外来診療

・生活習慣病(高血圧症・高脂血症・糖尿病・肥満など)を指摘されている方や心配な方

・よくある症状(頭痛・腹痛・腰痛などの痛み、発熱、不眠、倦怠感、下痢や便秘、
 尿の問題、咳や痰、動悸・息切れなど)の診断や症状コントロールにお困りの方

・健康診断で精密検査をアドバイスされている方

・慢性疾患を患い、定期的な検査が必要な方

・複数の疾患を総合的に診てもらいたい方

・「物忘れ」や「認知症」でお困りの方や介護が必要な状態にある方

・ご家族の健康問題でお困りの方

・仕事に関連する疾患や症状の診断・治療と就業支援が必要な方

訪問診療

・寝たきりなどで通院が困難になられた方

・在宅療養中で医療的な処置(経管栄養、留置カテーテルの管理など)が必要な方

・がんやその他の疾患のターミナル期にあり、在宅での療養を希望される方

・在宅でのリハビリテーションが必要な方

臨床心理士によるカウンセリング


臨床心理士によるカウンセリングにつきましては、こちらをご覧ください。