先輩からのメッセージ(初期臨床研修医師)

message1

2016年度 初期臨床研修医師
菅野 知佳
 
この病院の良さは「頑張れば自分のやりたいことは手技でもなんでもできる」「主担当医として患者さんの入院から退院まで関われる」「救急搬送数が多く二次救急の初療・診察を身に付けられる」ことだと思います。実際当院で研修を終了した先生方は、内科全般に渡り経験豊富でどんな場面でも頼れる存在です。早くから多く経験できる分、プレッシャーを感じ自分の不出来さを悔やむ日々ですが、優しい上級医の先生方や同期・スタッフが支えてくれます。研修先を迷っている方は一度見学に来てください!一緒に働きましょう。
2016年度 初期臨床研修医師
鈴木 慎
 
この病院で研修するメリットは「一人の患者さんを最初から最後まで診ることができること」だと思います。各科ローテーションが長めということもあり、病気になり入院して良くなっていく過程、様々な理由で自宅へ帰ることができなくなってしまった方の退院調節、時には看取りまで様々な経験ができます。辛いこともたくさんあります。でも困ったときはいつだって上級医を始め、他のスタッフも一緒に悩んでくれました。一人の患者さんを元気にしよう、そんな思いをチーム全体で共有し治療していく中で自分も成長していく、そんな経験ができる病院です。
2015年度 初期臨床研修医師
安尾 俊祐
 
「追い込まれないと必死になって勉強ができない人」
「手技など含めて自分でできることはすぐにでもやってみたい人」
「できる医者になりたいけど、今はまだ自信がなくて、働き始めたらとにかく頑張りたい人」
そんな人たちに当院での研修はおすすめです。やる気があれば応えてくれます。まずは一度見学に来て雰囲気を感じてください。
2015年度 初期臨床研修医師
室原 誉伶
 
「自分で考えて診療したいな」
「上級医からいわれたことだけの研修はつまらないな」
「いろいろな手技を身に付けたい」
そう思われる方にとって当院の研修は適していると思います。病棟業務では主治医として患者さんと接し、当直帯の救急外来では初療をおこないます。主体的な研修生活を送ることができ、また自分で考える力が身につきます。
2014年度 初期臨床研修医師
片野 皓介
 
初期研修1年目でも「主担当医」になることが一番の特徴だと思います。「自分がしっかりしないと」と自然に意識するようになり、患者さんの抱える様々なプロブレム一つひとつに主体的に取り組む姿勢が身につきます。また、すべての内科があり、あらゆる症例を経験できるので、どの分野を専攻しようか決まっていない方にもおすすめです。少しでも気になった方はぜひ一度見学に来てください。そして実際に研修医の姿を見てください。将来目標になるような研修医に出会えるかも?
2008年度 初期臨床研修医師
石原 龍馬
 
皆さんはどんな医師になりたいですか?
私は当時「できるだけ早く一人前の臨床医になりたい」と思っていました。後にそれは容易ではないことを思い知りますが、初期臨床研修はそのために「手技をたくさんおこなうことができる」、「自分の治療方針を反映させることができる」病院を探し、河北総合病院に入職しました。実際に、様々なことをやらせてもらい、その後の医師人生の支えになる研修生活ができました。また、自分より知識も経験豊富なコメディカルのスタッフ達とのコミュニケーションを通して、社会人としても成長できたと思います。
〝自分でやりたいと思ったことを自分の努力次第でおこなうことができる〟数少ない病院だと思います。責任も大きいですが、やりがいもあります。