臨床工学技士

clinical engineers

当財団の臨床工学技士について

臨床工学技士は、医療機器を保守・点検・管理・操作を行う医療技術者です。医療機器には、人工透析(血液浄化療法)・人工呼吸器・人工心肺装置など医師の指示のもと操作する生命維持管理装置などがあります。その他日常的に使用している医療機器(輸液ポンプ・血圧計・生体情報モニタ等)も安全に使用できるよう点検・修理し、安全性確保と有効性維持に貢献しています。また、安全に使用するための教育も定期的におこない、医師・看護師・その他の医療従事者のサポートをします。

募集要項
(臨床工学技士)

勤務地 ①河北総合病院 本院・分院
②河北透析クリニック
雇用形態 常勤(臨床工学技士免許所持かつ経験3年以上の方)
業務内容 ①血液浄化業務(急性期から慢性期およびアフェレイシス療法全般)
 心カテ業務(虚血・不整脈・脳血管・VAIVT)
 手術室業務(鏡視下・ナビゲーション・機器管理・人工心肺)
 呼吸療法業務(急性期・慢性期・ICU・在宅・搬送)
 機器管理業務(点検・修理)
 教育指導(医療機器治療に関する)
②血液浄化業務:慢性維持透析・VA管理
 機器管理業務:透析装置保守・水質管理
 チーム連携業務:腎臓リハビリテーション
給与 財団規定による
賞与 年間2回(6月・12月)
勤務時間 ①8:30~17:00、12:30~21:00、夜間オンコール制
②7:30~16:00、8:00~16:30、8:30~17:00
 11:30~20:00、12:00~20:30
募集人数 ①2名
②1名
就業開始日 既卒者採用  随時(原則1日入職)
その他 交通費一部負担
休日・休暇、待遇・福利厚生等はこちら

見学・および応募申込みについて

職場見学 お問い合わせください
見学・応募申込み 見学申込みやご質問および応募方法についてはこちらからご連絡ください

施設見学会についてはこちら

お問い合わせはこちら

応募申込みフォームはこちら

所属長からのメッセージ

臨床工学科
科長
松島 茂嘉
河北総合病院および分院の臨床業務は、急性期から慢性期まで幅広く対応しています。血液浄化・心臓カテーテル・手術室業務はもちろん、病棟での人工呼吸器搬送・NPWT管理・必要時の救急車同乗なども行っています。機器管理業務は、管理ソフトを使用し自分達で点検・修理・管理をしています。また、院内での他職種に向けた勉強会も主催しています。さらに技術向上の為に学会やメーカー講習会等積極的に参加し、上位資格も取得できるよう日々研鑽を重ねており、幅広い業務を習得できる環境だと思います。

河北透析クリニックでは、オンラインHDFにも対応できる機器・設備を導入しています。私たち臨床工学技士は、機器保守業務および透析液水質管理業務を担い、チーム医療として腎臓リハビリテーションにも積極的に参加し、日々患者さんのケアに取り組んでいます。

一緒に働いてくれる方、お待ちしています。お気軽にお問合せ下さい。