消化器外科

Neurosurgery

当財団の消化器外科について

消化器全般の良悪性疾患を扱っています。特に、大腸癌は手術症例数が多く、東京都がん連携協力病院に指定されています。腹腔鏡手術に力を入れており、胃・大腸・胆のう手術などの大部分は腹腔鏡下に施行しています。

募集要項
(消化器外科医師)

勤務地 河北総合病院
雇用形態 常勤
業務内容 外来・手術・病棟
給与 当院規定による
賞与 年間2回(6月・12月)
勤務日数 週5.0日(4週8休制)
年間休日115日(休日109日+夏季休暇6日)
研究日(週1日)
勤務時間 09:00~17:30(実働7.5時間、休憩60分)
学会出張 学会参加補助あり(学会・出張費規定により支給)
募集人数 1名
その他 交通費一部負担
休日・休暇、待遇・福利厚生等はこちら

見学・および応募申込みについて

職場見学 随時募集中
見学・応募申込み 見学申込みやご質問および応募方法についてはこちらからご連絡ください

施設見学会についてはこちら

お問い合わせはこちら

応募申込みフォームはこちら

所属医師からのメッセージ

河北総合病院 消化器疾患センター長、消化器外科主任部長
阿美 克典
信州大学卒業
<専門>消化器外科
 当院は杉並区に位置し病床数407(うち分院76)床、常勤医117(うち研修医・レジデント合計37)名の二次救急指定病院です。
2018年の外科としてのNCD登録手術数は1429件、うち消化器外科専門医領域は660件と多くの手術を行っています。
 近年は大部分の手術を腹腔鏡下に施行しており、日本内視鏡外科学会の技術認定医も在籍し指導に当たっていて、過去には当院から技術認定取得者も輩出しています。
 一方で、比較的進行した患者さんも多く、開腹手術も一定数あります。
 病院として救急に力を入れていて年間7000件以上の救急応需数を誇っており、多数の緊急救命手術があります。
 麻酔科、消化器内科をはじめ、院内各科とのコミュニケーションは良好であり、看護師やコメディカルも非常に協力的で働きやすい環境です。
 日本外科学会・日本大腸肛門病学会の認定施設であり、日本消化器外科学会は現在関連施設ですが来年度より認定施設となる予定です。
 学会参加や論文発表、手術手技の講習会への参加なども盛んに行っております。
 随時お問い合わせ・見学を受け付けており、勤務形態・待遇等に関してはフレキシブルに相談可能です。最寄りの阿佐ヶ谷駅までは東京駅から23分、新宿駅から8分と、通勤も便利です。