【職員インタビュー】<新卒>作業療法士@天本病院地域包括ケア病棟

人事課の採用担当が新卒の気になるその後をインタビュー

今回は2019年に新卒で天本病院に入職した作業療法士の川村さんのインタビューをお届けします。

入職してもうすぐ1年ですね。新卒で色々と経験されたかと思いますが、振り返ってみてどのような1年でしたか?

私が配属された地域包括ケア病棟は、在宅復帰を目指す患者さんが多くいらっしゃるのですが、思っていた以上に生活を重視したリハビリをすることに驚きました。退院後の生活を見据えたリハビリが中心で、カンファレンスでも多職種で話し合って患者さんを支えるんですね。私も作業療法士として他のリハビリ職種の方とも協力し、提案できるようになってきました。

独り立ちした実感はありますか?

カンファレンスでは最初は先輩と見学するところから始まり、徐々にひとりで出席できるようになって。看護師や理学療法士、管理栄養士などの多職種と話し合いリハビリ職種としての提案をしています。それぞれ専門とする領域に違いがあるので、別の視点も入って勉強になりますね。難しいケースの時は先輩がアドバイスしてくれるので心強いです。

実際のリハビリの現場ではどうですか?

患者さんとの対応などで悩むこともありますが、先輩たちがとても話しやすい雰囲気で接してくださり、相談にのってくれるので安心して働けます。失敗を報告し落ち込んだ時も『誰にでも同じことが起きる可能性があるんだから、みんなに教えてあげないと、くらいの気持ちでいいんだよ』とフォローしてくださって。こちらから提案するときもまず意見を尊重してくださって、ここはもっとこうしたら?とプラスアルファのアドバイスをくれます。本当に気軽に相談できる関係性の中で教えていただきながら成長できた感じです。

最初は自分に余裕がなく時間に追われてやっていたリハビリも、今では患者さんの心情や目的をきちんと理解しながらできるようになり、自分の中でも『今日はよいリハビリができたな』と納得できる毎日になってきました。

お話する表情からも充実した様子が伝わってきます。これからもがんばってくださいね。応援しています。

【作業療法士を募集中!詳しくはこちら

(2020年2月取材)